ぱんのつぶやき~店長ブログ

懐かしき知多 その2

歩いていくとそこには、神社がありました。結構長い階段を上り(足えらっ!)、着いた『羽豆神社』は趣のある神社でしたが、かなり新しい絵馬がたくさん奉納してあり(恋愛系が多い)、我々が来たときには一組の夫婦しかいませんでしたが、割と訪れる人の多い(しかも若い人)神社なのだということがわかりました。その神社は『明神山』という小高い山の頂にあるので、非常に見晴らしが良いのです(写真は境内から)。

また脇道があり、神社に上った方とは反対側に下りる形になっていて(横に細長い山なのでまあまあ歩く)、途中には展望台(残念ながら老朽化のため?立ち入り禁止)があり、そこかしこに絶滅危惧種等に指定されている『ウバメガシ』が生えていた。山を下りたところで昼を過ぎていたことを思い出し、急におなかがすいてきた。そこにどこからかいい匂い。その匂いにつられていくと・・・その3に続く。

▲ このページの先頭にもどる