ぱんのつぶやき~店長ブログ2021年1月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

おぼえてたの!?

ちょいと「ドゥルルン」と、『蟹江』の冒険に行ってきた。

 

 

行ったのは『蟹江町観光交流センター 祭人【さいと】』。

祭人はユネスコ無形文化遺産に登録された『須成祭』のミュージアムやお土産、カフェなどがある施設。

毎月第3土曜にはマルシェも開催している。

今回、約1年ぶりに行ってみようと(コロナとかあったから間が空いてしまった)。

 

さて、いつも通り快適な尾張西部を走る・・・・・と思ったら、1号線が渋滞中。(・・;)

じゃぁ、別の道へ・・・・・と向かったら、ソコも渋滞中。

なぜか西へ行く道が、ドコも渋滞中。

なぜじゃーーー!!!щ(`Д´щ)」と叫んだら中身も危ない人なので、あきらめてノロノロと目的地へ(後で分かったがイルミネーション開催中の『なばなの里』渋滞だった)。

 

 

いつもの倍以上の時間をかけて到着した祭人は、前と変わらない姿。

駐車場が少し離れてるので、とりあえず置きに行く。

そして祭人に向かう道すがら、小学生の一団(5~6人)とすれ違う。

興味深げにおいちゃんを見る小学生たち(あらためて言うけど、おいちゃん見た目怖そうだからね)。

すると最後に通り過ぎた小学生が一言、「かっこいい・・・」と。

「サンキュー」と答え、その場を去る(その後ろからまた「かっこいい・・・」と)。

前も書いたがおいちゃん、10歳以下と60歳以上には結構モテる。♪(*▼ω▼)v

でもそれ以外は、目を背けられて避けられるけどね・・・。|||l_| ̄|○l|||

 

 

そんなこんなで、褒められながらも勝手にダメージを受けて祭人に到着。(((_ _|||)))

あらためて、しげしげと見る。

外観は特に変わりはなく、客が数人いるようだ。

すると、中から手招きしながら外に出てくるおねいさんが。

確か売り場の元気なおねいさんだ。

「どうぞどうぞ中へ、久しぶりだね~」「あれっ?もしかして覚えてる?」「もちろん覚えてますよっ」

おねいさん、おいちゃんたちを覚えていたらしい。(‘O’*)

少し世間話をする。

「実はね・・・」とおねいさん。

「一度、車で走ってるとき見かけて、手を振ろうかと思ったら、曲がっていっちゃった」

と名古屋市内でおいちゃんたちを見かけたらしい。

いや~、気づかなくて申し訳ない。( ゚ー^)人 メンゴ

 

中に入ると中もそれほど変わってはないようだ(コロナ対策以外)。

「そうそう、カニ帰ってきたよ」

前回来たときは水槽にカニがいなかった(前回「カニドコにいんの?」って聞いた)。

見に行くと確かにカニが、しかもいっぱい。

でも増えたり減ったり、どうしてだろう?

あれっ? もしかして前回カニがいなかったのって、成長させてから食・・・・・(蟹蟹フェア・・・)。((((;゚Д゚))))

 

まずは腹が減ったのでメシを注文(カニは食わんよ)。

メシが来るまでの間にお土産を見よう。

  

「あんまり変わってないよ」と売り場のおねいさん。

確かに前来たときとあまり変わらない感じだが、いくつか新しいのも(前見逃しただけ?)。

朝取れ新鮮野菜もウリ。コレだけを買いに来てた客も。

いくつか気になる物を購入。

レジは店長?のおねいさんがしてくれた(売り場のおねいさん、他の客とおしゃべり中)。

すると店長?のおねいさん、「あれっ?もしかしてと思ったら、あのすごい車の人!」「声が独特なので分かったわ」と。

いや~、おねいさんも覚えててくれたんだ。(^∀^*)ゞ

でも、おいちゃんの姿じゃなくて声って・・・(はじめて言われた。そんなに変わった声かなぁ)。

 

もう少し時間がありそうなので、店内をぶらっと。

以前来たままの、光がふんだんに入る明るく温かい造り(夏暑いかも)。

テーブルの配置も以前と変わらないが、ディスタンスが元々保たれている広々とした空間(ちょっと前なのでまだ『氷』の旗が・・・。でも秋だったよ?)。

  

ソコにはこんなポスターたちが。

ご当地を盛り上げるためにガンバってるキャラクターたち。

愛知県陶磁美術館』で催しをやっているようだ。

是非、行ってみたいね~。ヾ(*´∀`)ノ

  

コッチは手書きの蟹江を応援するポスター。

蟹江』や『須成祭』のことが細かくビッシリと書かれている。

多少読みづらさはあるが、心が温かくなるポスターだ。( ゚ー゚)( 。_。)ウン

 

 

そうこうしてる間に、注文の品がやってきたようだ。

コッチは前も頼んだ『最愛のイチジクカレー』。

最愛』という日本酒を使用したイチジクの加工品で煮込んだカレー。

カレーの辛さ、イチジクの酸味と甘み、最愛のコクと、とても複雑で深みのある味わい。

うん、変わらない美味さだ。。≠( ̄~ ̄ )モグモグ

コッチは前回あったかどうか記憶にない『オムライス』(なかった気がする)。

そしてなんと! 上にかかってるケチャップには最愛のイチジクソースが!

オムライス自体は普通の味だが、イチジクソースはイチジクの甘みでケチャップの酸味が抑えられてマイルドに。

一緒に食べると、なんとも言えない美味さ。

最愛のイチジク、何にでも合うな。d(゚∀゚d)

 

デザートは『五平餅』。

「なんで?」と言われてもあったから。

なんでも、蟹江町と仲良しの設楽町で作られた米を使用してるそうだ。

  

もっちもちの米に、ちょっと濃いめだが、クルミやゴマの風味がとてもイイタレ。

とてもイイ感じだ。

だがもうちょっとこんがり焼いてくれてもイイかな。

 

 

2階の『須成ミュージアム』は今回はナシで(行った様子はこちらから『伝統美キラキラ』)。

そしてそろそろおいとましよう。

店内には数人の客。

おねいさんたちそれぞれ接客に当たってるので、軽くあいさつして帰る。

が、売り場のおねいさん「また来てね~、待ってるよ~!」と接客の途中で。

(;^ω^)こんな笑顔のおいちゃんたちと客をよそに、おねいさんは相変わらずパワフルだった。

 

店を出ると後ろから「ありがとうございました。またどうぞ~」と声が。

振り向くと店長?のおねいさんが、わざわざ店の外に出て手を振っている。

おいちゃんたちも手を振り返す。

あぁ、温かいよ、外は寒いのに、こんなにも心が温かい。

 

 

さて、帰ろうか・・・・・と思ったが、前回約束をしている。

ソレは、ココに寄ること。

名前は、え~と・・・『富吉建速神社』と『八劔社』?

ん?2つある?(・_・?)

1つにしか見えんが、とりあえずお参りしよう。

  

宝くじ当たりますよーに!」(>人<;)

実はこの神社の夏祭りが、ユネスコ無形文化遺産の『須成祭』(って、おいちゃんも知らんかった)。

なんか、御利益ある気がする。

 

そしてココが変わってるのがコレ。

分かる?(・・・ブー、時間切れ)

手前には『鳥居』、奥には『鐘撞き堂』。

なんとココは神社と寺が一体になっている(神仏習合って言うんだっけ?)。(」゚ロ゚)」

なので、神社でお参りをしたまま横に移動すると、寺の境内に(1粒で2度美味しい的な?)。

しかも境内には本堂だけでなく、いくつかお堂がある(4つ?)。

とりあえず、1番デッカいトコでお参りしよう。

賽銭を入れてっと、ガランガランしてっと・・・・・ん?何か看板?が。

  

なになに?『十一面観世音 御真言』?

つまりこの言葉を唱えて祈るのか。

「おんろけい・・・・・宝くじ当たりますよーーに!」(*>ω<)人

 

こんなのも。

  

境内に弘法大師像。なぜココに?

お堂に学校風の時計。なぜココに?

 

もう1つのお堂の方に。

ココには『大日如来』がおられるそうだ。

その横に文字が書いてある。

え~と、『木曽義仲の菩提(冥福)のため、巴御前が寄進した』・・・!!

  

木曽義仲と巴御前って、あの『平家物語』の!?(って、よくは知らんが)

スゲー!! そんなものがココに!!∑(゜ロ゜ノ)ノ

これは御利益ありそうだ!

「これは絶対に祈ってい・・宝くじ当たりますよーーーに!!」(o>д人)

 

 

さて、いっぱいお願いしたし、そろそろ帰るか(まだお堂があったが、小銭を切らしてしまった・・・)。

帰りは快適だったねー、つい鼻歌が出てしまうよ(♪小銭を切らせてるキミも~・・・♪)。

ただ反対車線(なばな方面)は鬼のような渋滞だった(いや~、この時点で渋滞って、いったいなばなに何時に着くんだよ。イルミネーション見るにはちょうどイイのかなぁ)。

 

 

今回のお宝。

じゃぁ、1つずつ。

最愛の酒カステラ』は口に近づけると日本酒の香りがほんのり。

食べるとしっとりふわふわでやはり日本酒の風味がほんのり。

とても美味いが一瞬でなくなってしまうのが残念だ(副隊長は『棒』で欲しいって)。(´∀`;)

最愛(日本酒)』はとてもやさしい口当たり。

甘口?(おいちゃん日本酒よー分からん)でとても飲みやすいので、スルスルイケてしまう。

だがしかし、後日飲んだ(残り)時には、なぜか少し辛口?(よー分からん)になってた!

そーいうモノなのか、保存の仕方か(冷蔵庫に入ってた)。

どっちにしても美味かったから問題ないんだが。

最愛の牛肉そぼろ』は味噌かと思ったら、醤油ベース

思ったより味が濃くないが、味のアクセントにショウガ、歯応えにタケノコとなかなか面白い。

もちろんご飯にバッチリあう!(お酒にも。特に『最愛』)

ご飯泥棒だね。♪(*゚▽゚)_▽~~

そして最後は、世にもめずらしい『白いちじくバター』。

蟹江市名産の白いちじくを使ったバター。

白いちじくというだけでもめずらしいのに、ジャムじゃなくバター(ジャムもあるが売り切れだった)。

味はというと、単体で食べたら甘い(そりゃそうだ)。

だが適量をこんがりトーストに塗って食べると、言葉に出来ない美味さ!(え?ダメ?ちゃんと説明しろ?)

いちじくの風味は残しつつ、砂糖で少し甘さを出し、バターのコクがしっかりと・・・・・ってこんな感じでイイ?

とにかくめずらしい、始めて食べる味だ。

しかも作ってるのがあの『ピオニ』(『タイミングって大事』を参照してね)。

そりゃー、美味いはずだ。(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

これは皆さん、食べた方がイイよ。(゚∀゚)ノ

 

実はもう1つ。

写真の真ん中に、ちょこんと乗ってるキーホルダー。

この子は蟹江町をPRするご当地キャラクターの『蟹江ゆい』ちゃん(右)(ポスターには『いが蔵ちゃん』(左)も)。

2人は蟹江の魅力を伝えるために、日々ガンバっている。

ガンバってる人は応援したくなるよねー?

しかもおいちゃんたちも蟹江好きだし。

というわけで、皆さんも蟹江町に行ってあげてください。m(_ _)m

尾張温泉なんかイイですよ(過去の写真)。

とか言いながらも、おいちゃんもずいぶん行ってないですが・・・。

小学生の時は家族でよく行ったよ。

中がスンゴイ広いんだけど、おいちゃんが行くのは少し狭い露天風呂。

真冬の雪の降る日も露天風呂入った記憶が・・・。

ソコで食べた釜飯も美味かった(釜飯屋はなくなってしまったようだけど)。

というわけで皆さん是非。(=゚ω゚)ノ

 

 

 

今回も寄った『赤い橋(御葭橋【みよしはし】)』。

須成祭の際、船が通れるように、橋が上がる仕組みになっている。

ドコに装置があるんだろう?と思って探してみたが、見つからなかった(簡単に触れる場所だとイカンか)。o(゚д゚o≡o゚д゚)o

点検用か、上に上がるハシゴもあるが、一般人は登れない(上からの景色はイイんだろうなぁ~)。

  

動く橋ってカッコイイよね。

かちどき橋やタワーブリッジ、そして御葭橋。

こう、映画みたいに悪者に追われながら、上がりかけの橋を車でギリギリジャンプして渡るみたいな。

カッコウィー!!見てみてー!!やってみてー!!(≧∀≦)

・・・って、おいちゃんの愛車では絶対やらんけど。(´・д・`)ヤダ

 

新商品できました! その5

バジルポテトフランス 230円

発酵種を使用したフランス生地で、バジルマヨネーズフィリングポテトダイスを包みました。

 

バジルの風味がとてもイイ感じ。

ジャガイモもゴロゴロ入ってるので、満足感ありかと。

見た目はブサイクですが、味はバッチリだと思います。

新商品できました! その4

ポンデケージョ 180円

チーズを練り込んだ、モチモチとした食感が特徴。ブラジル発祥のチーズパンです。1つが小さいので3個入りになってます。

 

思った以上に、もっちもちだと思います。

1つは小さいですが、3つ、しかもモチモチなので、満足していただけるはず。

濃い味ではないので、惣菜パンというよりは食事パンに近いかも。

新商品できました! その3

いちごぱん 260円

とちおとめ果汁入りイチゴシロップを練り込んだ菓子パン生地・ビス生地に、イチゴホイップをサンドしました。

 

外はイチゴのメロンパン。

中には甘さ控えめのイチゴホイップ。

全体的には割と爽やかなパン

緑のは、イチゴのへたのつもりです。

新商品できました! その2

お抹茶と甘納豆のおぱん 250円

ふんわりとした抹茶風味の生地で、しっとり抹茶ケーキ生地甘納豆白いんげん豆金時豆うぐいす豆)を巻きました。

 

生地は抹茶の爽やかな風味

甘納豆はしっかりとした味と甘さ。

重量があるので、食べ応えもバッチリ。

▲ このページの先頭にもどる