ぱんのつぶやき~店長ブログ

コーヒー大帝

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

 

だが喫茶店に行こうと思ってたワケじゃない。

所用があったのだが、町中は走ってて面白くないね。

車が多いし信号も多い。

空気は悪いし景色も悪い。

と愚痴っててもしょうがないので、目的地に向かう。

 

 

着いた場所は天白区。

約束の時間までは約・・・・・2時間。

なげーって!2時間!どーすんのっ!?∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

とゆーワケで時間を潰せる場所を探す。

 

大通りはチェーン店ばかりだ(つまらん)。

脇道に入って少し走らせると、いくつかイイ店を発見。

1番イイ感じの店に入ろうと思ったら・・・・・回転灯が回ってない。

『土日祝定休日』。

う~む、残念!

後イイ感じなのは2軒。

1つは超オシャレな感じ。

1つは超イニシエ感漂う感じ。

コレを見てる皆さんなら、もうお分かりだろう、おいちゃんたちがどっちを選ぶか。

当然オシャレな店・・・・・なワケない!(『映え』なんか知ったこっちゃない)

 

 

『ビル専用駐車場』と黄色い看板に書いてある。喫茶店の横にあるのに・・・

外観から、見事なほどのイニシエ感。

イイねぇ、イイ感じだ。

もう外から、中の風景が分かるよ。

ただ、この店の駐車場変わってて、正面から見ると『駐車場1駐車場2ビル』という並びになってるんだが、店の隣の駐車場1はビルの駐車場ビルの横の駐車場2が店の駐車場になってる。

最初、入ろうとして表示(看板)が違うことに気づき、ビックリした(写真でも、そうなってるでしょ?)。

危うく隣のビルの駐車場に入れるとこだったよ。( ̄Д ̄;)

 

店に入ると、やはり想像したとおりの店内が広がっている。

客層も想像通り、ご年配ばかりだ。

男性は雑誌、女性は話しに夢中。

コレもいつも通りのイニシエ系喫茶店。

初めてなのに懐かしく、なぜか落ち着く

 

とりあえずモーニングをと思い注文するが、バイト?のお嬢さんが、とてもたどたどしい。

まだ入って間もないのか、おいちゃんにおびえてるのか。

なんとか注文を聞いてもらい、品を待つ。

 

 

副隊長と雑談していると、まずコーヒーがやってきた。

だがココで不思議な現象が。

おいちゃんにはどう見ても、コーヒーカップにコーヒーが入ってるようには見えない

のぞき込んでも、ちゃんと底が見える。

副隊長に確認しても同じようだ。

しかしカップを持ってみると、まるでコーヒーが入っているような重さ。

副「正直者にしか見えないんじゃない?」

どうやらおいちゃんは、正直者ではないらしい。^(#゚∀゚)_Ψケケケ

 

マジで重いコーヒーカップ。ご年配の腕力を鍛えるのも忘れてない喫茶店

するとお嬢さんがやってきた。

手にはサーバーが。

どうやら客の目の前で入れてくれるパフォーマンスのようだ(写真撮るの忘れた)。

交互交互にコーヒーを入れてくれる。

少し残ったコーヒーは・・・・・持ってっちゃうのね。

カップはただ重いだけか。(゚▽゚;)

 

ジャム少しもらったが、やっぱ甘かった・・・

そしてトーストもやってきた。

コーヒーは少し苦めでコクがあるが、とても飲みやすい。

トーストも厚切りでイイねぇ。d(>_・ )

少し変わってるのは、マーガリンが塗ってあるパンの一部にジャムがのってること。

こういう場合、大体は小皿に分けてあるんだが、この店は違うらしい。

おいちゃん、ジャムは甘いから苦手なので、『なし』でお願いした(写真は副隊長の)。

 

懐かしい『氷砂糖?』。最近見かけない。使ってみたけど量が分からんのと、溶けづらいね

食べながら副隊長と雑談。

内容は当然のごとく覚えてない(とりとめもなく話してたから)。

その間、いろんな方向から話し声が聞こえる(聞いてたわけじゃないよ、『聞こえる』んだよ)。

そんな中、女将さんと客の会話がすぐ近くで聞こえた。(・_・D フムフム

どうやら客は、前ココの近くに住んでいたらしい。

そして引っ越し、しばらくぶりにこの店を訪れた感じだ。

会話は全部聞き取れたわけじゃないが、微笑ましい内容だ。

その中で、この店が創業38年ということを知る。

店主は女将さんの息子だろうか?

きっと父の代から続いているんだろう。

そして父が病気で倒れ、女将さんが1人で店を切り盛りしてるのを見るに見かねて、息子が手伝い始めて「この生活も悪くない」と思い今に至ってる。

うむ、きっとそうに違いない。(゚ーÅ) ホロリ

 

そんな女将さんを呼ぶ。

38年の歴史を聞こうと思い呼んだ・・・・・ワケじゃない。

ランチを頼もうと思って。

注文をし、モーニングの器を女将さんが片付けているとき、不意に女将さんが「危ない!」と叫ぶ。Σ(゚д゚;)ナ、ナニゴト!

器を落としそうになったのかと思い、さっと手を出すが、女将さんの手の中の器は安定してる。

女将さんを見ると、目線は外の歩道に。

外の歩道を見ると、5~6歳ぐらいの男の子が自転車で倒れてた

そんなに派手に倒れなかったのと、ちゃんとヘルメットをかぶっていたのとで、大事にはいたらなかったようだ。

すぐに自転車を起こし、走って行った。

「あ~、良かった~」と女将さん。

この喫茶店が愛され続けている理由が、垣間見れた瞬間だった。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

 

ランチはコレ。

ベーコンエッグのあんかけスパ』。

あんかけは最初はあまり辛くなかったが、徐々に辛みを増す。

だが辛すぎることはない。

また、卵がその辛さをうまく抑えてる。

そしてベーコンはコクをプラス。

ナイスバランス。d(-_☆) グッ!!

麺もモチモチでイイ歯応えだ。

 

 

食べ終わった後も、約束まではまだあるので時間を潰す。

が、時間を気にしてると落ち着かなくなってきたので、おいとまして、そこら辺でもぶらっとするか。

テキトーに愛車を転がす。

この辺は結構な高級住宅街だなぁ。

ビックリするようなデカい(高そうな)家がたくさん。

なんだか歩いている人を見てもセレブに見えてきた。

おいちゃんたちには縁遠い世界だ。

 

などと見てる間に、方向が分からなくなってきた。( ̄□ ̄;)!!

時間も迫ってきている。

ヤバいな・・・・・確かコッチをこう・・・・・違うか?

太陽があそこだからアッチか?

う~む、ここドコだ?

こんな風景見たことないな・・・・・。

 

 

 

今回の喫茶店も、イイ店だった。

予定とは違い、たまたま入った店だが、いつも行ってるような落ち着く不思議な感覚。

店や店員さんの雰囲気がそうさせるんだねぇ。

カラのコーヒーカップは初めてだったけど。(^▽^;)

 

 

 

 

約束?

バッチリ間にあったよ。

最初に通った道に、たまたま出ることが出来てね。

超焦ったけど・・・。

後で考えたら・・・・・「スマホ見りゃイーじゃん!」って思ったね。

|||(-_-;)||||||ドヨ~ン

 

▲ このページの先頭にもどる