ぱんのつぶやき~店長ブログ

パン食い狂想曲 第4番13+α

ちょいと「ドゥルルン」と、『パン屋』に行ってきた。

 

パンとケーキ パン屋ココは、『中川区』にあるパン屋。

何度か来たことがあるが再び。

表通りから、少し中に入ったところにあるので、分かりづらい場所にある。

最初見つけた時も、別の用事で偶然見つけた

造りがきれいで新しく、いかにもなパン屋の外観。

 

パンとケーキ パン屋店内パンの種類もまぁまぁ。

割と『デニッシュ』のパンが多いかな。

店の奥には『イートイン』スペースがあり、何人かのお客さんが入っていた。

 

おいちゃんたちがパンをチョイスし、レジに持って行くと、レジ横に『小物入れ』や『財布』等が陳列。

聞くと『もの作りが趣味のスタッフ』が作ったものを販売してるそうだ(上手)。

 

お金を払って帰ろうとすると、店員さんが「300円超えたので、飲み物のサービスがあります」とのこと。

300円超えで、飲み物サービス』は、なかなかいいサービス(めったにない)。

飲んでいきたいのはやまやまだったが、その日、病院へ行ったため時間が遅く(病院って時間かかるよね)、その後もまだ予定があったので、丁重にお断りをした(残念)。

 

パンとケーキ ケーキ屋そして、『その後の予定』の場所へ。

ここも『中川区』、そしてここは『ケーキ屋』。

ずいぶん昔から営業してる(たしか、おいちゃんが学生のころからあった気が・・・)。

デカい通りにあるので何度も目にしていたのだが、1度も寄ったことがなかったので、副隊長が「どうしても」と。

 

中の雰囲気も『昔ながら』な感じ。

老年の男性が店番をしていた(パティシエ?)。

男性はおいちゃんたちが着くなり、「暑かったでしょう」と『ゼリー』の試食をサービス

接客上手な男性と、雑談をしながらケーキを選ぶ。

ケーキを見ると、手書きのポップに、かわいらしいネーミング

聞くとそれらは、男性の『奥さん』が、考えて作っているらしい。

ビバ!夫婦愛。

そんな風に、年食っていきたいね。

 

 

今回買ったパンとケーキはコレ。

パンとケーキ パンパンは、どれも『ズッシリ』重い。

食べるとどれも、中身が『ギッシリ』(左下のさつま芋のフランスパンの『さつま芋』の量ったら・・・)。

でも、味がそんなに濃くつけてないので、クドくはなく食べやすい。

が、2個も食ったら、腹いっぱいになってしまった(残ったパンは翌日食べました)。

パンとケーキ ケーキケーキの方も、サイズの割に重い

甘いもの苦手なおいちゃんは、最後の辺、苦しくなってた。

写真左上のゼリーが、試食させてくれた『炭酸のゼリー』。

「シュワッ」としたゼリーは不思議な感じ(もちろん美味かった)。

 

 

 

最近、話してて楽しい店(接客上手)によく当たる。

今回、2か所ともそうだった。

とてもラッキーだ。

次行く所(パン屋に限らず)も、そうだといいなぁ。

 

 

 

 

 

おいちゃん、見た目がちょい・・・ほんのちょい怖いから(『副隊長はそうではない』・・・・・と副隊長が書けと)、難しいかもしれんけど・・・。

▲ このページの先頭にもどる