ぱんのつぶやき~店長ブログ

懐かしき知多 その3

いい匂いにつられていくと、そこは最初に着いたフェリー乗り場。その横にオープンカフェチック?な魚介類を食べさせてくれるお店があり、店頭で『大あさり』を焼いていた。その光景に鼻と目と耳をやられた我々は、ふらふらと店内へ。そして届いた『大あさり』と『タコ飯』のおいしさは、まさに筆舌に尽くし難し!(手抜きじゃありませんよ)。満足満足でした。ただ残念だったのは、以前来た時よりも、お店の数が減っていたこと。なんだか身につまされる感じで、少し物悲しくなりました。

帰り道、『豊浜魚ひろば』によると、そこは結構な活気。海産物がより取り見取りで、テンションアップ! まずは1周してよ~く吟味。そして、いざっ!・・・あれっ?吟味した割には、ちょっと買いすぎてしまった我々でした。

久しぶりの知多。お店等、少しさみしくなっていましたが(もうちょっと活気が戻るとうれしいな)、美味しくもあり、懐かしくもあり、非常に有意義な1日でした。おしまい。

▲ このページの先頭にもどる