ぱんのつぶやき~店長ブログ

アメ横ぶらり旅

ちょいと「ドゥルルン」と、『アメ横大須商店街)』の冒険に行ってきた。

 

ひっさびさのアメ横(約半年ぶり)。

欲しいものもあったが、ただ来たい(ホントはもっと行きたい)。

今日は時間もあるので、普段いかないとこにもレッツラゴー。

 

 

まず着いたのは、おいちゃん、長いことアメ横に来てるが初めてのとこ。

普段通らない路地に入ったら、見えてきた小高い丘。

浪越公園跡【なみこしこう…】』。

  

立て看板があるので見てみると、1879年(明治12年)名古屋市内最初の公園だそうだ(当時はもっとデカかったと)。

小高い丘は、『那古野山古墳【なごのやま…】』と言い、前方後円墳の『円墳』だけが残ってる状態なんだと。

う~ん、こんな物が町のど真ん中に残ってるとは、初めて知った。

古墳は登頂できるので登ってみる。

うん、景色は良くない(周りビルだらけ)。

ただ、古墳に立っている3本の木(1つは根元から2本に分かれてる)、目の前で見ると相当太い(おいちゃんが腕を回しても、全然届かない)。

公園、古墳、巨木、なんか遊びに来たのに、思わず歴史を感じる瞬間だった。

 

 

遊びに戻る。

いつものアーケード。

だが、いつもの所は面白くない(いや、面白いけどね)。

ので、再び脇道に入る。

特に目立った商店はないが、あるものが見えてきた。

ココは皆さんも聞いたことがあるかもしれない『大須演芸場』。

来たことはあるが、入ったことがない。

一時は存続の危機にあったが、何とか立て直し、リフォームもバッチシ。

この日は、まだ営業してなかったが、貼ってあるポスターを見ると、結構有名な人も出てる。

『○文枝(旧桂三○)』さんや『林○たい平』さん、『博多華○大吉』さんや『サンド○ィッチマン』さんなど(他にも多数)。

ちょっと見てみたいかも。

 

 

 

さて次は、脇道ではないが、寄ったことのない店。

いつもは行列が出来てるが、今この瞬間は入れそうだ。

だが、おいちゃんが入るにはちょっと・・・いやかなり場違い。

でもめずらしく、すいてるので入ってみる。

出入り口が狭い、と言うか低い(世界観?)。

女性でも腰をかがめて入ってる(写真左下の開いてるドア)。

おいちゃんも何とか入れたが、『出入り口』なので、向こうから人が来たら、分からずにぶつかってしまいそうだ。

店内は薄暗く狭いうえに、外からは分からなかったが、超混雑

普通、こんな場所においちゃんが入って行ったら、怪訝な顔をされるのに、皆さん商品を見るのに夢中で全く気が付かない(店員さんも忙しそう)。

なんとか人をかわして撮った写真。

  

アクセサリーや雑貨がいっぱい。基本的には、『アリス』関連のものばかり。

アリスのグッズ。興味ある人には、たまらんのだろうな。だが興味がなくても、目を引くデザインが多い。

  

お菓子も売ってる。値段が値段なので、スルーしといた。

ハートの女王のイス? 誰でも座れる(女子高生?が座って写真撮ってた)。ハートの女王気分を味わいたい人は是非。

 

混雑と、微妙な居心地の悪さ(男ほぼいない)で、早々に退散した。

 

 

さて、ぶらりと歩くと、『大須観音』が(写真なし。皆さんイメージで)。

その横のマンションに、大須商店街の1つ『仁王門通りを示す壁画が(大須商店街には『~通り』がいくつもある)。

  

その迫力ある壁画を横目に、仁王門通りを進む(いつもの道へ)。

 

 

そろそろ腹が減った(11時)。

適当に、でもいい感じの店を選ぼう。

中華料理・・・違う。

喫茶店・・・これも違う。

うなぎ・・・おぉっ、惹かれるが今年はもう食ったし・・・(何より¥が・・・)。

ピザ屋・・・悪くないが・・・う~ん。

ベトナム料理・・・ベトナム料理!?

うん、なにか「カチッ」と、はまったね。

つーことで、『ベトナム料理』に決定。

 

店の外観は、異国情緒あふれる感じ(よく知らんが)。

看板を見ると、そんなにメニューは多くないようだが、とても食欲をそそる。

「イラッシャイマセー」

店員さん2人は、ベトナム人?のようだ。

先に料金を払うシステムのようで、片言だが丁寧に説明してくれる。

ここでまず、『鶏肉のフォー』を注文。

次に、『バンミー』と呼ばれるフランスパンのサンド?を注文したいんだが、『ハム』と『焼き豚』の2種類があり悩むので、店員さんに「どっちがおススメ?」と聞くと、「ハムガニンキヨー」と。

出来れば飲み物も変わったものがいい。

おいちゃん「『タマリンド』ってなに?」

店員さん「アマクテスッパイヨー」

おいちゃん「んー・・・じゃぁ、それで」

 

店内もベトナムの雰囲気満載(行ったことない)。

なんか海外旅行に来た気分だ。

安っぽい椅子とテーブルも雰囲気を醸し出す(いい意味で・・・いい意味か?)。

店自体はそんなに大きくないが、時間が早いため空いている(でも客は入ってる)。

 

しばらく待つとやってきた、フォーとバンミー(割と早く来た)。

まずはフォーから。

スープはあっさりしているが、鶏からちゃんとコクが出てる。

麺はコシがあるわけでもないわけでもなく、なんか「クニュクニュ」って感じで面白い食感。

なかなか美味い。

ここで付いてきた『パクチー』を投入(初パクチー)。

ん? なんだろう? ハーブ? ミントのような違うような・・・さわやかな味がする。

う~ん、嫌いではないが・・・なくてもいいかな(全部食ったけど)。

 

バンミーの方は、見た感じはまんまフランスパンのハムサンド。

食べると・・・甘い・・・辛い・・・酸っぱい

3つの味がする。

中には野菜もたっぷり入ってて、『茶色いソース』、コレが3つの味の元だと思う。

例えるなら、『ちょっと甘いキムチ味』ってとこか(よー説明できん)。

だが、美味い。

 

一番得体のしれない、タマリンド。

見た目は泥水(あ~い、とぅいまて~ん)。

匂いは・・・お? 意外とさわやか。

勇気を出して飲んでみると・・・・・美味い。

甘味が強いが、酸味も強い(店員さんの言うとーり)。

例えるなら、『パイナップル』にそっくりの味。

『タマリンド』が何かさっぱりだったが、(安全で)美味けりゃOK(タマリンドが何か知りたい人は・・・・・自分で調べてね(^O^)/)。

 

うん、どれも美味かった。

品数が少ないのが残念だが(もっといろんなもの食べたい)、バンミーはお持ち帰りもできるので、また寄ってもイイかも。

ベトナム料理全部がそうなのか分からんが、割とさっぱりしたものが多いのかな?

おいちゃん、酸っぱ辛いの好き(レモン汁常備)だから、ベトナム料理と相性いいかも?

 

 

 

エネルギーも充填したので(ちょっと足りんなー)、次に向かう。

・・・・・が、少し長くなったので、また後で。

 

・・・つづく

 

▲ このページの先頭にもどる