ぱんのつぶやき~店長ブログ

♪北~の~~ 鯖江通りには~~♪ その1

1年ぶりに『福井』に行ってきた。

 

車を走らせて、いつもの休憩場所『賤ヶ岳【しずがたけ】SA』へ。

福井 賤ヶ岳すると何か微妙に違う。

前来たのが1年前なので、はっきりしないが、どうも店内が改装されているようだ。

えらくすっきりと見やすく、オシャレになっている。

店内をぐるっと見渡していると、あるものを発見。

それはコレ。

福井 賤ヶ岳パン滋賀名物(?)、つるやの『サラダパン』。

上りの賤ヶ岳SAで1度見て(買って)以来、下りの賤ヶ岳SAで見たのは初めて。

「これは速攻買わんと」と思い、写真を撮っていると、周りにいたオッチャン達が「なにこれ? 有名なの?」と、一斉に買いだした

やばいよやばいよ、おいちゃんたちの分、確保しないと(ちゃんと買えた。そんでもって美味かった)。

 

さらに車を走らせて、普段は止まらない『北鯖江【きたさばえ】PA』へ(もう次が福井市だからね)。

実はここが1つ目の目的地

写真の『B級グルメストリート』の右端、『サバエドッグ』が食べたかったから(たまたまネットで見つけた)。

福井 北鯖江 福井 北鯖江B級グルメ

ちなみに『サバエドッグ』とは、福井名物の『ソースかつ丼(福井では単に『かつ丼』と言う)』を串カツのように棒状にしたもの

注文してから作るということで、7分程度かかるということ。

店内をぐるっとしてる間に、出来上がった。

福井 北鯖江サバエドッグ出来立てのサバエドッグは、ソースのいい匂い

アツアツのサバエドッグにかぶりつくと、中にはちゃんと肉に巻かれた『ご飯』が。

美味い!!

甘辛酸っぱい独特のソースが、いい味出してる。

しかも『』で食べやすい。

いやこれ、もっと宣伝しないと

もったいないよ、こんなに美味いのに。

「次も必ず買う!」と誓う、おいちゃんたちであった。

 

到着した福井で、妙な建物発見。

グリフィス記念館』(写真左)と、その隣にあるなんか『蜂の巣もしくは箱がいっぱいくっついた家』(写真右)みたいな建物。

どちらも前来た時はなかった。

福井 グリフィス記念館 福井 蜂の巣

『グリフィス記念館』は、どうも『グリフィス』という人が、福井にゆかりのある人らしい(興味のある人は調べてね)。

入館無料で、グリフィス氏に関する資料や映像が見れるということだ。

もう1つの『蜂の巣?』の方は、なにかの店(食材?)らしい。

どちらも気持ち入りづらかったので、外から眺めるだけにしといた(即戦力なさそうだし)。

 

福井 秋吉お待ちかねのメシは、以前も行った『やきとりの名門 秋吉』。

さて、あの美味さは健在だろうか? いささか不安だ。

久しぶりに行くと、味が変わってる店とかあるからね(今だと、物価高+消費税upで値段を上げずに、質を落とす場合があるから)。

開店直後なので、比較的すいてる(それでも3分の1くらいはうまってる)。

とりあえず、焼き鳥(豚&牛も)を一通り注文

ホルモン系は除く(隊員Rが好きじゃない)。

福井 秋吉焼き鳥あっという間に、この写真の倍くらいがやってきた(置くとこねー)。

前にも書いたが、焼き鳥の乗る『銀色のプレート』があったかいので冷めない。

3人で(おいちゃんだけ?)、むさぼるように食う。

うむ、美味さ健在で何より!

タレもそうなのだが、『』が美味い。

臭みなど全くなし(鶏、豚、牛それぞれに特有の臭みがあるのだが、それが適切に処理されてない店は多々ある)。

牛肉があまり好きでない副隊長もバクバク。

腹いっぱい堪能した。

 

帰り際(店ほぼ満席)レジで、美味かったこと、久しぶりに名古屋から来たことを伝えると、気さくな兄さん(店長?もしくはちょっとえらいさん)は、礼と共に名古屋(調べたら3店舗)にも店があること、今池店に『おもろい店員』がいることなどを教えてくれた。

今度行ってみるか。

 

                             ・・・つづく

▲ このページの先頭にもどる