ぱんのつぶやき~店長ブログ

グラブってきた

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

この店も『喫茶店』というよりは『カフェ』。

よく通る道から、少し外れた場所にあった。

マンションの1階にあるので、気づかないと通り過ぎてしまう。

 

店名通り、『雄大な青』の看板と扉。

オシャレだ(入りづらい)。

そこに1人の小学生が、『常連』のように店内へ入っていく。

「???」

おいちゃんたちは頭に?がついた状態で、その後に続き、店内へ入る。

 

「いらっしゃいませ」

やわらかい挨拶の店員のお姉さんに、奥のいい席にうながされる。

「おいちゃんたち2人なのに、こんないい大きな席を使ってもいいんだろうか?」とか思いつつ、着席し周りを見渡すと、先ほどの小学生発見

店員のお姉さんと話をしてる。

どうやら『親子』のようだ。

会話の内容は分からないが、話に納得した?小学生は外に出て行った(夫婦で経営してるらしい)。

 

視線を戻すと、テーブルが面白い形をしていることに気が付いた。

木製の大きなボビン』といった形をしている。

なんか工事現場とかで見た覚えが・・・。

 

と考えてると、お姉さんがメニューを持ってやってきた。

コレがまた面白い。

タブレット』になってる。

メニューの写真や内容が大きく詳しく出るので、とても分かりやすい。

でも、これがいくつもあると考えると、結構コストがかかるんじゃないかと・・・。

 

とりあえずおいちゃんは『普通のモーニング』、副隊長は『クレープ付きのヤツ』を注文。

待ってる間、おもむろに副隊長が店内を徘徊し始めた。

おいちゃんも後に続く。

すると、たくさんの名刺が飾ってあるのを発見。

どれも『飲食店』の名刺だ(近くから、遠くは稲沢や一宮まで)。

後ろから店主夫妻が「取引のある店や、お気に入りの店の名刺を飾ってあるんですよ」と。

その後、1つ1つの店を事細かに説明してくれた(「ここのコーヒー仕入れてるんですよ」とか「ここのケーキおいしいですよ」とか)。

そして、「興味がおありでしたら、ストックがあるので」と、名刺を分けてくれた(名古屋市内のをいくつかいただいた。さすがに、一宮までコーヒーだけを飲みに行くのはちょっと)。

なんと『フレンドリー』な店主夫妻であろう。

 

注文の品がやってきた。

モーニング(コーヒー代のみ)は、『パンが自家製』だそうだ。

ほっほ~う、パン屋のおいちゃんに、それを言いますか。

どれどれ・・・・・うっ・・・・・美味い。

酸味の効いたライ麦パン(おそらく)にバター(マーガリン?)がよく合う(パン屋なのにグダグダ)。

お、おかわりしたい。

コーヒーは『エチオピアなんたら』。

酸味が強く、とても香りがさわやかで飲みやすいコーヒー。

おいちゃん好みだ。

 

クレープ(コーヒー代+)は、見た目がまずオシャレ

フルーツも、こだわりのものらしい。

そして本体(クレープ)は、やわらかくモッチモチ。

出来立てで暖かいので、少し甘めに感じるが、とても美味いものだ。

自家製のアイスもバッチリ。

コーヒーは『ブレンド(マンデリン他)』。

少し苦めで、コクが強い。

こっちはこっちで良い。

 

そうそう、メニューの中、着いた時点で1つ注文出来ないものがあった。

それは、11時からの『雑穀米のビーフカレー』。

11時に雑穀米が炊き上がるようにセットされているとのこと。

おいちゃんたち入店したのが10時前後。

モーニングや、店主夫妻と話をしてたら、いつの間にか11時過ぎ。

せっかく来たので、注文することに(セットを注文。もちろん1人前を半分コ)。

 

しばらくしてやってきたビーフカレーがコレ(言ってないのに、取り分ける器を持ってきてくれた。素晴らしい)。

いやー美味そうだ(カレーには不思議な魅力がある)。

雑穀は21種類使ってるそうだが、さて・・・・おおっ、歯応えいい。

またカレーが、すごく濃い

ビーフもとろっとろで口の中で、ほどけていく。

美味い!

右上にある『ヨーグルト』も、なんか『とろみ』があり、とても面白い。

 

デザート』と『ドリンク』付きなんだが、デザートは「生クリームがたっぷりだが甘すぎず食べやすい。いくらでも食べれる」(と副隊長が)。

ドリンクはというと、実はコレ、お姉さんが選んでくれた。

コーヒー(他にも種類あり)はさっき飲んだので、紅茶(たくさん種類あり)にしようか何にしようか悩んでたとこ、「お二人には、これが合うんじゃないでしょうか?」と『フルーツシロップジュース』を進めてくれたので、「じゃあ、それで」と。

ただ、選んでくれたのはいいが、『シロップ』って時点で、おいちゃんにはアウトじゃないかと思ってた(せっかく進めてくれたので。副隊長は甘いのOK)。

思ってたが・・・・・意外とあっさりしてる。

オレンジの香りもとてもいい。

普通だったら、まず頼まない飲み物だが、頼んで正解だったようだ。

 

 

精算時、お姉さんが「これ1枚しかないんですけど」と名刺をおいちゃんたちに。

「ここの餃子は絶品なので、ぜひ行ってみてください!」って穏やかな口調の中にも熱を込めて。

見ると、ここから結構近くなので「じゃあ、今度行ってみます」と名刺をいただいた。

 

 

 

帰り際、「車の運転、お気をつけてお帰りください」と笑顔で一言。

どこまで、接客上手なんだろう。

いやもはや、『接客上手』と言うより『人がいい夫婦』と言うべきか。

自然に人をもてなす感じが伝わってくる。

年を重ねた人ならいざ知らず、この若さでこの雰囲気が出せる人たちは初めてだ。

だが残念ながら、こういう店は少ない(ここまでじゃなくても)。

気持ちの良い休日が過ごせる、こんな店が増えてくれるといいなぁ。

 

 

 

 

この日は少し、風の強い日だった。

帰り、おいちゃんたちが愛車に乗り込むところに、看板を直しに来たお姉さんが、おいちゃんの愛車を見て一言。

「・・・予想外でした」。

 

▲ このページの先頭にもどる