ぱんのつぶやき~店長ブログ

やっと知多

ちょっくら「ドゥルルン」と、『知多』に行ってきた。

 

前回、道路の混みように断念したため、そのリベンジ。

今回は連休じゃないため、道路はスイスイ。

快適に『知多半島道路』を飛ばしてたら、阿久比らへん?ぐらいから、なにやら『ぷ~ん』と。

あたりを見回すと、どうやら牛舎や鶏小屋から『フン』のにおいが!

ぐわ゛~」っと叫びながらも肉好きのおいちゃんたちは、このにおいの中、頑張って働く酪農家の人たちに感謝しつつ走゛っだ。

 

『美浜インター』で降り、海沿いの道を走る

潮の香りと、ほほを切る風が心地よい。

海だー!!」と叫びながら(心の中で)、血沸き肉踊り始める。

 

すると突然・・・「ぐぅ~」っとおなかが。

時間的にはちょっと早いが(おいちゃん的にはちょうどいい)、昼飯にすべく店を探す。

いくつかの店を通り過ぎた時、あの有名な『まるは食堂』が見えた。

昔、何度か入り、味も良かったためスピードを落としたが、12時前にもかかわらず駐車場は満車

そのままスピードを上げ、通り過ぎた(おいちゃん並ぶのキライ)。

 

しばらく走り、『師崎』の近くに来た時、一軒の良さげな店が。

一見すると「やってんの?」と思ったが、営業中の看板。

駐車場も空きがあったため、ここで食事をすることに。

 

知多 いけす中に入ると、客席とその隣に『いけす』がどーん。

いけすには、ハマチやヒラメ、アジやタイなどの魚類、サザエやアワビ、大あさりやミル貝、クルマエビや伊勢えび、ガザミなどの介類がわんさか。

再び血沸き肉踊り、子供のようにいけすに食らいつき、しばし見入った。

 

腹が減ったのを思い出したので、注文をすることに。

メニューを見ると、いくつかある定食の中に、非常に安い定食群がある。

観光地の魚介類を扱った定食で、こんなに安い定食は初めて見る。

そこから、おいちゃんは『大あさり定食』、副隊長は『ことぶ喜定食』を注文。

注文を受けると店員のおねいさんは、いけすから獲物を物色。

そして、しばらくしてやってきた2品は、その値段にしたら十分な量だった(お子様ランチぐらいの量じゃね?とか思ってゴメンナサイ)。

 

知多 大あさり定食大あさり定食の『大あさり』は、少々小ぶりではあるものの、3種類の調理がしてあった。

1つ目は、焼いて醤油で味付けしたもので、定番の味ながらも、大あさりの食感と醤油の香ばしさが絶妙。

2つ目は、焼いて塩バター(たぶん)で味付けしたもので、あっさりとした塩味の中、大あさりのうまみがより感じられる。

3つ目は、フライで、ふんわりと揚がった身はやわらかく、より甘みが増した逸品。

どれもとても、美味かった(おいちゃんはフライがスキ)。

 

知多 ことぶ喜定食ことぶ喜定食は、『さしみ』と『魚フライ』の定食。

魚フライ(アジ?)は、肉厚なのに、ふんわりおいしい。

さしみは、ハマチ、タイ、ヒラメ?で、それぞれの味と食感がグッド。

おいちゃん、魚介類好きなんだけど生臭いのがダメで、あまり食べられないんだけど、全然生臭くなくて、とても美味かった(よかった~、おいちゃんにも、まだ食べられる魚介があった)。

副隊長は、付け合せの『魚の入った酢の物』がおいしいって。

いやはや、『大満足』でした(また来よう)。

 

知多 フェリー乗り場その後は、師崎の『フェリー乗り場』。

ちょうど船が着いたらしく、人がわらわらと出てきた。

ここでは以前にも買った、『日間賀島のジャコ』と知多半島名物『ふところ餅』を購入。

ふところ餅は、ぷにぷにもちもちで美味かった。

ジャコは、朝、納豆に混ぜて食べてます(やってごらん、おいしいよ)。

 

フェリー乗り場の方に移動すると、船はいなかった。

しばらく海を眺めてると、1匹の『ネコ』が、おいちゃんたちを見つけて、こっちにやってくる。

知多 ネコ人に慣れているらしく、副隊長の目の前で、寝転がり始めた

そしてこちらを「チラっ、チラっ」っと見る。

どうやら、かまってほしいらしい(わからんけどね)。

おいちゃんたち、ネコ、別に好きじゃないので(ネコ好きの人、スマン)、丁重にお断りして、その場を離れた。

 

残念なことが1つ。

フェリー乗り場の近くに、『師崎漁港朝市』なるものがあり、行ったのだが、やってない。

なんでじゃ~!」と叫びつつ(心の中で)、近くに寄ってみると、もう終わってしまったらしい(12時までだって)。

そりゃそうか、『朝市』だもんな。

しょぼ~ん・・・。

 

帰りに、『大府パーキング』に寄った。

新しいのか、比較的きれい。

休憩がてら、ナビを取り外し、設定(ナビ使ってみた!)をしようと思ったら、「GPSを受信できませんでした」と言われた。

「外でやってるのに、どうして?」と、何回かやってみても同じ。

知多 大府「なんだこれ、壊れとる!」と思ったが、どうやら『屋根の下』では、できんらしい。

でも、外のテントの下なんだよ?(橙色のとこ)

テントから、ちょっとずれたらできた(こういうもん?)。

腑に落ちんが、壊れてはなかったので、まいいか。

 

その後、違う道走ったらナビのヤツ、あわてて検索し直しとった(ぷぷっ、あわてとるあわてとる)。

ちょっと仕返し。

 

知多 日間賀島

 

 

久々の知多。

やっぱ、海はいいね。

また、行くぞー!

 

 

 

・・・人と車の少ないときに。

▲ このページの先頭にもどる