ぱんのつぶやき~店長ブログ

南国天国パラダイス

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

 

たまには東の方へ。

案の定、走ってても信号ばかりでつまらないが、無事目的地へ到着。

 

ココは、なんか変わった喫茶店だということでやってきた。

外観や店名は70~80年代って感じの、当時オシャレ系のイニシエ系

駐車場も広く、一見しただけではドコが変わってるか分からない。

あんまりキョロキョロして不審者と間違われたらメンドイので、とりあえず中に入る。(▼-▼メ)キョロキョロ(メ▼-▼)

 

・・・・・ん?

おかしいな、喫茶店に来たはずだよな?

なんか『花屋』に見えるのは気のせいだろうか?(▼Д▼?)

入口は生花(造花も)でいっぱいだ。

花に隠れた奥から「いらっしゃいませ~」とおねいさんの声がする。

声のした方に進む我々探検隊。((((((( ・_・)( ・_・)

すると開けた場所に出た。

ソコは・・・・・間違いなく喫茶店だった(でもソコも花がいっぱい)。

  

だがしかーし!

人気店なのか満席

なので、ひっさびさの相席スタート。

 

相席相手は60代後半ぐらいのオッチャン1人。ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

テーブルが割と大きいので(6人掛け?)問題はなさそうだが、小声でメニューを決める。

メニューを見ると、品より気になるモノが描かれていた。

とりあえず写真を。

  

手作りで書かれたメニュー表は味があってイイ。

所々にあるイラストも、かわいらしいではないかヽ( ̄(エ) ̄)ノ(ちなみに『ぱんだふる』の宣伝用看板も、毎月、副隊長による手書きだ。)。

なかなかアットホームな店なようだ。

 

さて肝心のメニューだが、驚くほど品数豊富!

こりゃー選ぶのに時間がかかりそうだな。

とりあえずモーニングだけ決めて、後でまた考えよう。

 

 

店内を見回してみる。

植物がたくさん。

アッチにもコッチにも。

店は当時かなりオシャレだったことが分かる造り(こういう雰囲気、大好物)。

そして最初植物に気をとられ気づかなかったが、壁にはたくさんの絵画が飾ってある。

  

どこかで見たような画風だが、『だれそれ(名前が書いてある)受賞作品』と書いてある名前に見覚えはない。

気になったのでググってみたが(副隊長が)分からなかった。L(・o・)」

 

植物がたくさんある理由も壁にあった。

フラワーアレンジメント教室

なるほど、そういうことか。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

余った時間を利用して、喫茶店で別のことをしてるらしい。

おいちゃん花は見る専門なんで興味はないが・・・・・でも、ソコまで植物を飾らんでも・・・。(^-^;)

 

 

モーニングがやってきた。

副隊長は、大好きな『タマゴサンド』のモーニング。

タマゴサンドは具がたっぷりで、食べるとはみ出してしまう。

特別な美味さはないが、安心できる味だ。

 

おいちゃんのは『オムレツ』のモーニング。

ただ、このトーストサンド、何がサンドされてるか分かる?

おいちゃんたち、食べても分からない。(・_・?)

シソ』は分かったんだが、この黒っぽいペーストがなんなのか。

甘辛い味で、とても懐かしい感じがするんだが・・・。

降参して、店員のおねいさんに聞いてみる。

「それ、『海苔』なんですよ」

のーーりーーー!?∑(‘◇’*)エェッ!?

そう言われると、確かに海苔の佃煮の味だ!

だが、これは正体が判明する前にも思ったんだが、意外と美味い。

正体が分かってからあらためて食べても、やはり美味い(おいちゃん味覚異常じゃないよ?)。

う~む、店主は天才かもな。

 

 

モーニングを食べながらランチも決めていた。

正直、たくさんありすぎて決めきれなかったが、なんとか2つに。

副隊長は軽めに(軽いか?)『フレンチトースト』。

生クリームも乗ってるので、生クリーム魔神は大喜び。^(#`∀´)_Ψ

味は皆さんご想像通りの味だが、思ったより甘くない。

一緒に付いてきた、メープルシロップを少しかけるとイイ感じだ。

 

おいちゃんの方はガッツリと『イタリアンスパゲッティ』。

話がそれるが、おいちゃんは生粋の名古屋人。

小さい頃から喫茶店によく行き、イタスパもよく食べてた(メニューにも昔からそう書いてある。この店もそう。ソレより『インデァンスパ』が気になると思うけど置いといて(/^∇^)/オイトイテ)。

だが大人になってからパスタ屋(もしくはカフェ)なるものが出来て、ソコには『ナポリタン』と書いてある『イタスパ』ソックリのパスタが(しかも鉄板に乗ってない)。

最初、全然別物のパスタだと思ってたが、食べてみると味もソックリ。

何が違うのか分からず混乱した記憶がある(゚_。)?(「この店名前間違えてるよ」とか思ってた)。

時を戻そう。

めずらしい四角い鉄板に乗ったイタスパは、結構なボリューム。

だが食べ始めると、スルスルイケてしまう。

味は濃いめだが、タマゴとからめるとイイ感じに。

あー、ご飯欲しーーー!w(゚0゚;)w

 

 

さて、ココまで来たら皆さんはもうご存じだろうが、次はデザートの時間だ。

デザートでも面白いのを発見。

その名も『ファンタジーパフェ』。

ただ、何が入ってるのかサッパリ分からない。

おねいさんに聞いてみるがパートのおねいさんでは分からず、女将さんらしき人が答えてくれたが・・・

「え~とフルーツとか・・・・・色々。あぁ、でも今日材料がないから出来ないんだ。ごめんねー」

色々・・・・・。(^▽^;)

まぁ、出来ないんなら仕方がない(妖精の粉がないんだろうか?)。

魔神には悪いが、普通の『フルーツパフェ』でカンベンしてもらおう。

 

で、コレが普通のフルーツパフェ

結構フルーツたくさんだ。

生クリームもタップリ。^(#`∀´)_Ψ

普通と少し違うのは、シロップが『イチゴ』じゃなくて『メロン』なトコか(味はどっちも一緒)。

味的には他の店と大差はないが、生クリーム魔神が満足したようなのでOKか。

 

 

帰り際のレジで、大将に声をかけられた。

「あの車、お兄さんの?」と。

多分、間違いなくおいちゃんの愛車のことを言ってると思ったので「ええ、そうですよ」と答えると、「いやぁ、かっこいい車だね!」と興奮気味に。

倉庫に荷物を取りに行ったときに見つけたようだ。

「ボクも昔はカッコイイ車に乗ってたんだよ」などと大将と話をしていると、パートのおねいさんが「私も見てこよっと」と駐車場に飛び出していった。

すると、レジをしていた女将さんもソワソワしだす。

おねいさんが「すごいねー、かっこいいねー」と帰ってくると、レジを終わらせた女将さんも外に飛び出していった。(^-^;)

おいちゃんたちも大将たちに礼を言い外に出る。(o ̄∇ ̄)/サンキュゥ♪

おいちゃんの愛車をしげしげと見ていた女将さんは、感嘆の言葉とともに見送ってくれることに。

いやぁ、なんか恐縮です。(>▽<;;

 

 

 

イイ店だった。

喫茶店なのに、花の多さには度肝を抜かれたが、なれるとなんだか南国気分

きっといつ行っても『』を感じる店なんだろう。

メニューの多さにも驚いた。

何回通っても飽きない品揃えは、まさにパラダイス

接客もアットホームでイイ(愛車褒めてくれたし)。

常に客席が埋まっているのも納得がいく。(゚д゚)(。_。)ウン!

いつまでもいつまでも続けて欲しい店だ。

次も必ず行こう。

 

 

 

 

 

次行くときは『ファンタジー』用意しといてね。

☆゚・*:.。.☆†_(゚▽゚*)β☆.。.:*・゚☆

 

▲ このページの先頭にもどる