ぱんのつぶやき~店長ブログ2016年6月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

名古屋の心

ちょいと「ドゥルルン」と、『ういろう』買いに行った。

 

ういろう店ここも、何度か店の前を通ったが、寄るのは初めての所。

おいちゃん、甘いものは苦手だが、ういろうはまぁまぁ好き(たくさんは食べれんが)。

以前いただきもので、ここのういろうを食べたことがあるのだが、『とろけるような味』が、とても印象に残っていた。

なので、いつか寄りたいと思っていたのだ。

 

中に入ると、とても丁寧なあいさつで迎え入れられた。

ざっと見渡すと、ういろう以外にも様々な商品があり、目移りする。

ういろう試食しばらく見ていると、店員さんが奥から試食を持ってきてくれた(写真、とら焼は食っちまった)。

しかも、結構、量がある

とら焼』と『抹茶のういろう』と『冷えた緑茶』。

とら焼は、おいちゃんには少々甘みが強かったが、ういろうは美味い(緑茶も美味かった)。

以前食べた、『とろけるような』が、よみがえってきた。

うん・・・腹ふくれた。

昼飯いらんかも(食ったけどね)。

 

今回寄った目的の1つに、『お世話になった人に贈る』という重要なミッションがあったのだが、色々な商品を組み合わせて贈ることができるという。

またその説明が、丁寧なこと丁寧なこと。

まるで、『百貨店』の店員さんのようだ(ちょっと堅い気もするが、『機械的』ではない)。

おいちゃんたちがあれこれ聞くことに対して、非常に細かく分かりやすく説明してくれる。

おかげで、先方の好みに合わせて選ぶことができた(先方の好みは、おいちゃんの予想の範囲)。

 

ういろう一口そして、おいちゃんたち用に買ったのはコレ。

一口サイズのういろう(実際は二口か三口くらい)。

』に『柚子』、『抹茶』に『黒ごまわらび』の4種類。

桃と柚子は、さわやかな甘み、抹茶と黒ごまわらび(きな粉付き)は、濃厚なコク。

どれも個性的で、とても美味い。

他のういろうより少し甘め(おいちゃんには)で、何よりもその食感。

おいちゃんが食った、どのういろうよりも『やわらかい』。

『歯』いらん(・・・・・いや、いるけどね)。

 

 

うん、美味かった。

そして何より、店員さんの接客が気持ちいい

後日、先方にも、いたく気に入ってもらえたようで、お礼の電話口で声が弾んでた(よかったよかった)。

また行きたいね。

 

 

 

 

 

でも、接客が丁寧すぎて、申し訳なくなってくる気がしなくもない。

「そんなに丁寧にしてもらってスイマセン」みたいな。

新商品できました! その5

ポテトマトデニッシュ 200円

ポテトマトデニッシュ200サクサクとしたデニッシュ生地で、『北海道産粒コーン入りのトマトフィリングを包み、『北海道産ポテトをトッピングしました。

 

食べた感じは、『デニッシュのピザ』。

ポテトの『ホクホク』感、チーズの『香ばしさ』がアクセント。

 

最近、『ピザっぽいパン(トマト使用)』が多いのは、『』のせいです。

手を抜いたわけじゃないですよ(ホントにホントだよ)。

新商品できました! その4

ブルーベリーチーズデニッシュ 190円

ブルーベリーチーズデニッシュ190サクサクとしたデニッシュ生地で、ブルーベリージャムブルーベリーダイスチーズケーキフィリングを包みました。

 

ブルーベリーのさわやかさと、チーズケーキのコクがマッチしたパン。

 

今回、『さわやかなパン』が多いのは、『』のせいです。

手を抜いたわけじゃないですよ(ホントだよ)。

新商品できました! その3

フルーツグラノーラパン 190円

フルーツグラノーラパン190ソフトなブリオッシュ生地に、オレンジピール入りのダマンドクリームと、ラム酒漬けのレーズンをサンドし、フルーツグラノーラをトッピングして焼き上げました。

 

オレンジ等の果実が、甘くもさわやかなパン。

グラノーラのカリカリ食感も面白いよ。

ただ、食べるとき、落ちやすいので気を付けて。

新商品できました! その2

マンゴーベーグル 180円

マンゴーベーグル180マンゴーダイスと、チアシードを練り込んだ、『もっちり』とした食感のベーグル。

 

マンゴーは甘さより、『さわやかさ』の方が勝ってます。

黒い『ポツポツ』がチアシード。

チアシードとは、食物繊維やαリノレン酸、アミノ酸(必須アミノ酸)を豊富に含んだ、『奇跡のスーパーフード』と呼ばれる果実の種。

ちなみに、チアシードの味は感じません(たぶん)。

▲ このページの先頭にもどる