ぱんのつぶやき~店長ブログ

クリスマスに見てる体【てい】で

ちょいと「ドゥルルン」と、『ケーキ屋』の冒険に行ってきた。

 

今日はいい天気。

しかもあったかいので遠出したい気分だが(よく言ってる気が・・・)、祝日なのでおそらくどこも混雑中(混雑キライ)。

どこに行こうか考えてたら、そういや世の中『クリスマス』(体でね)。

「んじゃ、ケーキ屋に」っつーことで。

 

 

サクッと着いたケーキ屋の外観はこんな感じ。

割とシンプルな造りだ。

駐車場も4台分と、かなり広くとってある(ありがたい)。

 

中は、入り口そばにケーキ、奥に焼き菓子等が置いてある。

  

店員のお姉さん「いらっしゃいませ~、すごい車ですねー!」

おお、いきなりそう来たか。

おいちゃんが愛車を駐車するのを、見守ってくれてたらしい。

しばらくお姉さんと、愛車の話で盛り上がった。

 

お姉さん、とても接客上手

他に客がいなかったせいもあると思うが、ちょっと話を振ると、とても丁寧に答えてくれる。

その話の過程で出た『クロワッサン』。

  

パンはクロワッサンだけ作ってるそうだが、その『ラスク』もあるという。

なかなかめずらしいので購入する。

 

また、ココの品物はマーガリンを使用せずバターやココナッツオイルなどを使用してること、年末年始に営業するのは、里帰りの孫のために、お年寄りがケーキを買いに来るので営業することなど、色々聞くことができた。

 

 

レジを済ませ、ケーキを包んでいる途中に、他のお客さんがやってきたようだ。

赤ちゃん連れのお母さん。

その赤ちゃん、店に入ってきたら、急に泣き出した

ス、スマヌ、おいちゃんが怖かったのか?

おいちゃん「ごめんなー、怖かったなー(赤ちゃんに)」

副隊長「ごめんね、このおいちゃん、怖いよね?」

お母さん「いえいえ、違いますよ。このクマさんが怖かったのねー?」

見ると赤ちゃんの隣に、かなりデカいクマの風船が浮かんでる(写真撮るの忘れた)。

たしかに赤ちゃんには、相当デカく見えるだろうが、ホントにそっちか? こっちじゃなくて?

まぁ、お母さんが抱いてあやしたら泣き止んだので、よかった。

 

 

帰り際、愛車に乗り込んだら、その親子が出てきた。

手を振ると、赤ちゃんは手を振る・・・・・はずもなく、お母さんが代わりに手を振ってくれた。

 

 

さて、今回はこんな感じ。

  

ケーキはどれも、割とさっぱりとした感じ。

甘すぎないのがいい感じだ。

左写真の右上2つは『プリン』。

コレが結構美味くて、甘すぎないけど濃厚。

しかも、しっかりした部分とトロッとした部分、2層に分かれてて、食感の違いが楽しめた。

お姉さんがプリンを推してたのは、こういうわけか、ふむ。

ラスクはパリパリで、いい食感。

チョコ味コーヒー味(中にクリームが塗ってある)だが、コーヒー味の方が、おいちゃんは好みだ。

 

 

 

なかなかいい店だった。

店の雰囲気も、お姉さんの接客も、そこに集まるお客さんも。

マーガリンを使わない分、ちょっと割高だが、それを差し引いても、また来たいと思わせる店だ。

おかげで気持ちのいい、休日を過ごせたよ。

 

 

 

 

生クリーム星人も、満足満足。

 

▲ このページの先頭にもどる