ぱんのつぶやき~店長ブログ

高品質、好感触

ちょいと「ドゥルルン」と、『ケーキ屋』の冒険に行ってきた。

 

よく通る道から、1本入ったところにある店。

ほとんど通らないので、今まで全然気が付かなかった。

 

オシャレな外観、そして休日とはいえ、昼前からひっきりなしに車が出入りしてる。

ケーキ屋で、昼前にこんなに人が入る店に、おいちゃんたちは来たことがない。

これは期待できそうだ。

 

当然、中もオシャレ。

そして、ショーケースに並ぶケーキも、大変美しい

ココのケーキは、『小さくして値段を抑える』タイプのようだ。

前に行った別の店もそうだったが、オシャレなケーキ屋は、そういう傾向なのだろうか?

 

おいちゃんがそんなことを考えてると、副隊長が、いつものように「うんうん」唸ってる。

またしても、選びかねてるようだ。

きっと、どれも食べてみたいんだろうが、財布と胃袋の中身を考えて買おうね?

 

おいちゃんは、めぼしいもの見つけたので、店内観察。

すると、こんな部屋を発見。

どうも、『バウムクーヘン』だけを作る部屋らしい。

おいちゃん、ケーキは特段スキと言うわけではないが、バウムクーヘンは結構スキ。

あんまり甘くないのと、身がギュッとした感じが特にいい。

だが最近のは、周りに砂糖がコーティングされていたり、ふわふわ食感だったりで、あまり好みではない。

しかも、ちょっと高いし。

昔ながらの、ギュッとしてて、口の中の水分全部持ってかれるくらいのものが食べたいなー。

もちろんお安く。

 

すると副隊長が、店員のおねいさんと何やらやら話をしてる。

聞いてみると、ケーキの写真の下から2つ目の段の空いた2つのスペースに、新たなケーキが運ばれてきたと。

1つ来たが、もう1つはなに・・・と言うことらしい。

どうやらそこには『ミルフィーユ』が来るらしいが、もう少し時間がかかるとのこと。

副隊長、それがいいらしく、待つことに。

 

この店には喫茶スペースもあり、「じゃぁ、そこでコーヒーでも・・・」と思ったのだが、その日は天気がかんばしくない。

コーヒーでくつろいでると、降ってきそうだ(雨キライ)。

なので、普通に待つことにしたら、店員のおねいさん、それを含めた会計を先に済ませてくれた(ナイス配慮!)。

後は、所定の位置に『ミルフィーユ』が収まるだけ。

 

そんなに待たずに出てきたミルフィーユを詰め、おねいさん、わざわざおいちゃんたちの所まで、持ってきてくれた(笑顔が素敵な、おねいさんだった)。

さーて、雨が降る前に帰るぞっと、愛車をかっ飛ばす(交通ルールは守りましょう)。

そして家に着いた瞬間・・・雨が降ってきた(パラパラとだけど)。

おおっ! ラッキー!

 

はてさて、そのラッキーはケーキにも続くのか。

ちょっと数が多めなのは、いつものように昼をセーブして。

なんかね、右下のケーキは『ガーゼ』みたいなものが、かかってます。

クレメダンジュと言って、ガーゼ取っても、似たような容姿。

食べると、生クリームを混ぜた、クリームチーズがホイップしてある感じ。

食感がふわっふわでほとんどないが、とても美味い。

ミルフィーユもサックサクで、フランボワーズ(右上)も甘酸っぱくさわやかで美味い。

どうやらここのケーキはどれも(買ったものだけ)、甘さ控えめで、おいちゃんたちの好みにジャストミート!

ケーキもラッキーだったようだ。

 

 

 

いいケーキ屋を見つけた(と副隊長が言っている)。

店も良かった接客も良かった味も良かった

今度はコーヒー、飲んでみるか(副隊長から「次いつ行くか?」と矢の催促)。

そういや、『テラス席』もあったけど、冬寒いし夏暑い(春花粉で秋落ち葉?)のに、使うんだろうか?(しかも目の前道路)

心地いい、わずかな瞬間(季節)は、いいかもしれんが(そん時は満席かも?)。

 

 

 

 

ただ、今のご時世考える。

甘さ控えめなのは、店の味なのか、コストカットなのか。

まぁ、好みにあってりゃいいか。

 

▲ このページの先頭にもどる