ぱんのつぶやき~店長ブログ

時間ピッタリは大変

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

実はその前に野暮用があって、それが終わったのが、ちょうど昼の12時ごろ。

ホントは、もうちょっと早く終わるはずだったが、時間が押してしまって。

「時間ピッタリでやっべーぞっ」と思いながらも、メシを食いに行く気満々だったおいちゃんたちは、飯屋に行くことに。

 

すぐ近くにあった飯屋は、すでに満席

しゃーないので、適当に愛車を転がして見つけようと。

チェーン店に入っても面白くない。

おいちゃん運転手なので、副隊長に見つけてもらう。

 

 

こっち(愛知県付近)の飲食店には、かなり高い確率で、『回転灯』が付いている。

なので、飲食店がとても見つけやすい。

道を曲がった時、

副隊長「回転灯見つけた!

おいちゃん「どこ!?

副隊長「後ろ!

迂回【うかい】して、そのあたりに出る。

ガソリンスタンド』だった(飲食店以外にも、回転灯は付いている)。

 

その後、いくつか店を見つけたが、駐車場がなかったり、満席だったり。

 

しばらく走ったのち、いい感じの『そば屋』を見つけた(もちろん副隊長が)。

駐車場も広いし、半分ほど空いている

愛車を止め、意気揚々と店内に・・・・・店の前にいる人はなんだろな? タバコでも吸ってんだろうか・・・・・。

さぁ、次行くか(並んでた)。

チックショー! 駐車場だけでなく、店内も広くしといてくれ!

 

 

小1時間ほど走り、もうどこを走っているのか分からない。

腹減りが限界に達しようとしたその時、「回転灯発見!」(副隊長)。

「え~、愛車よりも、おいちゃんのガソリンの方がからっけつ・・・」と思ったとき、着いたのがこの店(ナイス! 副隊長! 疑ってゴメン)。

 

見た感じ、いにしえ感たっぷり(好き系)。

駐車場も完備(ありがとう)。

愛車を止めると、中から、おねいさんたちが、わらわらーと出てきた(5~6人。ちょうど終わったらしい)。

「すごい車だねぇ~」と、みんな近づいてくる。

「すごい車が通ったと思ったら、この駐車場に入ってくるから、ビックリしたわ」などと、口々にいろんなことを話し出す。

わー、いっぺんにしゃべられたら、おいちゃん、対応できなーい。

しばらく、思い思いに話したら満足したのか、みんな帰って行った(一応、対応したよ)。

 

中も当然、いにしえ感満載(腹減ったー)。

とりあえず、適当にランチを選ぶ。

店内を見渡すと、今のおねいさんたちが出て行ったので、すいている。

が、外から見たとおり、店内はそんなに広くない。

おねいさんたちが出て行かなかったら、危ないとこだったか。

と、目の端に『黒いテーブル』。

おお、コレは、いにしえの喫茶店にはほぼ必ずある、『ゲーム筐体【きょうたい】』。

まぁ、ほとんどやったことはないが、あるとなんだか安心する。

 

 

しかし、今日は暑い(店内は涼しいが)。

そんなに時間がかかる予定ではなかったので、とてものどが渇いた。

なので「先に」と頼んだ飲み物。

アイス抹茶ラテ』と『コーヒー』。

おいちゃん、あまりの暑さに、コーヒー断念。

アイス抹茶ラテ、美味かったー!(抹茶の風味がいい!)

コーヒーは、コクと苦みの強いタイプ(副隊長好み)。

 

その間、次々とお客さんが入ってくる。

しばらくすると、料理がやってきた。

  

あんかけスパ』と『エビフライ定食』。

これがどちらも、値段の割に量が多い。

あんかけスパは、サラダ付きで、スパに『イカリング』が乗ってた。

辛みを抑えたタイプ(お年寄りが多いからか?)だが、味はしっかり『あんかけ』で美味い。

イカリングは正直戸惑ったが(おいちゃん、魚介類は新鮮じゃないと・・・)、練り物のイカリングで、結構美味かった。

エビフライは、デカい

シッポを含めると、20㎝ぐらいある。

歯応えもプリプリ。

鮮度は・・・・・普通かな(副隊長は問題ないって)。

ご飯も結構な量(おいちゃん半分もらった)。

ただ、副隊長いわく、「タルタルじゃないのが残念」、だそうだ(マヨでした)。

 

食べてる途中も続々と入ってくる客。

「おー、○○さん、こんちは」「○○さん、今日は来んね」「○○さん、具合どお?」・・・・・皆さん、ほとんどが知り合いのようだ。

そこで、隣の席にやってきたおねいさん。

おいちゃんたちに、「おいしそうなもの、食べとるね」と。

おいちゃん「美味いっすよ」

おねいさん「ほんとぉ・・・じゃぁ・・・・・『冷やし中華』お願い」

あんかけスパか、エビフライ頼むんとちゃうんかーい!!

 

 

すっかり腹いっぱいの、おいちゃんたち。

正直、動きたくない(動けない)が、おいちゃんたちが出ないと、次のお客さんが入れなさそうなので、おいとまする。

さて問題は、ココがどこかと言うこと。

やたらめったらに走ったので、ココがどこなのかさっぱり。

とりあえず、太陽があっちからあっちに動いてたので、こっちが南だろう。

と走り出し、大通りを目指す。

しばらく走り、大通りには出たが、よく分からない。

こりゃ困った。

さらにしばらく走ると、なんとなく見覚えのある道に出たので進むと、やっといつもの道に。

何とか無事帰ることができた。

でももう、3時過ぎ・・・。

 

 

 

普通に走ってたら、行くことがなかった今回の喫茶店。

次に行くかどうかわからないが、心温まる一瞬の出会い

手作り感あふれる店内(とメニュー表)。

そして安くて美味いメシ

前にも書いたが、店を出している以上、大概は美味い(例外アリ)。

味の好みが合うか合わないか、ニーズに合うか合わないかだけ(例外アリ)。

おかげさんで、おいちゃんたちは、大体、美味く感じれる(例外アリ)。

キライなものを除いてはだけど。

 

また、『偶然の巡り合わせ』と『美味いもの』探しに、レッツラゴーだ。

 

 

 

 

・・・・・ただ・・・・・昼飯遅いのと食いすぎで、晩飯、食えんかった!

晩飯、ヨーグルトだけ・・・。

 

▲ このページの先頭にもどる