ぱんのつぶやき~店長ブログ

とんかつくってうまかった

ちょいと「ドゥルルン」と、『カツ屋』の冒険に行ってきた。

 

と、その前に、用事があった『金山』で、何かしらの『催し物』が。

  

『なんたらマルシェ』と書いてある。

なんかちょっと面白そうなので寄ってみたが・・・・・ちょーっとおいちゃんたちよりは、年齢層が上のものが多いな~・・・。

何より、『即戦力』がほぼなかったので、早々に退散した。

 

 

さて、本題に入るとしよう。

ちょっと前に通って、目星を付けていた店なんだが、隣にあるデカい駐車場は、この店の駐車場じゃないらしい(別の会社の名前が書いてあった)。

じゃあ、「ココの駐車場はどこだ?」と、愛車を下りて店の前にある案内図を見ると、手書きの案内図で、そこの地理に詳しくないおいちゃんには、多少見づらい。

南? 10m? どっちだ?

あたりをキョロキョロ見回すと、デカい駐車場の反対側(ビルを1軒はさむ)に、少し小さめの駐車場があるのを発見(その間にも、客が店に~)。

すでに数台うまっていたが(12時前)、なんとか駐車することができた。

 

店内は、ごく一般的な食事屋といった様相。

そんなに広くなく、店の奥の方は、もう客でうまってたため、写真は店の入り口の方。

よく見ると、壁にはズラリと『サイン色紙』が。

  

さらによく見ると、その色紙たちはほぼ『野球選手』。

なるほど、そう言えば、ココから『旧?ナゴヤ球場』が、かなり近い。

野球選手に人気の店だったわけだ。

でもスマヌ、おいちゃん、野球に詳しくないので、誰が誰やらさっぱり・・・。

 

料理を待ってる間にも、続々と客が入ってくる

料理が出来たころには、満席になっていた(まだ12時前。入れずに帰る客も)。

 

おいちゃんたちが頼んだのは、『ヒレカツ(味噌)』と『ロースカツ(ソース)』。

  

味噌は、そんなに甘くなく、とても食べやすい。

ヒレカツも、歯応えはあるんだが歯切れがよい、絶妙な感じ。

ロースの方は、さすがの歯応え(肉食ってる~)。

脂身もくどくなく、甘みがあっていい感じだ。

ココで1つ、『ロースのアップ』を。

肉の大きさが、『大、中、小』と分かれていて(ロースは大、中のみ)、これは中(値段がね。「あっ、カツならこれぐらいの値段するよね」って感じなので)。

あー、今見ても腹減ってきた。

 

 

 

値段相応の、美味い店だった。

多くの客が、周りの会社の社員って感じで、食事時は、常に客が入ってくる(いつもかどうかわからんが)。

おいちゃんたちがいたせいで、いつも?入れる客が入れなかったかも(ゴメンねー)。

なので、食事終わりの余韻に浸れず、すぐに店を出なければならなかったのは、ちょっと残念だ。

 

 

 

 

野球を勉強していくと、知ってる顔に出会えるか!?(もう、今はコッチにはいないか)

中日の選手っていって頭に思い浮かぶのは・・・・・和田一浩さん?(頭だけに・・・・・ってスンマセン)

 

▲ このページの先頭にもどる