ぱんのつぶやき~店長ブログ

美し国伊勢 その2

翌日我々が向かったのは、かの有名な『伊勢神宮』。前日は雪のちらつく日で、当日も結構寒い日。その日はまだ年末で、年はあけていないのに、すごい人の数。宇治橋を渡り、人の流れにそって進むと、樹齢数百年たった木々たちがあらわれ、ゆるい上り坂が続く坂道。だんだん神聖な気持ちになりながら歩いていく・・・歩いていく・・・歩いていく? なかなか『正宮』(お参りする所)に着かない。途中『神楽殿』が見えた時に、やっと着いた?と思ったが、まだ半分ぐらいしか歩いてないことが判明。これも『天照大御神』に会うための試練か(試練というほど大げさなものじゃない)とか思いつつ、もうひと踏ん張り。やっと着いた正宮は光り輝いて見えた・・・気がした。しかし、体力ない方や足の悪い方、お年寄りは覚悟した方がいいですよ。・・・こんなに距離あったっけな(以前来たときはかれこれ、30年近く前なので、すっかり記憶の彼方)。そして正宮で一年の感謝と今後の家族の健康を祈り、帰り道へ。帰りはゆるい下り坂で、ショートカットもあり楽に帰ることができたので、安堵とすがすがしい気持ちで伊勢神宮を後にしました。

その3につづく

▲ このページの先頭にもどる