ぱんのつぶやき~店長ブログ

絵にも描けない美しさ その6

『アレ』とはコレ、『リフト』。

いやー、目に入っていたんだけど、まさかコレに乗らないと、アシカのショーが見れないとは・・・。

おいちゃんたち、リフトには乗ったことがない。

しかも、強風でぐわんぐわん揺れてる

ソレを見た副隊長は「乗りたくない」という。(>_< Ξ >_<)

どうやら、歩きで行ける道もあるようだ。

もー、しょーがねーなー、別においちゃんは乗っても良かったんだよ?

ヾ(;´▽`A“

 

登りルートだが、『海側』と『山側』があって、海側の方がちょっと長いらしい。

せっかくなので海側を登ることにする。

この選択で後悔する羽目に・・・・

 

 

波がかからない程度の海のそばを歩く。

なかなかイイ感じだが、とにかく風が強く寒い。

ゆっくり見る間もなく先に進む。

すると何組かの客が戻ってくるではないか。

(・_・o)ン? (o・_・)ン? 

サッパリ意味が分からなかったが、ソコにたどり着いたときに分かった。

急で高い、ちゃんとしてない階段。Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

お「コレどうする?」

副「・・・が、がんばるよ・・・」

上ってるのは、おいちゃんたちだけ。

今気づいたが、写真を撮るのをすっかり忘れてた。

てゆーか、それどころじゃなかった。(;´ρ`) グッタリ

半ばにあった神社だけパチリコ。

祈ることも忘れてたよ(つーか、その階段すら上りたくない)。

 

途中、くじけそうになる副隊長を励ましながら、なんとか頂上に。

く( ̄△ ̄)ノ ガンバレー!

口から抜けかかっている副隊長の魂を押し込めたが、おいちゃんもさすがに疲れた(標高56m。約ビル18階の高さ)。

しかし周りを見回すと、ソコはさすがの絶景ポイント

更に遠くを見渡せる『』も立っている・・・・・階段を上るんだが・・・。

 

 

その前に一息つこう。

見るとすぐ横に、イルカのモニュメントが。

そして何やら『ベル』と『』、『ハートロックベル』と書かれたプレートが見える。

なるほど、観光地によくあるアレだ。

呼吸を整えた副隊長が、ベルを鳴らしに行く。

おいちゃんに「来い来い」と手招き。

ちょいこっぱずかしいが、『この広い世界に出会えた幸せを感謝する(プレートに書いてある)』ため、一緒に鳴らしとくか。

リ~ンゴ~~~ン・・・

 

 

さて塔だが・・・

お「コレどうする?」

副「・・・が、がんばるよ・・・」

と坂と同じくだりで、上ることにする。

4~5階建てほどの高さだが、坂を上ってきたおいちゃんたちにはキツイ。

案の定、副隊長が途中で遭難しかけるが、なんとか無事登頂。○┼< バタッ

最上階は・・・・・スゲー風!スゲー寒い!!(((((( ;゚Д゚)))))ブルブル

おいちゃんたち花粉症でマスク付けてんだが、風でマスク浮く!マスク意味ねーー!!・・・

なので絶景を堪能する間もなく(曇天だし)、下に降りた。

あー、一応写真ね。

  

せめて晴れてればねー、もうちょいイイ写真になるんだが。

  

右の写真、陸とつながって見えるけど、ちゃんと離れてる。一応『イルカ島』だからね。

 

 

さて、そろそろアシカショーの時間だ。

塔の客もいなくなってきたので、おいちゃんたちも向かおう。

塔からすぐソコなんだが、途中、小さな女の子が何かとたわむれている(ガラス越しに)。

見てみると、ソコには『カワウソ』が。

女の子が気になるようで、女の子に合わせて一緒に動く。

右へ左へ。

しかし、女の子親子もアシカのショーを見に行くために、その場を離れる。

すると名残おしそうにガラスに張り付いて、「ミャーミャー(?)」鳴く。

  

姿が見えなくなると奥へ去って行った・・・・・目の前にいる、おいちゃんたちには目もくれずに。( ̄△ ̄;)

まったく、失礼なカワウソだ。

おいちゃんたちもアシカのショーに行く!(`ヘ´#)プンプン!

 

・・・つづく

 

▲ このページの先頭にもどる