ぱんのつぶやき~店長ブログ

豪華絢爛!? 金剛石王女

ちょいと「ドゥルルン」と、『金城ふ頭』の冒険に行ってきた。

 

ちょっと前にも行ったのだが、前回は『ぶらっと』、今回は『目的』があって。

 

船 橋今回も『庄内川の堤防』を走る。

そして今回は、副隊長に『カメラ』を持ってもらったので、走りながら写真が撮れる(撮り慣れてないので、最初渋々だったが)。

最初に写る、この白い橋は、毎朝『ぱんだふる』に通うために通る橋。

いきなりの激写、ありがとう(振動でぶれるのは勘弁してやってください)。

 

途中まで快適だが(信号がない)、やっぱり、明四(国道23号線)と交差する信号で渋滞。

船 ごみ処理場やっと抜けた先のこの1枚は、『南陽工場』と言う名の『ごみ処理施設』。

可燃ごみを焼却し、青と白の外観は、『波と船』をイメージしてるんだそうだ。

昔、小学生のころ、『社会見学』で訪れたことがある。

ほとんど忘れてしまったが、すごい炎の中、ごみが燃えてるところと、外観が今と違っていたことを覚えてるくらい。

 

しばらく快適に走る。

いやー、やっぱ海沿いはいいね(海と川が混じる、汽水域だが)。

景色がいいし、風も気持ちいい

すると見えてきた、前回、写真に撮れなかった『藤前干潟』が。

船 干潟1赤い橋は『伊勢湾岸自動車道』の橋、『名港トリトン』(赤、白、青と3つある)。

その向こうに見える『赤白のキリン』は、船と陸とのコンテナ等を積み下ろしする『ガントリークレーン』(超デカい『UFOキャッチャー』)。

そして、その手前にある広大な干潟こそが・・・・・干潟こそが・・・・・なぬっ! 干潟がない!

どうやら『満ち潮』のようで、完全に干潟が消えてしまっている。

う~ん、残念(野鳥はブロックの上と、わずかにある干潟にいるようだが)。

船 干潟2

 

気を取り直して先に進む。

実は今回の目的は、『』を見ること。

しかーも、『超☆豪華客船』! その名も『ダイアモンド・プリンセス』!

そして見えてきた、『名古屋フェリー埠頭』。

おっ、駐車場に、いつもはいない(?)誘導のあんちゃんが。

目の前の海には、大きな『ビル』がドーンと!

船 フェリー埠頭 船 いしかり1

「おおっ! コレが超☆豪華客船か!」・・・・・と思ったが少し小さい(いや、十分デカいけどね)。

よく見ると、通常の運航船いしかり』のようだ。

船 いしかり2しかしこの『いしかり』、ただの船とは違い、『フェリー・オブ・ザ・イヤー』を何度も受賞している、すごい船。

そういえばこの前、戸○恵子さん(アンパ○マンの声の人)主演の2時間物のサスペンスドラマ(再)で、この『いしかり』が舞台になってた(思わず、見てしまったよ)。

いつかこの船で、『旅』したいね~。

 

さて、先に進む。

本当は、フェリー埠頭に豪華客船がいないことは知っていた。

ちょっと、寄りたかっただけ(スンマセン。でも、『いしかり』がいたのは偶然)。

船 貨物船しばらく走ると見えてきた『壁』。

これは・・・ただの『貨物船』。

一見、船に見えんよね。

なんだろね、『車』でも運ぶ船なのかな?

ココでも激写、サンキュ~で~す。

 

 

船 豪華客船1だが、その後すぐに、お目当てのものが見えてきた。

おいちゃん運転中なので、ちゃんと見れないが、かなりデカい。

「おっー! テンション上がってきた!」と、少しスピードアップ。

そして、目的地に着く目前で、急ブレーキ!

船 豪華客船立入禁止なんとそこには、『関係者以外立入禁止』の看板が!!

「おいちゃんたち関係者?」と副隊長に聞くと、「違うよね」とのこと。

じゃあ、これ以上先に入れないじゃん!

はぁ~~、ここまで来て、近くに寄れないなんて・・・。

後ほんの200メートルほど・・・(本体までは300メートルぐらい)。

仕方なく、ここから写真だけ撮って帰ることに。

船 豪華客船船体

ただ、『ダイアモンド・プリンセス』と言う名だけあって、さすがの豪華さ(遠くてよく見えんが)、確かなデカさ

ここから撮っても、船体がギリ入るか入らないか、なのです。

想像以上の大迫力だった(近くに寄れないのが、余計に残念無念)。

 

 

船 喫茶店で、ここはと言うと『喫茶店』。

帰る途中見つけたのだが、デカくて、比較的新しい。

傷心をいやすため、コーヒー飲みに入った。

住宅街の人気店なのか、人の出入りが結構ある(写真撮るのに車の出入りを待ってくれたご家族。おいちゃんが頭下げたら、笑って手を振ってくれた。優しいね、アリガトー)。

外見は、とても『モダン』な造り(おいちゃん、気持ち入りづらい)。

 

船 喫茶店店内中に入ると、当然中も『オシャレ』(『和モダン』っつーのかな?)。

ここは新しい店なので、ちゃんと『分煙』されていた。

11時半ごろ着いたので、『モーニング』はもうやってない。

おいちゃんたち『おなかペッコリー』だったので、何か注文を・・・と思ったけど、最近あまり食べられない。

なので、『サンドイッチ』と『ぱへ』を2人で半分コ。

ぱへの大きさが分からなかったので、店員の御嬢さんに「これくらい?」と空に『ポリバケツ』ぐらいを描いたら(もちろん冗談で)、御嬢さんあわてて「そ、そ、そんなに大きくありません」と言いキョロキョロしだした。

どうも、同サイズの何かを探しているらしい。

だが、お年寄りの多い店内。

ぱへを頼んでいる人はなく、しかたなくテーブル上に「これくらいです」と、ちょっと大きめのコップを描いた。

丁重に礼を言い、注文した(いや、かわいらしい御嬢さんだ)。

 

注文の品を待っていると、店員の男性(店長?)と、よく目が合う。

もしかしておいちゃん挙動不審?(店内を観察してたから)

それとも、御嬢さんをからかったので、不審者と思われた?

もう、じっとしておこう。

 

船 喫茶店食事しばらくしてやってきたコーヒーは、酸味が少なく、とてもコクがある美味いコーヒーだった。

もうおいちゃん、ちゃんと飲めるよ、コーヒー。

サンドイッチは、とってもボリューミー

ハムとタマゴとチキンと野菜が入ったサンドを頼んだが、口からあふれるあふれる。

色々入ってる割には、味のバランスがよく、とても美味かった。

ぱへは基本、どこで食べても量とトッピングが違うだけ(じゃないとこも?)で、大体同じ味。

だが、美味い。

おいちゃん、ソフトクリーム部が食べれればよいので、あとは副隊長。

どちらも満足で、傷心を癒せたよ。

 

 

 

 

しかし、船は残念だった。

出来れば、もう少し近くで見たかった。

ただ、おいちゃんは知っている、『船内見学ツアー(有料。事前申し込み)』があったことを。

結局、かー! ちくしょーー!・・・・・はぁはぁ・・・(負け犬の遠吠え)。

でもまぁ、一応見れたし、いい喫茶店に入ったので、良しとするか。

 

 

 

 

 

船旅は『男の浪漫』(女性も?)。

浪漫には金がかかるな~~(見学さえも・・・)。

とほ~・・・。

 

あっ、また『リニア・鉄道館』見つけるの忘れた。

▲ このページの先頭にもどる