ぱんのつぶやき~店長ブログ2019年5月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

絵にも描けない美しさ その5

今回メインの『イルカ島(日向島)』。

イルカやアシカのショーなどが楽しめる、パラダイス。

なんと今年で『60周年』だそうだ。オメデトー(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

古くからあると思ってたが、ソコまでとは。

 

入口には『イルカに乗った少年』の像。

そして、すぐソコに、もうイルカの姿が(早くね?メイン見せちゃうの早くね?)。

水槽の中を、縦横無尽に泳ぎ回る。

元気ええな~、おかげで写真がブレて困る~。(;´∀`)

  

すると、もういきなり、イルカのショーが始まるという(船の到着に合わせてる?)。

船を1番最後に降りてきたおいちゃんたちは、あわててみんなの後を追う。ヾ(・ω・´;)ノ━!!

 

 

水槽の真上がプールになっていて、ソコでショーをやるようだ。

が、少し狭いような気が・・・。

しかも、かなり近い。( ・_・)(・_・ )

これは後に判明したことだが、飼育員のオッチャンいわく、『本来は大きなプールでやるんだが、水温が低いとイルカに良くない。この日は寒く、こっちの小さいプールだと温水なので、今日はここでやる』ということだそうだ。

この近さは、イイとこでも悪いとこでもある。

目の前をイルカが跳ねるので、かなり大迫力

だが、わざわざ客に水をかけることをしなくても、場所によってはガッツリかかる。(;´Д`A

おいちゃんたちは遅かったので、ちょっと後ろだったが(といっても人1人分)、それでもかかったぐらいだ。

しかし、ソレを差し引いても、この距離でイルカのショーを見れることなんて滅多にないので超ラッキー。

では、その写真の方を。

 

  

飼育員が投げた輪を集めて~・・・

渡す。おりこうだね~。

  

イルカの体を説明しようと、飼育員が1頭を台に乗せると・・・

もう1頭もつられて乗る。

  

イルカの体を説明しようと、飼育員が裏返るように指示を出すと・・・

もう1頭もつられて裏返る。(^∇^)アハハハハ!

  

ボール遊びをする。うまくキャッチ。

右イルカ「ちょっ!お前ドコ投げてんだよ!」。左イルカ「アハハハー、ゴメーン」

  

最後は飼育員の号令で、ジャンプ開始。

目の前を大ジャンプ。触れそうなぐらい。

  

こんなに迫力のあるジャンプは初めてだ。

賞賛の歓声と、しぶきによる悲鳴のコンチェルト。

  

最後は尾ビレでバイバイ。かわええの~。(〃∇〃)

そして、円を描きながら、おいちゃんたちを見送る。

 

 

ホントはもうちょっと色々あったんだけど、イルカたちが元気すぎて写真がピンボケ(おいちゃんの腕が悪いのか?)。

でもこの迫力は、写真や動画じゃなく、生で見ないときっと伝わらないかな。

機会があったら、是非見に来てもらいたいものだ。

そうそう、ちゃんと売店や食堂もあるよ。

 

 

 

さてと、次は『アシカのショー』があるはずなんだが・・・。

ドコでやるんだろうか?

えっ?まさか、アレに乗るのか?・・・・・Σ(゚д゚;)

 

・・・つづく

 

絵にも描けない美しさ その4

季節外れに寒い

しかも、スゲー風!((((;゚Д゚))))

だからほら『夫婦岩』もこんな感じに。

そんなスゲー風と寒さの中向かうのは、よりにもよって海!(こんなになるなんて予想してなかったから)

今から予定を変えるのもメンドイので、そのまま強行だー!

 

 

サクッと着いたココは『鳥羽マリンターミナル』。

来たのは今回が初めてだ。

ココからは近くの離島への船が出ている。

なかなか面白い外観だ。

  

なんだろう?『波』とかをイメージしてるのかな?

おっとそうだった、時間がヤバいんだった!

ちょっとピッタリに着きすぎてしまった。

急いで中に入る。ダッシュ!≡≡≡ヘ(*–)ノ

 

中には結構な人(こんなに船乗る人多いんだ。行き先はそれぞれだろうが)。

へー・・・・・と感心してる場合ではない。

急ぎチケットを購入。

「もうすぐ出発ですので、乗り場でお待ちください」

なんとか間に合ったようだ。C=(^◇^ ; ホッ!

 

乗り場に行くと、ちょうど船が。

おいちゃんたちが乗る『フラワーマーメイド号』。

  

おいちゃんが乗るには、ちょいとぷりちーだが、時間によって決まってるそうなので仕方ない。(ノ∀`)ショーガネーナー

いやーでも、久々の船、楽しみだー!ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

 

 

船内は凝った作りをしてるみたいだが、とにかく今は1番上に行きたい

なので船内探索は後。

上に出るとソコには、2人の美人マーメイドが、おいちゃんを待っていた。

  

2人の熱烈歓迎を受けながらも、おいちゃんはクールに船首へ。( ▼ー▼)フッ・・・

そして、クールなのは体感気温も。

最初は他の客も上に上がってきたが、あまりの寒さにみんな中へと戻っていく。

おいちゃんたちは負けんぞー!

さぁ、出発進行!ヨーソロー!!

 

  

鳥羽マリンターミナルを出発! どんどん小さくなっていく。

鳥羽名物『三ツ島』。いわれはよく分からない。

  

あいにくの曇天だが、気分は晴天。サイコー!!

今回の目的地が小さく見えた。

  

甲板はいつの間にか、おいちゃんたちだけに。それもそのはず、船が走るとより寒い。寒さと風の勢いで、涙がちょちょぎれ、マスク飛ぶ。(( ;゚Д゚))ブルブル

目的地が目の前に。あー、もう着いてまう。

 

 

およそ15分の船旅で着いたココが、今回の目的地『イルカ島(正式名称は日向島)』。

イルカやアシカのショーなどが楽しめる。

実は、ずいぶん昔から存在は知っていたんだが、今回来るのが初めて。

船が着いたようなので、上陸しよう。

 

おっとっと、忘れるとこだった。

船の中。

船の中にも、おいちゃんを待っててくれた人魚が1人。

  

それに、シンガーとボーイさん、お疲れ様。<(_ _*)>

中には売店もあり、軽い飲食が出来るようだ。

とてもキレイで凝った作りをしてる。

天井にはラッセンっぽい絵も。

今度は、中でゆっくりするのもイイかもね。

今はあんまりゆっくりしてても迷惑になるので、そろそろ降りようか。

 

 

 

ちょっと短いが次に続くとしよう。

なんせ次はメインなんでね。

でも、どんなふうになってんだろ?

楽しみー!。(‘-‘。)(。’-‘)。ワクワク

 

・・・つづく

 

絵にも描けない美しさ その3

メシ屋からの流れでやってきたのはココ。

松阪牛』をメインに売る、肉屋の『めし勇』。

ココに松阪牛を買いに来た・・・・・ワケじゃなく、目的は『コロッケ』。

この場所は外宮参道(メイン通り)から、ちょっと離れた場所にある。

外宮には何度も来たが、コッチに来るのは初めてだ(三重TVの『え〇じゃないか』でやってた)。

さすがにコッチには観光客もなく、閑静な通りとなっている。

だがしかーし!この店の人の出入りは激しい。Σ(ロ゚ ノ)ノ

 

中に入ると何人かの客が。

観光客ではなく、地元の人

その証拠に肉を買っている。

おいちゃんたちはコロッケを注文。

店内(そんなに広くない)にあるイスに腰掛け待つ。

 

 

では待つ間ヒマなので、店内観察を。

外観も内装も、ずいぶん新しくキレイだが、新しいのか改装したのかサッパリ分からん。「(´へ`;ウーム

なので肉を見よう。

松阪牛がズラッと並んでる。

しかし、その値段を見て驚いた!

  

高いモノは結構するが、安いモノはコッチで買う国産牛と、なんら変わらない値段で売ってるではないか!w(;゚ロ゚)w ヌォオオオオ!!

松阪牛がこの値段・・・・・ご近所さん、うらやましー!!

買って帰るかマジ悩んだ。(。-`ω-)ンー

 

その間もひっきりなしに客が来る

肉を買う人、コロッケを買う人。

コロッケは主に、地元の学生が部活帰りに買いに来てるみたいだ。

どれも大体100円以下なので、買いやすい即戦力なんだろう。

地元の学生、うらやましー!!

 

すると「奥さん出来たよ」とオッチャンの声。

周りの奥さんがいっせいにソッチを見る。

イヤイヤ、どの奥さんだよ。

子ども以外、ほぼ奥さんだから・・・。(^∇^;)

 

 

おいちゃんたちのだったらしいので、さっそくいただくとしよう。

じゃん!・・・・・って見ただけではサッパリ分からんな。

一応『めし勇コロッケ』『松阪牛コロッケ』『メンチカツ』『松阪牛の串カツ』の4つなんだが・・・。

串カツ以外は見た目どれも一緒。

渡されるとき、オッチャンがどれがどれか説明してくれた。

 

じゃぁまずは、1番気になっている『松阪牛コロッケ』から(写真㊧)。

割るとこんな感じ。

100%松阪牛を使用してるそうだ。

見る感じでは松阪牛かどうかは分からんが、食べてみると美味いのなんの!

(⌒¬⌒*)ウマーイ!

牛の甘み、コク、よそで食べた牛肉コロッケとは比べものにならないくらいだ。

  

次は『めし勇コロッケ』だが、割ってみると、コレにもちゃんと肉が入ってる。

結構安いのに、がんばってるなぁ(実際学生はコレをよく頼んでた)。

食べてみると松阪牛のに比べても、負けず劣らず美味い。

ゴメン、肉は何の肉か、おいちゃんにはサッパリ・・・。?ヽ(。▽゚;)ノ?

 

引き続き『メンチカツ』。

そろそろ分かると思うが、どれ割っても見た目ほぼ同じ(角度変えてみたが・・・)。

ただメンチカツはさすがに肉感があるか。

『牛肉をたくさん使ってある』と書いてある通り、牛肉のイイ食感と味。

コレは、ソースかけてご飯と食いたいね。(*゚▽゚)_▽~~

  

最後は『松阪牛串カツ』。

当然100%松阪牛で、途中にネギなんか挟んでない(写真は食いかけじゃなくて、ちゃんとちぎったから)。

しかも安い!

当然味は・・・味は!・・・味は!!・・・・・筆舌に尽くしがたい!(うまく逃げれた?ダメ?)

なんだかもう、甘くて、やわらかくて、とにかく美味い!!( #゚Д゚#)ウマー!!

腹(脂肪)と金が許せば、もっと食いたい!

とは言ったものの、店も混んできたし次に行くか。

 

 

次は、副隊長まっしぐらのこの店。

crepe mikke』(くれーぷ みっけ)。

めし勇からすぐ近くのこの店は、あの『山村牛乳』が作るクレープ屋(ゴメン、おいちゃんよく知らない)。

外宮参道の方にも、プリンソフトクリームなどを売る店がある。

ただ、コッチに来るときは寒い時期が多く、この日も季節外れに寒かったので、外宮参道の店には寄ったことがない(寒いときに外でソフトはちょっと・・・)。

コッチはクレープなので大丈夫だ(結局外だが)。

この店も『ええじゃな〇か』で。

 

メニューを見ながら生クリーム魔神がうんうんうなってる。^(*-゛-)_Ψウ~ン・・・

おいちゃんはどうでもいいので、横から「コレは?アレは?」とテキトーに。

乳はもちろん山村牛乳を、それ以外にもコッチのモノが使われてる。

だからどれを食っても、ココでしか食べれないものばかりだ。

(ソレと男性諸君、小さい声で言うが、店員のお嬢さん、でら美人だぞ)

ゲフンゲフン・・・・・メニューの横にはデフォルメされたクレープのイラストが。

メニューにものってるが、真ん中の『伊勢エビクレープ』の形のが面白い。

出来れば写真的にソレを選んでくれるとありがたいが、まぁ、魔神が副隊長に戻るモノでOK。^(#`∀´)_Ψ → ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

で、魔神が選んだモノは『伊勢苺のティラミス』。

一口いただくと、マスカルポーネチーズがイイ風味で、甘さは控えめ。

イチゴの違いはよく分からんが、普通に美味い。

中に入ってるビスケットが、シミサクッでイイ感じ。

生クリーム魔神も満足してるようで何よりだ。ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

 

 

 

とまぁ、こんな感じで外宮参道の旅は終わりだが、ほとんど食ってた気がする。

でも、楽しけりゃイイよね。

新しい店見つけたし、腹もふくれたし、無事、魔神も副隊長に戻ったし。

しかし、何度来ても楽しいなぁ。

よぉーーし!次だ!次!!

 

 

 

 

えっ?買い物?

よく覚えてるねぇお客さん。

実は『その2』でメシを食った後に『その1』で最初に行った『伊勢百貨店』に戻ったわけだが・・・。

店の中に入ると、店員のおねいさんが「5時で閉店なんです。すいません」と、追い出されてしまった。

時計を見ると確かに5時5分頃。

入口が開いてたのは、まだ中にたくさんいる客を出すため。

はぁ~、買うもの決めてたのに、超残念。il||li _| ̄|○ il||l

 

その後『その3』のコロッケ屋に向かうわけだが、他にも5時で閉まってる店がたくさんあった(行こうと思ってた別の店も閉まってた)。

しまったな~、ちゃんと調べとくんだった~、とほ~・・・。(T△T)

 

・・・つづく

 

絵にも描けない美しさ その2

引き続き『外宮参道』。

 

 

来た道を引き返してみる。

行きは左側を見ていったので、次は反対側。

正直何度も来てるので、ほぼ知ってる店が多い。

いくつか新しい店があるにはあるが、いまいちおいちゃんたちの興味をそそらない。

ココで1つ、伊勢らしい変わった自販機を。

普通の自販機に木枠をかぶせてあるだけだが(スマホケースみたいに)、なかなかイイ感じだ。

町の雰囲気に合ってる。

こういうちょっとした工夫がイイよね。d(⌒ー⌒)

 

 

「ぐぅぅぅ~・・・」

自販機見たら腹が反応したようだ。(´~`ヾ) ポリポリ・・・

よし!メシを食おう!

ただ、まだ午後5時前で、開いてる食事屋がない(おいちゃんたち朝が早いから、速く腹減るんだよ~)。

すると目の前に1軒の食事屋が。

しかも、この時間から開いてる。

  

ココの存在は前から知っていたが、食事をしたことはない(入ったことはある。入口にお土産が売ってるから)。

そして確か・・・・・やっぱり『食券』を買うタイプだ。

食券を買うタイプはおいちゃんキライなんだが、時間もあって客はゼロ(お土産コーナーには客がいる)。

5時までは待ってくれない(おいちゃんの腹が)。

よし!ココで食おう!

 

客がいないので、食券の前でゆっくり選ぶ。

隣にはいけすが。

はっ!?ココにいる魚介を選べば、新鮮じゃね!?(おいちゃん賢い!)ヽ(*^O^)ノ

水槽をのぞき込む。

暗くてよく見えん・・・。

あきらめて適当に選ぶ。((((_ _|||))))

 

 

席に着き待つ。

店内の雰囲気はなかなかイイ。

イスが堅いが、まぁ仕方ない(客、回さんとね)。

食券なんで、番号が呼ばれるまで、副隊長と雑談。

すると、結構速く2つ呼ばれる(合計4つ)。Σ( ̄◇ ̄;)

「ちょっと速すぎじゃね?」と副隊長と話しながら取りに行くと、出来たのはこの2つ。

『てこね寿司』と『伊勢エビのマヨネーズ焼き』。

てこね寿司は、まぁ分かる。

しかしエビマヨは・・・。

前の客のキャンセルだろうか?・・・・・って、おいちゃんたちしかいなかったわ。

理由は分からんでもないが、考えるのはよそう(せっかくの旅だで)。

 

気を取り直して、てこね寿司をいただく。

うん、生臭くない。

味も悪くない。

だが、もうちょいカツオがのってるとよかったかな。

あと、ショウガの位置はココでイイの?

写真撮ったら、1番手前に来ちゃったけど・・・。

 

さて、問題?の伊勢エビのマヨネーズ焼きだが、すごいエビの匂いを放っている。

てこね食ってるときも、味はてこね、匂いはエビ、みたいな不思議時空を作り出してた。

コレ、おいちゃん食えっかな・・・。( ̄∇ ̄;)

とりあえず食おう!・・・・・と思ったら、エビが殻から外れない

「負けるかっ!こんニャロッ!・・・」と悪戦苦闘して外したときには、手はベタベタ、マヨは全部エビから皿へ。

『伊勢エビのマヨネーズ添え』になってた。

味自体は生臭くもなく良かったが、スゲー疲れた・・・。*o_ _)oバタッ 

 

 

てこねとエビマヨをほぼ食べ終えた頃に、残りの2品が出来た。

ホンビノスガイ(『白ハマグリ』とも言う)』と『ヒオウギガイ(コッチでは『あっぱ貝』『あっぱっぱ貝』とも言う)』の焼き物。

うむ、この時間なら納得だ。

おぉー、貝の焼けるイイ匂いだ。(^¬^)

ではさっそくホンビノスから。

噛めば噛むほど貝からうまみが出てくる。

それにしてもスゴイ弾力だ。

噛んでも噛んでも・・・噛んでも噛んでも・・・・・噛んでも噛んでも・・・・・・・ってありっ?噛み切れない。

困ったな、次のヒオウギに行けないぞ?

あ、味もだんだんなくなってきた。

仕方ない、飲み込もう・・・。(´д`)

 

ヒオウギは、いつもの安心の味。

しかも、ちゃんと噛み切れる。

あー美味いなぁ、おいちゃん、ホタテよりもヒオウギの方が好き。

 

 

料金先払いだと帰りは楽だが、なんだか素っ気ない感じがして、やはり好きではない。

効率的でイイんだろうけどね。

 

 

 

えっ?いつもおいちゃんたちが食べる量より少ないって?

ソレはね・・・・・ふっふっふ・・・。(▼∀▼)ニヤリッ

 

・・・つづく

 

絵にも描けない美しさ その1

1年ぶりに『鳥羽』に行ってきた。

 

 

1年ぶりだよ!? 1年ぶり!!

もう1回ぐらい行きたかったんだが(ホントはもっと)、うまい具合日が合わなかったのと、忙しくなったので(もうけとは関係ない仕事量が増えた)行けなかったのだ。(/ヘ ̄、)グスン

まさしく『貧乏暇なし』だ。

 

 

いても立ってもいられないので、瞬時に到着!・・・・・したわけではないが、実際、新名神が四日市JCTとつながったおかげで、かなりスムーズに進めた(なんせ渋滞9割減だそうだで)。

 

着いたのは『外宮参道』。

久しぶりの伊勢に超テンション上がるが、不審者に見られてはかなわんので、表面上は落ち着く。ヾ(≧∇≦)〃バタバタ→(; ̄ー ̄)ウズウズ

まずはコインパーキングから近い『伊勢百貨店』から。

百貨店というとビルを想像してしまうが、ココのはこういう感じ(奥のビルは違うビル)。

  

なかなか趣があってイイ。

ただ、百貨店というだけあって、いろんな種類のお土産が売ってる。

おいちゃんたちも、外宮でお土産買うなら大抵ココだ。

中に入ると・・・・・「なんで!?」っていうぐらいの人!Σ(゚д゚;)

今まで来た中で、1番といっていいぐらいの人の数。

一通り見て回ったが、人が多いのと、来たばっかで荷物が増えるのはメンドイので、買うもの決めてまた後で来ることに。

 

 

いつもの参道を歩く。

あ~、イイねぇ、帰ってきたねぇ。

でもやはりこの時期この時間にしては、人が多いと思う。

前回の今頃は、こんなに人いなかった。

なんでだろう?

  

副隊長と、あーだこーだと話をしてるうちに、端までやってきた。

外宮の参拝は・・・・・また今度にしよう。人( ̄ω ̄;) スマヌ

 

というわけでココに寄る。

豊恩館【ほうおんかん】』。

ココもイイ趣の所の1つ。

お土産屋と食事が出来る(残念ながら食事は時間外)。

ちょっとお土産を見ていこう。

スペース的には、そんなに広くはないが、向こうとは違うお土産もあるようだ。

内装もイイ感じ。

コッチには、あまり人はいないが、買うかどうか・・・(荷物邪魔~)。

  

だが、ぐるっと一回りしたところで「隊長ー、こっちー」と副隊長が呼ぶ。

見に行ってみると、魚の干物のキーホルダー・・・・・ではなく、本物の魚の干物

コ、コレは、あのTVで話題沸騰の尾鷲の伝統燻製食、『梶賀【かじか】のあぶり』ではないか!!

・・・・・ゴメン、ホントは全然知らない、ボードにそう書いてあるからつい・・・。(ノ≧ڡ≦)

だが事実、有名なモノであるらしい。

有名かどうかは別にしても、なんだかとても美味そうだ。

よし買おう!すぐ買おう!ε=┏( >∇<)┛イソゲッ!

っつーことで、『宗太鰹【そまがつお】のあぶり』(読めねー・・・)と『鯖子【さばご】のあぶり』を購入。

後で食べたんだが(ソコで食うほど、いやしんぼではない)、カツオは『カツオの生節』みたいな味で、醤油やポン酢を垂らしてご飯ってのがイイ感じ。

サバは、そのまま酒のつまみってのがイイ感じだ(おいちゃん酒は飲まんけど)。

当然、どっちも生臭くなく、とても美味かった。

 

 

店を出ようと思ったが、入口にカフェがあるのを思い出した(入ってきたときに見た)。

「せっかくだで、何か飲もうか?副隊長?」

副隊長からd(>_< )Good!!をもらったので、商品を選ぶ。

が、この日は春なのに真冬並みの寒さの日(行ったのは少し前なので)。

イイ感じ(映える)のは、全部冷たいの

おいちゃんはギリOKだが、副隊長はNG。

そして出来ればココ(伊勢)のモノが欲しい。

ってなワケで頼んだのは『伊勢抹茶ホットチョコレート』。

ホントはカフェオレがよかったんだが、カフェオレには『抹茶』と書いてあり『伊勢抹茶』と書いてない。

正直、おいちゃんチョコは好きだが、チョコの加工品(チョコクリームとかチョコアイスとか)は、あまり好きではない。

しかも前、ホットチョコレートは飲んで断念した記憶が・・・。(-“-;)

恐る恐る飲んでみる。

あ、甘・・・・・くない!

しかも抹茶の風味で、より爽やかに!

うまー、コレうまー!

飲めるかどうか分からんかったから、1つしか頼まんかったが、コレならもう1つの『伊勢ほうじ茶ホットチョコレート』も頼めばよかったな。

まぁ、次来たときの楽しみにしよう。

 

 

まだ旅は始まったばかりだ。

さて、次はどこへ行こう?

 

 

 

そうそう、上に乗ってる『マシュマロ』は、一口食べておいちゃん撃沈・・・激甘・・・*o_ _)oバタッ 

 

・・・つづく

 

▲ このページの先頭にもどる