ぱんのつぶやき~店長ブログ2019年6月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

植木処は菓子処

ちょっくら「ドゥルルン」と、『和菓子屋』に行ってきた。

 

 

といっても、和菓子屋に行こうと思って行ったわけじゃない。

この日は超イイ天気

いつもだったら、目的地を決めてソコに向かうんだが、なんだか今日は走りたい気分(♪さ~すら~お~おぉ~・・・♪)。

気ままに尾張西部を走ることに。⊿◎〓〓◎”≡ブォンブォン

 

名古屋市を抜け海部郡に。

いつもの道をいつものように走る。

海部郡を抜け津島市に。

道はとても快適だ。

信号で止まることもほぼない(信号の間隔も長い)。

津島市を抜けあま市に。

だんだん風光明媚になってきた。

あま市を抜け稲沢市に。

のどかでイイねぇ~。

もうこのまま次の一宮市まで行っちゃうか?

 

 

すると、副隊長が何か見つけたらしい。

デッカい看板に『祖父江 善光寺』と書いてある

善光寺ってあの長野県にある善光寺と同じもの?別院?同姓(善)同名(光寺)?

ちょっと気になるが、まぁそれなら「ふ~ん、そうなんだ」で終わるとこ。

だが、その看板にはもう一言『極楽かいだんめぐり』と。

このワードは、おいちゃんも知ってる。

皆さんもTVで見たことがあるかもしれないが、『仏様の地下の真っ暗闇の通路を手探りで進み、鍵を触ると御利益がある』というもの。

コレは面白い!(失礼?)ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ

急遽、目的地に決定。

 

長野県の善光寺には1度行ったことがあるが、ずいぶん昔のことなので、ほとんど何も覚えてない。

覚えてるのは、休憩しようと喫茶店を探したが見つからず、往生こいたこと。

散々探してもなく(余計疲れた)、仕方なくうどん屋に入った記憶が(腹減ってないけどカツ丼食った)。( ̄┓ ̄)ゲフッ

 

 

のどかでまっすぐな道を走る(スピードの出し過ぎに注意しましょう)。

しばらく走ると、ポツンと和菓子屋が。

周りには何もない。

「こんなトコで営業してて、儲かるんかな?」

などと副隊長と話をする。

そしてまたしばらく走ると、急に渋滞がっ!Σ( ̄ロ ̄lll)

遠くに信号が見えるが、そのせいだろうか?

ほとんど進まなくなってしまった。

う~む、コレはどうしよう?

正直、行くのが、めんどくなってきた(渋滞キライ)。( ´△`)アァ~

副隊長も同じ様子。

なのでまた予定変更、さっきの和菓子屋へGO!(かいだんめぐり期待してた人スマヌ)

 

 

Uターンして着いた和菓子屋。

愛車を駐車し、道路を見てみると、のどかな場所なのに意外と交通量は多い

信号がなく快適に走るため気づかなかったが(みんなー、ソッチ渋滞だよ~)。

しかし、この店に来るには車が必須だな。

周りは田んぼや畑ばかりで、1番近い家でもかなり離れている。

 

車が止まっているので先客がいるようだ。

中に入ると、何人かの客(客来るんだ(失礼!))。

店内は『和菓子屋』って感じ(それ以上の説明が・・・( ̄∇ ̄;))。

  

商品は定番モノから、見たことのないものまで。

おぉぅ・・・迷うなー・・・。

 

その間にも客が入れ替わりやってくる。

もしかして、知る人ぞ知る名店なのか?(「客来るのか?」とか思ってスイマセン 人( ̄ω ̄;))

おっと、そんなことより選ばないと。

定番モノは他でも食べれるので置いといて、ちょっと変わり種を。

この辺がそうみたいだな。

ん?豆腐?豆腐を模してあるのか。

  

そしてコッチにも色々。

 

豆腐は説明と、大体のイメージで味が分かる。

しかし、コッチの『植木どころ』とか『あぜみち』等はどういうモノなんだろう?(゚▽゚?)

店員のおねいさんに聞いてみようか?

と正面を見てみると、ショーケースの中に説明書きが。

+おねいさんもソレに気づいて説明してくれた。

 

まず『植木どころ』。

コレは稲沢市が植木の産地で、ソレにちなみ名付けたそうだ。

粒餡、栗餡があり、パイ生地で包んである。

バターが効いた和洋折衷の味は、なかなか美味かった(家で食ったよ)。

あぜみち』は、焼いた皮にひびが入ることから、ソレをあぜ道に見立てたと(「稲沢は田舎だから」と。決しておいちゃんが言ったわけじゃないよ?ヾ(;´▽`A“)。

黄身餡の濃厚さをシナモンが引き締めてる感じ。

くろ松』は、稲沢市の木が黒松ということらしい。

黒胡麻の風味が香ばしい和菓子だった。

 

おねいさん、ありがとう。v(゚∇^*)/^☆

地元愛あふれる説明と菓子だったよ。

 

 

説明してもらった菓子といくつかを選びレジへ。

結構な量買ってしまったが、何日かに分ければ大丈夫だろう。

おねいさんに礼を言い、店を出る。

客は、まだ入ってくるようだ。

 

 

元来た道を戻る。

やはり快適だ(スピードの出し過ぎに・・・)。

そして、おねいさんが言ってたことを確認してみる。

すると、さっきまで畑や雑木林だと思っていたところは、かなりの確率で植木が植えられている。w(゚o゚)w オオー!

腰から胸ぐらいの高さの木が整然と(なので雑木林とは全然違う)。

行きに風景は見てたけど、まったく気がつかなかった。

和菓子屋のおねいさんとの会話で、新たな発見が出来たおいちゃんたちだった。

おいちゃんたちは賢さがUPした。(゚▽゚*)!

 

 

 

買ったお土産たち。

3つはもう紹介したので、後2つ。

なんじゃ餅』『もんじゃ餅』は『ゆべし』のよう。

1つは『ゴマ』で、1つは『クルミ』。

ちょっと甘めだがどっちもイイ風味で、もちもちの食感が面白い。

  

そして気になる『一色とうふ』。

封を開けると見た目は豆腐に似ている(容器まで)。

食感はとてもふわふわだ。

優しい甘さでとても食べやすい(抹茶は爽やか)。

豆乳が使ってあるそうだが、おいちゃんソコまでは・・・。( ̄∇ ̄;)

 

 

 

『かいだんめぐり』は出来なかったが、イイ店に出会えた。

おいちゃん、和菓子はあまり得意ではないが、どれも美味しくいただけた。

接客も良かったしね。(゚∇^d)

 

今日は天気が良かったから。

ただ走ったから。

ソッチに走ったから。

副隊長が看板を見つけたから。

たまには、目的地を決めずに出かけるのもイイもんだ。

 

 

 

 

ただ、ちょっと買いすぎたかな~?

しばらく、ご飯控えて運動しないと。

「ふわふわだからカロリーゼロ!」ってワケじゃないから・・・。(;´Д`A “`

 

なにぃ?ないだとぅ?・・・(T△T)

ちょいと「ドゥルルン」と、『うなぎ屋』の冒険に行ってきた。

 

今回は、めずらしく東へ。

町中は走ってて面白くないからあまり走りたくないが、目的地がソッチにあるので。

案の定、信号でよく止まる。゛(`ヘ´#) ムッキー

たいした距離じゃないのに、時間ばかりかかる。

 

 

そんな思いをしてまで来たかったのはココ。

といっても、前も来たうなぎ屋(久々になってしまったが)。

この店は、もちろんウナギも美味いが、何より接客がとてもイイ

おいちゃんたち、いろんな店に行ったが、その中でもトップクラスだ。

でも接客は、店・・・というか店員によって変わる。

同じ店でも、店員が違うだけで雲泥の差がある。

なので来るたび、ちょっとドキドキなのだが・・・。o(;-_-;)oドキドキ

 

中に入り、席に案内される。

その丁寧なこと。

やっぱり、接客は良かった。C=(^◇^ ; ホッ

そして2人席なんだが、他の店より広くとってあり、パーティションで仕切られているため、まるで個室のようだ。

ただ写真を見てもらえれば分かるように、『すだれ』になってるため、閉塞感はない。

  

よほどジックリ見ない限りは、隣の席の客の顔は見えない(もちろん話し声は筒抜けだが)。

コレもこの店のイイ所の1つ。

 

 

注文の品を待つ間は、いつもの雑談。

内容は・・・・・コレがまったく。

この店のこと、日常のことなど思いつくままに。

 

などと話をしてる間に、注文の品がやってきた。

まずは『うざく』。

酢の物とウナギを和えたモノだが、ココのはウナギが酢の物の上に乗ってるので、ウナギのパリパリの食感が楽しめる。

しみしみも美味いが、パリパリも美味いなぁ。

でもなぜ酢の物とウナギを合わせようと思ったんだろう?

最初に考えた人はクリエイティブだ。(o^-‘)b グッ!

 

そしてメインの『うな丼』と『白焼き』。

うな丼(ココでは『おひつ丼』という)は、もう説明する必要もない味でしょ?

外パリパリで、中ふわふわなヤツですよ。

タレがそんなに濃くないので、おいちゃんたちにピッタリ。

ただ濃くない分、スイスイいけてしまうので、あっという間になくなってしまう。

白焼きはソレ自体には味付けはしてなく、醤油とワサビショウガが付いている(1粒で2度美味しい)。

白焼きは、ウナギが美味くないと食えたモンじゃないが、ココのは問題なく美味い。

まずはワサビ醤油から食ってみるが、ちょっと驚いた。ヽ(*’0’*)ツ

コレがウナギの刺身みたいな風味がする(ウナギの刺身は食ったことないが)。

なかなか面白い。

ショウガ醤油は定番だが、爽やかで美味い(おいちゃんはコッチだな)。

ご飯、何杯でもいける感じだ。(*゚▽゚)_▽~~

 

 

ただ、ココで1つ、残念なことが。

実は前も食べた、ウナギの乗った寿司、コレが売り切れでなかったこと。

副隊長なんかは、コレが目当てできたもんだから、超ガックシ!Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

なので、デザートでご機嫌を取ることに(そーじゃなくても食ってたと思うが)。

 

デザートは『くずきり』と『抹茶ときなこの白玉』。

くずきりは甘さ控えめで爽やか。

この、むにむにつるつるした食感が楽しいね。

  

白玉の歯応えもイイ。

甘いきなこと、少し苦みのある抹茶。

交互に食べると永遠にイケる・・・・・らしい(副隊長談)。≠( ̄-( ̄)モグモグモグ

 

 

帰りにお土産を買う。

たくさんあるので迷うとこだが、1番手前にある目を引いた『くるみもち』『きなこもち』を買う。

  

おいちゃんには少し甘めだが、どちらも美味かった。

でもおいちゃん的には、『くるみきなこもち』が欲しいところだ(贅沢?)。

 

会計に行くと、注文を取りに来てくれたおねいさんがいた。

するとおねいさん、「わざわざ来ていただいたのに、ご注文の品がなくて申し訳ありませんでした」と。

いろんな店に行ったが、こんなことを言われたのは初めてだ。

しかも業務的ではない言い方で。

「いいよいいよ、また来るから」と答えて店を後にした。

おいちゃんたちは、とても感動した。d(>_< )

 

 

 

今回も、ウナギ、接客とともに、とてもイイ感じだった。

特に接客は、他の店とは格段に違うクオリティーだ。

その中でも2人、先ほどのおねいさんと、料理を持ってきてくれたお嬢さん。

この2人の接客は、暖かみのある最高の接客だった。

ほっこり癒やされる時間をありがとう。

コレは寿司を食いに、また行かなイカンなぁ。

 

 

 

 

ちなみに、ウナギのサイズが小さいのは、おいちゃんたちの稼ぎだとコレが限界だから(悲しい現実)。(ノ_-。)

いつかデッカいのを食ってやる!ヾ(。`Д´。)ノ

 

逃げるが勝ち

仕事の帰り道、『子猫』を発見した。

 

最初は母ネコのそばにいたが、おいちゃんたちがそばを通ると、子猫だけが一目散に逃げ出した

母ネコは、その場で警戒しながらこちらを見てる。

子猫はというと、隠れ家?みたいなところに入っていった。

そしてソコから「ひょこ、ひょこ」と頭を出してコッチを見る。

  

そして他の子猫に邪魔される。o(〃^▽^〃)oアハハッ♪

  

かわいらしい動きだが、本人(本猫)たちは必死なんだろう。

母ネコが「何かあったら、ココに逃げなさい!」と教えたんだろうか。

 

野良猫とはいえ、野生?の動物の生きる姿を見て、ちょっと感動。o(^・x・^)o ミャァ♪

 

『ネッツトヨタ』ありがとうございました

ネッツトヨタ名古屋港・名四店さんでのパン販売、終了しました。

パンを買いに来てくださいました皆様、誠にありがとうございました。

『ネッツトヨタ』でパン販売!

『ネッツトヨタ名古屋港・名四店』さんで、パンを販売します。

『わんわんフェスタ2019』という、犬に関係した催し物のなかでの販売となります。

 

日時・・・6月9日(日) 10:00~16:00(パンは売り切れ次第終了です)

場所・・・ネッツトヨタ名古屋港・名四店(名古屋市港区築盛町45)

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

▲ このページの先頭にもどる