ぱんのつぶやき~店長ブログ

小小京都?

ちょっくら「ドゥルルン」と、『有松』に行ってきた。

有松はその雰囲気から、行きたいと思っていた場所。

 

着く直前、「ホントに、そんなトコにあんの?」というところで、有松発見。

危うく、通り過ぎるところだった(ナビはあるけど、まだ使ったことないんだ)。

 

有松到着した有松は、思ったよりも人が少なく、親子連れがパラパラといるぐらい(土曜の昼ごろ)。

そして、どの子どもも手に『絞りの布(ハンカチ?)』を持って、ぐるぐる回してる(乾燥させてる? それとも遊んでるだけ?)。

どこかに、『有松絞』の体験教室があるらしい。

 

若干さみしい通りを歩きながら思ったのは、雰囲気はいい、下半分は。

ただ、上半分は町中(まちなか)にあるせいか、近代的なビルがちらほら。

店がいくつかあるのだが、家の造りから、やってるのかやってないのか、わかりづらい。

しかも、店か一般の家か、わかりづらい。

見た目は全然違うのに、なんだか最近の商店街のような感じがして、ちょっと残念だった(日祝だったら、もっと活気があったのかな?)。

 

有松パン屋

 

そうそう、パン屋があったので、パン買った。

石窯で焼いたというそのパンは、外かっちり、中もっちりの、おいしいパンだった。

 

 

次に行くときは、人の往来がたくさんある街になってるよ。

雰囲気のある、いい街だもんね(おいちゃん的には、混雑したところは、あまり好きじゃないけど)。

 

 

もひとつそうそう、『味噌カツ』、うまかった。

▲ このページの先頭にもどる