ぱんのつぶやき~店長ブログ

久しぶり~元気だった? その元気を分けてくれ

ちょいと「ドゥルルン」と、『うなぎ屋』の冒険に行ってきた。

 

うなぎは、なんと去年、1度も食べてない!

「今度行こうか? 今度行こうか?」と言いながら、結局行けずじまいだった。

「これはイカン! おいちゃんたちの元気は、からっけつだ!」と言うことで、以前、別の用事の時に見つけた、うなぎ屋に行くことに。

 

ここ、看板やのれんには『うなぎ』と書いてあるのに、店名は『なまず』。

「どっちだ!?」と思ったが、面白そうなのでOK♪

駐車場が広く、利用しやすい。

開店ピッタリに着いたので、おいちゃんたちが1番乗り(ホントは、もうちょっと早く着く予定だったが渋滞で。いいのか悪いのか・・・)。

 

店に入ると、ふくよかで笑顔のやわらかいおねいさんが「いらっしゃいませ」と、お出迎え(たぶん女将さん)。

店内は、風情があっていい感じ。

「あぁ、『うなぎ屋』に来た」という思いを、しみじみと感じる。

 

注文表をめくると、1番最初に『なまず』の文字。

なるほど。

しかし、なまずは予約を入れておかないと、食べれないらしい。

ちょっと残念(1つはうなぎで、1つはなまずにしようと思ってた)。

仕方がないので他を見ると、うなぎ以外も結構な品数がある。

まぁでも、なまずが食えないなら、うなぎにしよっと。

 

注文してから焼くので、しばらく時間がかかる。

その間、店内を見学。

純和風の店内には、お座敷もあるのだが(おいちゃんたちはテーブル席で。靴脱ぐのメンドイ)、その所々に飾ってある小物が、またいい感じ。

そして、入口にあったコレ。

入ってきたときは、近すぎて分からなかったが、巨大な花瓶?)』。

スゲー!、こんなの飾ってある店、初めてだ。

実用性がないから、ガラスケースに入ってんだろうけど、使うとしたら、どんな『』飾るんだよ・・・(何年かに1度咲く、世界最大の花とか?)。

 

そうこうしてる間に、注文の品がやってきた。

おいちゃんたちが、たのんだのはコレ。

  

うなぎの定食』と『うな丼の定食』。

これ、ランチになっていて、結構お得(ご飯増量無料。ナイス!)。

お得な分、うなぎは少ないが、小鉢など色々付いている。

うな丼やうな重も捨てがたかったが、こっちの方が珍しかったので。

味の方は・・・・・(もう、なんて言うのか分かってると思うけど)美味い(な)。

小鉢も茶碗蒸しも(刺身は普通)。

肝心のうなぎは、『外パリッ、中ふわっ』の美味いヤツ。

しかも、全然生臭くない。

ちょい、タレが濃いめだが、問題ないレベル。

しまったー、1つ普通のうな丼、たのむんだったー(うなぎ成分たらーん)。

 

ランチには、ドリンクが無料で着いてくる。

おいちゃんたちは『コーヒー』を注文(おいちゃん、コーヒーもう飲めるんだよ~ほっほ~♪)。

コーヒーは・・・・・うん、普通だった。

コーヒーの味と香りが、口の中をスッキリとさせてくれる・・・・・って、ああっー! うなぎの味がー、き、消えてしまったーーーー!!

もうちょっと、余韻に浸ってたかったのに・・・・・しょぼ~ん・・・。

 

 

帰り際、女将さん?に、美味かった旨を伝えると、「おいしかったでしょ。ありがとね」と言われた。

なるほど、『味に自信あり』だったわけだ。

でも全然嫌味な言い方じゃなかったので、ほほえましい感じがした。

 

 

 

いい店だった(元気、復活!)。

うなぎだけに、そうしょっちゅうはいけないが(金額)、今度は普通のうな丼を食ってみたい(他のメニューも)。

ただ1つ、開店時間が11:30なのは、おいちゃんたちにはちょっと遅いのなー(せめて11時が)。

なんせ仕事柄、朝飯は5時ごろだもんで。

渋滞中、腹がぐ~ぐ~鳴って、たどり着く前に倒れるかと思ったよ(ウソです。倒れるほどではないです)。

 

 

 

 

今年は、これで終わりかな~?

もう1回ぐらい、行きたいな~? と神様に『宝くじの当選』を祈るおいちゃんだった。

 

▲ このページの先頭にもどる