ぱんのつぶやき~店長ブログ2018年7月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

来たよっ!おねいさん!

ちょいと「ドゥルルン」と、『たこ焼き屋』の冒険に行ってきた。

 

 

もうおなじみのたこ焼き屋。

ココに載せてないだけで、何度も来てる。

 

とにかくココのたこ焼き屋は3人とも(大将、女将さん、パートさん)超気さく!

まず行くと、「お兄ちゃん! 久しぶりだね、待っとったよ!」(女将さん)

コレが第一声。

次に、「相変わらず、カッコイイ車だねぇー!」

コレが第二声。

 

そこからは、しばらく車談義

と言っても、車に詳しいわけではないので(おいちゃん含め全員が)、「色がキレイでピカピカ」とか「デザインが変わってていい」とかそんな他愛もないこと。

 

「あれっ? 大将いないな~」と思ってたら、隣のコンビニから出てきたオッチャンが、おいちゃんの愛車をしげしげと。

よく見ると大将だった。

大将、この間、おいちゃんの愛車に匹敵する車が来たことを教えてくれた。

金ピカの装飾を施したワゴン車が来たらしい。

いや、おいちゃんの愛車はソコまで・・・。(;^_^A

 

 

かれこれ30分ほど。

よく考えたら、話が止まらず(主に女将さんの)、まだ注文をしていない

とりあえず、注文をさせてもらう。

たこ焼きは当然注文するが、『五平餅』も美味そうだ。

おやつに買ってゆこう。

 

注文をしても女将さんたちの話は止まらない。

「今からどっか行くの?」「どの辺まで遠出した?」「天気がいいと気持ちいいよねー?」・・・

いやはや、おいちゃん、ノドが乾いてきたよ。(^▽^;)

 

その間、もちろん手を止めずに、せっせとたこ焼き作り。

当然5人とも話しに絶賛参加中

う~ん、プロだねぇ。。。。φ”( ̄¬ ̄*)タコヤキクルクル

 

たこ焼き屋の話を聞くと、8時頃に大将が来て、仕込みを始めるらしい。

9時ぐらいには開店してるらしいが、たこ焼き屋としてはずいぶん早いな。

おいちゃんが知ってる他のたこ焼き屋は、大体11時頃開店

でも、早い時間にも客は、ちゃんと来るらしい。

さすがだ、だが納得。(゚▽゚)(。_。)ウンウン

 

 

名残おしいが(女将さんたちの方が?)、客が増えてきたので、そろそろ帰るとするか。

おねいさん「また来てねー! 待っとるからねー!」

おいちゃん「OKー! また来るよー!」

女将さんたちの、威勢のいい声を後に店を出る。

楽しかったー。

あー、たこ焼き、待ち遠しい!ε=ε=┌( ≧▽)┘イソゲー!

 

 

たこ焼きは、『醤油』『辛醤油』、そして『五平餅』。

たこ焼きの大きさは、小さくも大きくもない普通サイズ。

一口で、ちょうどいい大きさ。

そして、今風の中トロットロじゃない、昔ながらのたこ焼き

食う、美味い!食う、美味い!!食う、美味い!!!

そこそこ量あるんだが、ペロリと食える。

なんなら、たらんぐらい。

五平餅も、甘辛いタレと、もっちもちの食感がグッド。

 

 

 

今回も安定の楽しさと美味さでした。

おねいさんたち面白い。

営業トークじゃないのがイイ(他の客に対してもそう)。

まるで、親戚のおばちゃんみたいだ(お小遣いはくれんけど、たまにオマケしてくれる)。

やっぱ店は、味(品質)だけじゃないねぇ。

いや、当然味もいいよ?(゚д゚)メチャウマー

 

 

 

 

帰り際、愛車で店の前を通ると、どんなにいそがしくても、3人して手を振って見送ってくれる。

そしてそこにいる客が全員コッチを向く。

うれしいけど、なんか恥ずかしいなぁ・・・。(´~`ヾ) ポリポリ・・・

 

直虎イイ!

知り合いに、コレもろた。

静岡に行った土産だそうだ。

井伊直虎印の『塩キャラメルナッツサブレ』と、『伊豆ニューサマーオレンジのポテトチップス』。

う~ん、なんかどっちも、いろんなものが渋滞してる。(^▽^;)

 

まずは、井伊直虎が塩でキャラメルなナッツのサブレをいただく。

うん、ナッツの歯ごたえがいい感じ。

キャラメルの香ばしさ、塩も感じる。

美味い・・・が、おいちゃんにはちょっと甘い・・・(副隊長は問題ないって)。

 

次に、伊豆でニューなサマーがオレンジのポテトチップス。

おっ! とても爽やか

伊豆ニューサマーオレンジが、ポテトチップの油を感じさせない爽やかな風味を出してる。

これは美味い!(*’-‘)b

 

今度行ったとき買うか!?

 

 

 

・・・・・いつ行くかなぁ・・・・・。

 

カレーうどんは何の味?

野暮用ついでに『カレー屋』の冒険に行ってきた。

 

 

久々の『ギリさん』の店。

ギリさんは・・・・・おっ、いたいた元気そうだ(「ビターンビターン」ってやってる)。

  

あれっ? でももう1人の店員さんが、女性に変わってる(おそらくギリさんと同じネパール人)。

まっ、色々あるから、しゃーないよね。

 

 

さて今日は、前来た時に「次はコレを食べよう」と思ったものを注文。

  

まだ11時台だが、次々と客がやってくる

ギリさんと店員のおねいさん、大忙し。ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ 

 

 

今回注文したのは、『ミト・うどん』『緑のカレーうどん』『チーズナン』。

ミト・うどんは、前注文した『タマゴスープ』がベースになってると思う。

塩味で、数々のスパイス(相変わらず何かわからん)とショウガ(コレは分かった)が効いてるが、優しい味のスープ

今回はそこに、『タンドリーチキン』がチャーシューのように入ってるので、また違った味わいに。

するする入ってく美味さ。

 

緑のカレーうどんは、見た目はかなりグロいが、とてもいい匂い。

サグ(ほうれん草)カレーがベース。

ま緑なのでよく分からないが、何かいろいろ入ってるようだ(表面がゴツゴツしてる)。

スプーンを入れると、ここにもチャーシューよろしくタンドリーチキン、そしてブロッコリーやピーマンなどの野菜がゴロゴロッと。

味はとてもマイルド(副隊長も食べるので、辛さ控えめにしてもらった)。

おいちゃんには少し物足りないが、女性にはおススメの美味さとヘルシーさ。

 

チーズナンは、手で持てないほどアツアツ(持ってるけど)。

そして、チーズがとろ~り

もう、文句なしに美味いヤツやん。

生地の甘み、ギー(インド周辺の食用オイル)のコク、チーズの塩味と酸味、それらが口の中で渾然一体【こんぜんいったい】に。

う・・・まーーーいぃぃ!!

カレーをつけても美味いが、そのままの方が美味いので、一口以外はそのままで食った。

 

 

 

久々のギリさんのカレー、やっぱ美味い。Σd(ゝ∀・)

しかも、リーズナブル

 

いや、チーズナンうめー。

永遠に食ってられる(気がする)。

 

うどんも美味かった。

そうそう、そこで疑問に思ったのが、緑のカレーうどん。

カレーうどんなんだが、カレーの味じゃない。

いやカレー味なんだろうが、我々が食べるカレー(カレーライス)の味と全然違う。

でも、スパイスとか後味はカレー。

カレーだけどカレーじゃない、カレーじゃないけどカレー。

もう、何が何だかよく分からん。

 

 

カレーは何味?

 

古き良きやよい時代

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

 

懐かしい・・・。

この店は、おいちゃんが小学生の頃、日曜日家族でモーニングをしにきた喫茶店。

ごくまれに、店の前を通ると「あっ、まだあるんだ」と、そのたびに思ってた。

 

今回ふと思い出し、「まだやってるのかな?」と思い、ココにやってきた。

おーっ! 駐車場にある『』も残ってる。

この岩に乗って遊んだ記憶が・・・。

懐かしすぎて、なかなか中に入れない。(⌒~⌒)

が、モーニングの時間が過ぎても困るから入ろう。

 

 

中は・・・あれっ? なんだか記憶の中の風景とは違う気が・・・。( ̄◇ ̄?)

もうちょと広かった気がするし、もう少し明るい雰囲気だった気がするんだが・・・。

  

おいちゃんの記憶では、白を基調としたオシャレな感じ(当時としては)の喫茶店のはずが、ウッド調の落ち着いた感じの喫茶店になってる。

おかしいなー? 改装したんかなー?

 

とりあえず注文しよう。

と思ったら、なんとモーニングは10時で終了!

現在10時50分。Σ(゚д゚;)

いやー参った、10時は早くね? 昔はもっと早く来たからなー、昔からなのかなー。

しかし、どーにもならんのでメニューを見ると、+料金のモーニングっぽいものがあったので、ソレを注文。

11時から食事も出来るそうなので、ちょっと早いが聞いてみたらOKっつーことで、昼食も注文。

 

改めて店内を見回すと、なんとなくこんな感じだった気もしてくるが・・・う~ん、ダメだ、思い出せん!

壁や椅子やテーブルは古そうだから、変わってないのか?

 

 

当時のおいちゃんの飲み物は『ホットミルク』。

今はコーヒー(大人だからさっ)。( ̄^ ̄)エッヘン

やってきたコーヒーには、何か浮かんでる(写真左隅)。

「マジかっ!?」と思ったがよく見ると、ソレは『コーヒー豆』。

副隊長が「これこれ」と指さす。

  

なるほど、そーいうことか(アセッたー)。(・∀・;)

飲むと、苦みが強いコクのあるタイプで、確かに香ばしいイイ香りがする。

面白い(初めてかも)。

 

モーニングもどきは見たまんま。

トーストの味、目玉焼きの味。

皆さんが想像する味と大差ないと思う。

だが、家で食べる味と何か違う

厳密に言えば同じなんだろうが、喫茶店という異空間がそう感じさせるのだろう。

 

少し間を置いてやってきた『あんかけスパ』(タマゴのせ)。

まず、色がイイよね。

黄色が食欲をそそる。

『あん』は普通に辛い正統派。

だがタマゴがソレをマイルドに。

いやー、美味いねー。( ´∀`)ウマーイ

 

 

ココで本来ならデザートにうつるところだが、これから所用があるため、今回はココでおしまい。

最後にもう1度、店内を見回す。

内装は変わってしまったかもしれないし、テーブルやイスの配置なども変わったかもしれない・・・・・だが懐かしい。

ノスタルジックな気分に浸りながら、帰途についた。

 

 

 

懐かしかった。

事情があり、家族全員がそろうことは、そんなになかった。

なので当時のこのモーニングは特別な日だった。

家族で席に着き、笑顔でホットミルクを飲む小学生のおいちゃんが、そこに見えた気がした。

 

 

 

 

1つ、すごいけど、残念なことが。

おいちゃんたちが行ったのは土曜日。

日曜日が定休日なんだが(昔は違った)、おいちゃんたちが行った翌週の土曜日から、土日定休日に。

もう1週遅れてたら、入れないところだった。

運が良かった。

運が良かったが、もう行くことは難しいなぁ・・・。(・_・。)

 

15周年!!

ちょっと遅れてしまいましたが、『ぱんだふる』は7月1日をもって、15周年を迎えることになりました。

 

パンを買ってくださいました皆様、関係各所の皆様、誠にありがとうございました。

今後ともご愛顧、どうぞよろしくお願いいたします。

(支えてくれたスタッフもありがとう)

 

『ぱんだふる』は、これからも一歩ずつ、着実に歩んでいきたいと思います。

 

『ぱんだふる』では、15周年を記念して、パンを買ってくださった方に『粗品』をプレゼントしています(7月31日(火)まで)。

よろしければ是非、お買い求めください。

▲ このページの先頭にもどる