ぱんのつぶやき~店長ブログ

祓いたまえ

前に書いた『物が壊れる』のつづき。

 

あんまりにも立て続けに物が壊れる + おいちゃんの体調も、ちょっとよろしくないので、『お祓い(おはらい)』に行くことに。

熱田神宮場所は『熱田神宮』。

どのお祓いをしようかと見ていたら、おいちゃん『年廻り』という『九年に一度巡る運気停滞の年』というものにあたる年だった。

厄年は知ってたけど(みんな知ってるよね?)、年廻りというものは知らんかった(みんな知らんよね?)。

 

そして、年廻りのご祈祷(きとう)を。

それが『神楽殿』というところで祈祷したのだけれど(中は結構広い)、すごい数の人(他の祈祷も一緒だから?)。

もうちょっと少人数で行うものだと思ってたから、正直ビックリ。

しかも、おいちゃんたちの前の祈祷も、後の祈祷も同じぐらいの人数が。

「今日なんかあったっけ?」と考えたが、何もない普通の土曜日だった(天気は良かったけどね)。

さすがは『熱田神宮』。

 

お祓いをしたことはほとんどない(覚えてないだけ?)ので、ご利益(?)があるかないかはわからないけど、なんとなく気分はスッキリ。

お札は部屋の東向きの場所にお祀りしました。

これでバッチリ

 

 

 

お札以外の『おさがり』のなかに、『お神酒』があったので、後日、いただいた。

久々に飲んだ日本酒は・・・ぐぬぬ・・・ちょっとキツかった(おいちゃんアルコール苦手)。

▲ このページの先頭にもどる