ぱんのつぶやき~店長ブログ

♪アダムとイブ~が~♪

ちょいと「ドゥルルン」と、『洋食屋』の冒険に行ってきた。

 

 

ココは、おいちゃんの大好きな愛知県の西側(いわゆる尾張西部)。

なぜかというと、前も書いたが、信号が少なくて快適に愛車を転がせるから。

こういう道を走ってると、市内の道を走るのがバカらしく思えてくる(信号が必要なのは分かるけどね)。

この日も、ほとんど信号に止まることなく目的地に着いた。ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ 

 

 

今日の目的地はココ。

住宅街の中に、ポツンと一店舗(イヤコレ、知らないと見つけられないよ?)。

店名通りのかわいらしい外観。

  

開店10分前に着いたので、おいちゃんたちが1番乗りだ。d(* ̄∇ ̄)。

ちょっと早く着いたが、他に行くとこもないため待つことにする。

ゲートをくぐって小さい庭を進む。

片道、約10歩の道のりを進むと、玄関の横ではネコがお出迎え(出迎えご苦労)。

  

反対側にはメニュー表の看板が。

せっかくなので、今のうちに注文を決めておこう。

どうやら『ハンバーグ』がメインの店らしい。

おっ?数量限定のお得なランチがある。

おいちゃんたち1番乗りなので、コレ食えるな。

じゃぁ、1つはコレで、もう1つは・・・・・よし!コレにしよう!(もちろん副隊長と相談して)

 

メニューに気をとられていると、ふと後ろに気配がっ!

おいちゃんを狙うスナイパーかっ!・・・・・と思ったら、4組ほど客が並び始めていた。

・・・・・人気の店らしい。(*゚.゚)ゞポリポリ

 

 

中に入ると、住宅街にあるためか、そんなに大きくない店内。

ウッド調でシックにまとまってる。

なかなかイイ雰囲気だ。

注文は決まっているので、ソッコー注文。

その後、店内を眺めながら、副隊長と雑談。

すると10分もたたないうちに、ほぼ満席状態に。w(゚0゚*)w オォー

う~む、コレはかなり期待してしまう。

 

 

最初にきたのは『スープ』。

!!

お~、アセッた~、一瞬、ヤツが入ってるかと思ったが、シメジだったので一安心。

ちょっと、ピリッとしたコンソメのスープだ。

うん、普通に美味い。

 

そしてやってきた『数量限定ランチ』。

ハンバーグ』『エビフライ』『イカフライ』『カニクリームコロッケ』が付いた、お得なランチ。

それぞれはそんなに大きくないので、女性でも問題ない量。

他の客も、ほぼコレを頼んでる。

ハンバーグはとてもやわらかく、割るとあふれるほどではないが、肉汁があり、当然肉の臭みなどなく美味い。

うむ、さすがにハンバーグ推しなだけあるね。

他3つも美味い。(‘∇^d)。o〇(セツメイメンドイナー)

 

もう1つはコレ。

コロッケに見えるだろうが、ココはハンバーグが自慢の店。

ピンポーン!ソコのあなた正解!

コレは『メンチカツ』。

  

ほら、割ると中から肉と肉汁が。

実はカツも食べたかったのだが、コレなら2つ味わえる。

おいちゃん、かしこーい(微妙に違うが)。

まずは、なにもつけずに食べてみるが、下味と肉の味がしっかりしてるため、コレだけでもイケる。

ソースをつけたら、もうご飯が止まらん美味さ。ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマーイ

しまった!ご飯大盛りにしとくんだった!(副隊長から少しもらったけどね)

 

そして、食後のコーヒー。

アイスとホット。

めずらしく副隊長がアイス飲むって(こりゃ~、明日は大雪だ)。

味は、まぁ・・・コーヒー専門店ではないので、普通な感じ。

 

 

うん、美味かった。

値段も高くないし、落ち着いた店内もイイ。

品数が少ないのがちょっと残念だが、また食べたいと思う味だ。

見つけにくい場所にあるのに、繁盛してる理由が分かった。

 

 

 

そうそう、隣にちょっとだけ年配の夫婦がいた。

そういう年で2人でデートとはイイねぇ・・・と思ってたが、2人の会話がまったくない

ジーっと見ていたわけではないが、おいちゃんの席、写真の通りナナメになっていて、目の前にバッチリ見える。

結局最後まで(おいちゃんが食べてる時は知らんが)一言も会話がなく帰って行った。

夫婦の形は色々あると思うが、こういう形もあるのか。

おいちゃんたちはよく話す(特に副隊長)。

ほとんど無駄で意味のない話だが(だから覚えてない)、ソレがおいちゃんたちの普通。

面白いもんだ。

 

 

 

 

も1つ、そうそう。

1番のりで、待ってたおいちゃんたち。

「お待たせいたしました」と、店員さんが扉を開けてくれる。

中に入ると・・・・・おばあさんが1人。

どうやら、中で待ってたらしい。

おいちゃんたち1番じゃなかった~・・・。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

▲ このページの先頭にもどる