ぱんのつぶやき~店長ブログ

今日は何の日?

ちょいと「ドゥルルン」と、『笠寺観音』の冒険に行ってきた。

 

 

さて、今日もいい天気だ。

しかも、休日に仕事したので、平日が休み。

副隊長と「どこ行く?」と相談して、『アウトレット』、『サービスエリア』、『知多』、『桑名』等出たが、ふと今日が『6の付く日』であることに気が付いた。

そこで、前TVでやってた、笠寺観音の六の市』に行くことに決定。

 

六の市は、6の付く日(6、16、26)に笠寺観音の境内で開かれる縁日

2年ほど前から知ってはいたが、なんとなくタイミングを逃してた。

今日行かんと、またタイミング逃してまう。

 

 

サクッと着いた笠寺観音。

ちょっと前の通りから、年配の方たちが大勢そちらに向かってた(近くにバス停、名鉄の本笠寺駅あり)。

さて駐車場を・・・・・あれっ? 駐車場が・・・・・ない!

しまったー! じゃぁ、近くの駐車場を・・・・・って『跳ね上げ式』ばっかで『ゲート式』がねぇーーー!!(跳ね上げ式、ゲート式は『雁【がん】の飛来地(由来)』を参照してね)

こりゃ困った。

 

ぐるぐる走り回ったら、やっと『JR笠寺駅』近くにゲート式を発見(『三井のリパー〇』さん、ゲート式も作っといてくれて39ー)。

  

ただ、こっから笠寺観音まで、約1キロある(JR笠寺駅の横には『ガイシホール』が)。

車だとあっちゅーまだが、歩くとなると・・・。

おいちゃんも副隊長も、腰の具合があまりよろしくない(職業病)。

特に副隊長はヘルニア持ち。

聞くと「行ける」と言う。

「その辺の喫茶店にしようか?」とおいちゃんが言っても、「ゆく!」と頑固一徹。

しゃーないので、様子を見ながら歩くことに(最悪、おぶらんと)。

 

最初は問題なかったが、なんだか思ったよりも歩きがキツイ

周りを見ながら歩いてたんだが、ふと前を見ると、到達地点方向が坂の上にある。

どうやら笠寺観音は丘の上にあるようだ(想定外)。

傾斜はそこまでキツクないが、結構体力を持ってかれる。

途中、線路を超え(名鉄)、商店街(そんなに大きくない)を抜けると、やっと笠寺観音が見えてきた。

  

20分ほど歩き、何とか着いたが副隊長は・・・・・大丈夫、まだ息がある。

 

 

笠寺観音は、すごい人。

ほとんどが年配のおねいさん

おいちゃんたちが平均年齢を下げてる感じだ。

一見、そんなに出店があるようには見えないが、奥の方にもあるんだろうか?

 

  

置物や食器を売る店。気になるが、食器はまだ使えるし、置物は置く場所が・・・。

TVの取材も来てる。おねいさんが取材を受けてた。

 

 

せっかくなので、お参りもしよう。

おいちゃん昔、このあたりに住んでた。

5歳くらいまでだと思うが、この写真の『赤い橋』に、ちっさいおいちゃんが写った写真がある。

全然記憶にないが、なんだか懐かしい感じするのは気のせいか。

 

中に入り、お参りをする。

お参りをする人も多い。

そこで目にとまったのは、天井からつるされた、たくさんの『千羽鶴』。

新しいものから、古いものまで。

きっと、お参りする人が持ち込んだものだろう(願いがかなってるといいね)。

結構壮観だ。

 

 

さて、市に戻る。

やはり奥があるようで、ヘビのように蛇行して続いてて、思ったより規模が大きい

ちょっと残念なのは、今のとこ『野菜』を売る店がほとんどなとこ。

時期によって変わるのかもしれないが、おいちゃんは出来れば即戦力が・・・(奥に行けばあるかな?)。

 

  

奥に進むと、さらにすごい人の波が。服や魚なども売ってるようだ。

ちょっと人の波が引いたときに。やっぱり野菜が多い。

  

サツマイモレンコンを買った。オッチャン、少しオマケしてくれた。アリガトー。

野菜と一緒に、果物も多い(ついでに人も多い)。

  

ここでは『ネギ焼き』を購入。「おおっ、即戦力!」と思ったが、食べにくいので家で(荷物もあるし)。

お土産に『干し芋』と『芋けんぴ』購入(イモスキー)。

 

 

ぐるっと1周して、あとは入り口近くにあった『たこ焼き』と『たい焼き』を買って帰ろうとしたとき、「ちょっと、すいません」と、誰かに声をかけられた。

見ると、スーツを着た若いお兄ちゃん

後ろに何人か引き連れて、こっちを見てる。

その中の1人が持ってるのはTVカメラ

どうも、最初来た時に見た、TVの取材班の人たちのようだ。

お兄ちゃん「中京TV『キャッチ』と言う番組の鈴木と申します。少しお話を伺ってもよろしいですか?」

おいちゃん「あー・・・あぁ、どうぞ」

鈴木さん「よかった。勇気を出して声をかけてみました!」

・・・おいちゃんの見た目が怖かったらしい。

 

取材の内容はごくごくありふれたもの。

「なぜここに?」とか「こういうところによく来るんですか?」とか。

おいちゃんの見た目に関することも聞かれた。

その時、仕事を聞かれたので、「パン屋」と答えると、鈴木さん含め取材班からどよめきが。

実はコレ、よくあることなのだが、仕事を聞かれたとき、おいちゃんがパン屋だと伝えると、100%驚かれる

どうも皆さんのパン屋のイメージはおそらく、『ジャムおじ〇ん』なのだろう。

おいちゃん、ジャ〇おじさんに似ても似つかない(真逆と言っても過言ではない)。

漫画で言うなら、『アンパン〇ン』より『北斗〇拳』に出てきそうなタイプ(そんな筋肉はないが)。

そうか! なので声をかけたら「ヒャッハーーー!!」と襲われると思ったのか?

 

無事インタビューも終わり、最後に「2人で並んで撮らせて」と言うので並んだが、おいちゃん、撮るのは好きだが、撮られるのは苦手(おいちゃんの場合は写真)。

なので、笑顔が思いっきり、ひきつってしまった(より怖くなってしまった気がする)。

 

 

さて、最後に『たい焼き』と『たこ焼き』。

  

たい焼きは残念ながら出来てる物だったが、たこ焼きはちょうどなくなって、今から焼くと言う(ラッキー)。

5分くらいかかるというので、たこ焼き屋のオッチャンとコミュニケーション。

するとオッチャンしゃべり好きで、いろんなことを教えてくれた

「昔は今では比べ物にならんほど人が多かった」とか「今でも『節分』の日は、すごい人とたくさんの屋台が出る」などなど。

おかげで退屈せずに待つことが出来たよ。

 

 

そう言えば、駐車場まで、20分の歩きだった・・・。

しかし帰りは下り坂

荷物はあるが、行きと比べると、ずいぶん楽だ。

途中、名鉄本笠寺駅前を通るが、人っ子一人いない、無人駅か? 異次元か?

無事、駐車場に到着(20分かからなかった)。

副隊長は・・・・・大丈夫、まだ脈がある。

 

 

今回のリザルト。

おなかペッコリーなので、家に着きソッコー食う(手洗いうがいしたよ)。

たこ焼きを口に放り込むと、まだ少しあったかいうえに・・・・・デカっ!

1個で、口の中いっぱいになったよ。

そう言えば『のれん』に『ジャンボ』って書いてあった気がする。

味はバッチリ。

ネギ焼きは、見た目よりもボリュームあり。

ネギの風味出汁の風味がとてもよく、美味い。

おいちゃん2枚食ったが、もっと食いたかった。

たい焼きは・・・・ノーコメントで。

 

干し芋は美味かったが、もうちょっと干してあるといい感じかな。

おいちゃんたちには、やわらかすぎる。

意外だったのが、芋けんぴ。

おいちゃん、芋けんぴは、砂糖が付いてて甘いので、あんま好きじゃない。

隊員Rの土産にと思って買ったのだが、一口もらうと、そんなに甘くなく食べやすい・・・・・いや美味い。

芋けんぴ食って、美味いと思ったのは初めてだ(いつもは『美味い』じゃなく『甘い』)。

 

 

 

なかなか良かった『笠寺観音』。

懐かしさあり、美味いものあり、ハプニング(取材)あり。

TV取材は、とても貴重な経験だった。

好奇心旺盛な子供か、酸いも甘いもかみ分けたおねいさん方しか、おいちゃんに声をかけてこんのに、若いお兄ちゃんに声かけられたときは、少し驚いた(セールスかと思った)。

まぁ、年配の方がほとんどなので、おいちゃんたち、浮いてたかもね。

しかし、TVに出てる方々はすごい。

とてもあんな普通に話せないよ(後から「こう話せば良かったー」って思った)。

取材班の皆さん、お世話になりました(39でーす)。

 

今回は寄らなかったけど、『笠寺商店街』もいい感じだったな。

今度、じっくりと見てみたいもんだ(気になるメシ屋あった)。

 

買ったサツマイモとレンコンは、後日美味しくいただきました。

いや、ホントに美味かった。

サツマイモの甘さといったら。

こんな甘いサツマイモは初めてだ。

レンコンも歯応えサイコー!

『はさみ揚げ(カツ)』マーベラス!!

 

 

 

 

偶然、おいちゃんたちを見た方へ。

おいちゃん、外身はあんなだけど、中身は違うよ?(たぶん・・・)

毒のトゲをもつ『カサゴ』が美味いような、硬い殻に覆われた『サザエ』が美味いような、見た目グロテスクな『ウツボ』が美味いような、そんな感じ?

・・・・・魚介類ばっかだ。

あっ、今度は『』行くかなー?

 

▲ このページの先頭にもどる