ぱんのつぶやき~店長ブログ

伊勢参拝三昧? その3

「これはイカン! あったかいものを食わんと!」、ということで、あったかいもの目指してGO!

 

そしてあらわれたのが、伝説の『松坂牛』!!・・・の串焼き。

これはさっそく・・・と思ったのだが、さすが松坂牛、結構いい値段してるんだこれが。

串焼き1本に、この値段(ちゃんとした定食、食えるよ)。

う~ん、どうしたもんかと副隊長と相談の結果、今回は特別ということで、いただくことに。

松坂牛しばらく待って、焼きあがってきたそれは、馥郁【ふくいく】たる香りを放ち、ぺかーと輝く(脂で)その姿は、神々しさすら感じた。

味はというと・・・ああっ、今思い出しても、よだれが出てくるぐらいのおいしさだった(細かい表現は無粋ってもんだよ)。

さすが松坂牛!(味も値段も)

ただ、庶民派(中の下)の我々には、ちょっと痛い買い物だった。

まぁ、身体は少し、あったまったけどね。

 

次行ってみよう。

・・・それにしても人が多い。

以前来たときは、こんなに人いなかったのになぁ。

だけど、活気があるのは、いいことだよね。

なんだか、気分が高揚してくる。

うなぎ串人をかき分け(実際にかき分けてはいない)見えてきたのは、今度も串焼き。

それは『つくね』と『うなぎ』。

鶏肉好きのおいちゃん(鶏肉だけじゃないけど)は、なぜ伊勢でつくね?などと考えずに購入(うなぎも)。

焼けてくるまでの、ほんの少しの時間が待ち遠しい。

つくね

 

やってきたつくねとうなぎは甘辛いタレがかかり、口に入れると香ばしく、うなぎは『ほろほろ』とくずれ、つくねは歯応えのしっかりした、とてもおいしいものだった。

そして、食べ終わる頃には身体も、ずいぶんとあったまってきた。

 

 

伊勢満シメは、ここにくると必ずよるところ。

それは酒屋。

ここの『甘酒』が、めっぽう美味い(おいちゃん的には№1)。

甘いんだけど、しつこくなく、酒の芳醇【ほうじゅん】な香り。

甘酒には『ショウガ』を入れることもあるんだけど、おいちゃんは入れない派(ショウガは好きなんだけど。ジンジャーエールとか豚の生姜焼きとか。あっ、豚の生姜焼きいいよね。この間も食べたんだけど、ご飯何杯でもいけるよ。おいちゃん生姜焼きは、あんまり甘くないほうがす・・・)。

甘酒・・・ショウガを入れない方が、甘酒本来の味が楽しめるから。

今回も店の人に、「ショウガを入れてもおいしいよ」と言われたが、丁重にお断りをして、素で飲んだ。

美味かった~(ちゃんと土産も買ったよ。飲むのが楽しみ~)。

そして、身体は『ぽっかぽか』。

                        ・・・まだまだ、つづく

▲ このページの先頭にもどる