ぱんのつぶやき~店長ブログ2018年2月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

こんなトコにデカい寺がっ!

ちょいと「ドゥルルン」と、『食事屋』の冒険のはずが・・・。

 

え~、いつものように、空振りでした。

ええ、よくある『臨時休業』ってヤツです、ハイ。(_ _|||)ガックシ

 

 

でもせっかく『あま市』まで来たんだから、何もなしでは帰れない。

テキトーに、その辺を流す。

すると見えてきたデカい(高い)看板。

食事屋ではないが、目についたので行ってみよう。

 

どうやら『和菓子屋』のようだ(あれっ? どこかで見たような名前・・・)。

外から見てもデカいが、中も当然デカい。

デカいということは、それだけたくさんの種類があるということ。

所狭しと、和菓子が並んでいる。

  

これは選ぶのに時間がかかりそう。

そうだ、ついでに知り合いにお土産を買って行こう。

 

副隊長と端から順に見ていくが「あれはどう?」「これはどう?」となかなか決まらない。

すると『洋菓子』も売ってることに気付く。

  

さらに時間がかかりそうだ(は和菓子。きれいだったので)。

 

ちらっと周りを見ると、他の客(先輩が多い)は、ほぼ即決して買っていく。

どうも常連さんで、買うものが最初から決まっているようす(なんかあせる)。

 

なんとかいくつか選びレジへ。

ふと横を見ると、レジ横に置いてある雑誌の1ページに、この店の記事が。

「あっ! コレを見たんだ!」

見覚えがあったのは、この雑誌を見たからだった。

「これ見て来てくれたの? ありがとね」と店の女将さんらしき人。

「えっ?・・・ええ、まぁ・・・」

つい声に出してしまったおいちゃんに反応した女将さん。

「なら、これ持ってって」と別のフリーペーパー(この地域の)をくれた。

ここまできて「偶然です」なんて言えねぇ・・・(女将さんゴメン)。┏〇ペコッ

 

 

さて、お土産も買ったし帰るか。

・・・なんか忘れてる気が・・・と思っていたら、目の前にデカい寺が。

せっかくここまで来たんだから、ついでに寄って行くことに。

しかしデカい寺だなぁ、なになに、ジモクジ・・・? 甚目寺!!Σ(゚Д゚)

そうか! 甚目寺か! デカいはずだ。

 

立派な『南大門』に向かう。

近くで見ると、とてもデカい。

「この大きさで門か~」

と門の左右を見ると、運慶作と言われる、勇ましい『仁王像』が。

  

専門家なら、いろいろ感想を言うんだろうが、おいちゃんたちには他との違いがよく分からんので「スゲェな」と思うぐらい(迫力あったよ)。

 

門を抜けると広い境内に出る。

パッと見た感じ、いくつもの建物があるようだ。

見える範囲内にも、三重塔をはじめ5つぐらいは見える。

 

とりあえず、どこから行こうか迷ったが、

一番近場のココから。

なになに・・・『法花院【ほっけいん】』と読むのか。

『出世幸福』のご利益あり・・・なるほど。

  

中は白石が敷き詰めてあってとてもキレイ。

コッチには人がいなかったので、出世幸福をしっかり祈った。

 

戻ってきて少しし進むと、『三重塔』が。

少し離れて見ても、とてもキレイな造り。

木がこう・・・複雑に組んであってパズルのようだ。

朱色もいい感じ。

これは、ココから見たほうがキレイだろ、うん。

と言うわけで次へ(だってまだいっぱいありそう・・・)。

 

  

『六角堂』。中に千体のお地蔵様が奉られてるらしい。子供に対して加護があるそうだ。

案内板には、まだまだたくさん。ぜ、全部は回れねー!

 

 

つーわけで、メインの『甚目寺』に来た。

おー、さすがメイン!

さすがの風格!

ココも朱色が特徴で、あまりお目にかかれない大きさの寺。

中に入ってお祈りをする。(UoU)ムニャムニャ

中もとても荘厳だが、写真を撮っていいか分からんのでなしで(見た感じ表記はないが)。

出際の光の感じが良かったよ(写真撮ってるオッチャン発見。邪魔せんように)。

  

 

 

境内に戻る。

風がなく、日差しがあるので割と暖かい。

  

子供がハトにエサをやってる。ほほえましい・・・・・っておいおい、ハトは捕まえれんぞ?

暖かいと思ったら『』が。「いや、まだ早いだろ」とよく見ると『四季桜』で、寒い時期にも咲くらしい。

 

 

さて、甚目寺(本堂)に入る前に、目の端に入っていたこの場所。

お地蔵さん(石仏?)が、いっぱい並んでる。

立札を見ると、なになに・・・・・四国八十八ヶ所めぐりのミニチュア版らしい(ざっくり)。

そんなに広くないこの場所を回るだけで、ご利益があるならやっとかんと。

 

  

1から順に、一体ずつ番号が書いてある。この順番に回るのか。

こんな横になったお地蔵さんも。ちゃんと布団がかけてある。

 

あーめぐっためぐった(最初は一体ずつ祈ろうかと思ったが、気が遠くなりそうなのでやめた)。

 

他にもまだたくさんあるが・・・・・今日はこの辺で。( ´∀`)/マタネ~

 

寺社を回るのは、まだ趣味ではないが、なかなか有意義な時間だった。

なんだろな・・・心が洗われるというか、心が軽くなるというか。

そんな思いを抱きつつ帰宅する。

 

 

今回のリザルトはこんなの。

  

コーヒー味の白餡? 洋っぽいが、ちゃんと和。

栗とお茶の白餡。こっちは完全に和。お茶の風味がいい。栗もゴロッと。

  

リンゴのパイ。かなり洋。さわやかなリンゴの風味。

スポンジ(カステラ?)にカスタード。洋っぽいが和の風味がある。

 

洋っぽいものをメインに買ったが、どれも和の風味がする。

なぜだろう?(砂糖か?)

まっ、いいか、どれも美味かったから(おいちゃんはコーヒーの)。

 

 

 

最初はいつものパターン(臨時休業)で、げんなりしたが、結果オーライだった。

偶然、有名な寺に行けたし、美味い物食えたし。

だが、忘れていたものが1つ。

家に着いて、

おいちゃん「さぁ、和菓子食うか!」

おいちゃん&副隊長「ぐぅ~~~(腹)」

・・・・・メシ、食ってなかった。

 

 

 

面白いもの2つ!!

1つ目。

甚目寺の目の前に『ユダ』。イエスを裏切った男。ココは仏教だけどね。

2つ目。

甚目寺の案内板。

願い事』をアップで見てみると・・・

赤字で、『おさる様』。

願い事でおさる様。

???

 

揚げ餅新知

ちょっくら「ドゥルルン」と、『多度大社』の冒険に行ってきた。

 

 

前日は雨だったが、当日は晴れ(天気予報も晴れ)。

風が非常に強く、とても寒かったが、せっかくなので。(≧∇≦)タノシミー

 

とにかく風が強くて、おいちゃんの愛車持ってかれる。

特に川の上は最悪

副隊長が悲鳴を上げるほどだ。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

だが、思ったほど道が混まず、結構快適に走る(キモチいい~。おおっと危ない・・・)。

 

しかし三重に向かうにつれ、多度の山らへんに怪しい雲が。

そしてとうとう『木曽三川』を渡ってる時に、雨が降り出した(ひぇ~)。

ここでおかしなことに気付く。

北は晴れてる。

東も晴れてる。

南も晴れてる。

なぜか西(多度方面)だけ、どんより雲が。

ひどくはないが、降り続く雨(あ~、おいちゃんの愛車が~(雨の日には走らない))。ヽ(´Д`;)ノアゥア

 

話は変わるが、多度大社の近くに変なものを見つけた。

図書館と書いてある『三重塔』。

図書館の敷地にあるのか、コレが図書館なのか(仏パワーで集中力アップ?)。

信号が変わってしまったので、確かめれんかった。

 

 

大きな鳥居をくぐり、多度大社に着いた。(*゜∀゜)=3!!

  

どうも、多度大社の周りだけ雨が降ってるようだ(なぜだ!?)。

こればっかりは、どうにもならんので、1つ目の目的に向かう。

 

多度朝市』。

今日は多度大社前で、月1回の朝市の日なのだ。

ココが会場。

・・・う~む、思っていたより小ぢんまりとしてる。

まぁいいか、とりあえず回ろう。

 

ココは『アロマ』の店か。

アロマ自体あまり興味はないが、贈り物にはいい感じだ。

よし、知人に買って行こう。

中に入る(と言ってもテント)と、兄ちゃんとお姉さんの2人。

最初、おいちゃんの姿に驚いたようだが(怖いのかい?)、威勢がよく、丁寧に商品の説明をしてくれる。

とてもいい接客

夫婦のようだが、聞いたら違うらしい。

説明を聞いてもよく分からんので、適当に見繕ってもらった(スマンのぉ)。

しかも、オマケまでつけてくれた。

39-、兄ちゃん、お姉さん。

 

これは後から気づいたことだが、兄ちゃんとお姉さん、1つのテントで別々の店を開いていたようだ。

2人で協力してやってるから、てっきり1つの店だと思ってた。

そう言えば目の端に『アロマ』じゃない『和菓子』が見えてた気がする・・・。

スマヌ、お姉さん! 今度は必ず買うから!!ヾ(゚д゚;) ゴッ、ゴメ-ン

 

 

なんだか雨がうっとおしい(傘なし)。

奥に向かうと、こんな店が。

桑名のご当地キャラのようだ。

おいちゃんゲーム好き(今やってんのは『戦〇BASARA(古い?)』)。

したがって、こういうのもキライじゃない。

しかも『限定』で、もう少ししかないらしい。

つーわけで・・・「ゆるキャラ、ゲットだぜ!」

ここでもオマケくれた(39)。

 

なんだか雨がめんどくさい。

すぐ隣の兄ちゃんに呼び止められる。

「今ちょうど焼けるんで、いかがですか?」

美味そうな餅

いい匂いもする。

小さいが2つで100円つーことなので購入(兄ちゃん、商売上手だね~)。

香ばしい餅と海苔、甘辛いタレがバッチリ(一口で終わってしまった。もっと食いてー!)。

 

 

なんだか雨が煩わしい。

とりあえず、屋根のあるとこに移動しよう。

ココは和菓子屋。

  

奥では食事もできるようだ。

色とりどりの和菓子が並ぶ。

適当にチョイスして購入。

次へ向かう(特に面白いこと起きなかった)。

 

 

もう1つの目的地はココ。

前テレビで見た。

そしてSNSでも何度も見た。

米屋で、イートインスペースがあり、そこで餅を使った食べ物を売ってる。

凶悪に美味そうなのだ!(*>ω<)ウマソー

店内は狭いが、座るトコは空いてたので注文する(なかなか忙しそうな様子)。

 

このブラックボードがメニューのようだ。

さてなんにしよう?

どれも食いたいが、おなかの容量には限りがある。

が、その中に、お得なセットを発見

コレはいい。

一見さんにはピッタリだ。

それと、なんか甘いのにするか。

 

品が出来るまで、店内を冒険。

米餅を使った菓子や、土産物、当然も売っている。

おいちゃんたち腹減ってるので、食いものしか目に入らない(米は例外)。

菓子を何点か購入した。

 

もう少しかかるようで(他の客もいるため)、店内を見回すと、多度大社の『上げ馬神事』のビデオが流れてた。

いやすごいね、人も馬も。

あんな急な坂、駆け上がるんだ。

一度、生で見たいもんだが、すごい人だしなー(混雑キライ)。

 

おっと出来たようだ。

  

玄米あげウマ餅の『食べ比べセット』。

コーヒーは+100円で(マイルド系で飲みやすい)。

左から『しょうゆマヨ』、定番っぽい味だが、マヨがコクを出してて美味い。

オニオンカレー』は、予想外の美味さ。⊂(゚∀゚*)ウマー

カレーと餅って合うんだ。

みたらし』、甘辛いタレが定番で安心の味。

黒みつきなこ』、やわらかい餅(求肥)は食べたことあるが、揚げ餅バージョンは初めて。

おおっ、ありだね、香ばしい感じがたまらん。

 

もう1つは『お餅のワッフル 黒みつきなこ』(きなこスキー)。

  

味は揚げ餅のものと、さほど変わらないが、食感が違う。

カリカリの食感が菓子を食ってるようで美味い。

甘酒』は副隊長が見つけた(店内に貼ってあった)。

しかし、ただの甘酒じゃない。

十六穀入り甘酒』という代物。

飲む(食べる?)と、十六穀のツブツブ食感が楽しい。

サッパリとした飲み口で美味い。

アルコールは入ってなさそうだが、念のため運転手のおいちゃんは少しで(ガックシ)。il||li(つд-。)il||li 

 

実は、もう1つ見つけたものが。

10食限定』と書いてある商品。

ダメもとで聞いてみると、もう売り切れたと(そりゃそうだ。もう昼過ぎてる)。

でもあったとしても、もう食べてる途中(店内に貼ってあるのを見つけた)。

ムリすれば食えんこともないが・・・ホッとしたやら、残念やら。

そしたら店主の兄ちゃん、「ごめんねー、これで良かったら」とオマケくれた(39デース)。

 

 

外に出ると、パラついていた雨はやみ・・・・・雪に変わってた!!Σ(°д°lll)ガーン

マジかーーーー!! さみーーーーー!!!

用は済んだし、もう帰るべー!!

あ~~~、おいちゃんの愛車ドロドロ~・・・。

今度、洗ってやるからな。

 

 

帰り道、木曽三川を渡る頃には、雨も雪もやんでいた。

目の前には青空が。

だがバックミラーを見ると、多度付近には暗雲が。

だれか『アメフラシ』が、あそこにはいるらしい。

 

 

 

今回のリザルト。

  

まんじゅう色々。特に『かりんとうまんじゅう』と『クリーム大福(右下)』が美味かった。

ソースとカレーのせんべい』は、ちょっと変わってるが後引く感じ。『きなこのぱっかん』は、きな粉の風味がよく、あまりの美味さに一気に食ってしまった(特用サイズが欲しい)。

  

表はカワイイ女の子。裏返すと・・・・・

どアップの犬が。面白いファイルだ。

 

 

 

いやー、楽しかった。

雨に降られたのは残念だったが、それ以上の収穫だった。

行きも帰りも、道がすいてて快適に走れたし(いつもは木曽三川付近で大渋滞)。

色々オマケももらった。

三重県、いいとこ。

桑名、あったかい(ちょー寒かったけど)。☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

 

 

 

 

だはーーーーーーーー!!!!!!!

『多度大社』に寄るの忘れたーーー!!!(◎皿◎)ナンテコッタ!

 

・・・・・まいっか、また行きゃーいいし。

 

歯応えシャキシャキ!

我が家の『空中菜園(ベランダ)』で、『ロメインレタス』が出来た。

 

見た感じ、レタスには到底見えないが『レタス』らしい。

正直、どうやって食っていいか分からんので(育てた副隊長も)、とりあえず生で食ってみた(ちゃんと洗ったよ)。

 

味は、そんなにクセのない味

中心部の歯応えはシャキシャキで、白菜やセロリに近い食感。

生、塩、マヨネーズだと、マヨが一番合う感じ。(o>∀<)ウマーイ

1枚1枚が結構デカく、食い応えがある。

 

後日、肉に巻く、炒めものにする、汁物に入れるといろいろ試したが、クセがないので、どんな調理法にも合うようだ。

うん、いいもの育てた。

ナイスだ、副隊長。Σd(ゝ∀・)

 

 

ちなみに『ロメイン』とは、『ローマの』と言う意味らしい。

 

 

 

ただ、結構な量出来たので、食っても食っても減らねー。

 

魔人、憩いの場

生クリーム魔人が暴れだしたので、『ケーキ屋』の冒険に行ってきた。(# ゚Д゚) ムッキー

 

 

ここは生クリーム魔人お気に入りの、ケーキやアイス等を売る大型チェーン店。

安くてデカい。

しかし、あなどるなかれ、味はしっかりしてる。

 

おいちゃんは昔、この店は『アイス』を売る店だと思ってた。

アイスを買いに行き、アイスコーナーでアイスを選んで、アイスが溶ける前にレジへ行き、アイスが溶ける前に素早く帰って、アイスを食う。

なので、ケーキや和洋菓子が売ってるのを見たことがなかった。

ただ、目の端に入った記憶で副隊長とケーキを買いに行ったら、意外とおいちゃんたち好みの味と値段だったので、それからは結構ケーキでお世話に。

 

 

たまにはアイスも・・・とアイスコーナーをのぞいてみるが、家の冷凍庫は必需品でいっぱいなので、スペースがほとんどないことを思い出した。

  

それに考えたら、おいちゃん、おなか弱いし(当時はカンケーなく食ってた。そんで腹壊してた)。

まぁ、また今度にするか。

 

 

さてと、生クリーム魔人にお供え物を・・・と思ったが、たまたま知人に会う予定だったので、お土産を買うことに。

たしか洋菓子よりも和菓子を好むので、そっち系をメインに選ぶ。

まぁ、こんな感じか(うさぎ率、高いな)。

喜んでくれるといいが。

 

 

本題のケーキに向かう。

生クリーム魔人、悩む。(。-`ω-)ンー

季節のものか、定番ものか、変わり種か。

じゃ、おいちゃんはパンダのヤツ。

生クリーム魔人が悩んでる間、店内をぶらっと。

  

和菓子の種類も豊富。

ココのプリンは、でらうまい。しかも安い。

 

生クリーム魔人は悩みに悩んで、定番ものにしたらしい。

今度はレジを待つ間に。

  

こんな物も売ってる。今度買ってみるかな?

『アイスケーキ』。前食った。美味かった。今は冷凍庫事情が・・・。

 

 

今回はこんな感じ。

生クリーム魔人は、スタンダードな『ショートケーキ(+α)』。

見た感じ、「これが一番、生クリームが多かった」そうだ。

パンダはおいちゃんの。

ちょこっとずつもらったが、どれを食べてもハズレがない。ヽ( ^∀^)ウマーイ

一般の人?(ケーキ好き?)には、ちょっと甘みが足りないかもしれないが、おいちゃんたちにはコレがベスト。

 

そして、コレ。

買ってしまった。

おいちゃんはケーキよりもこっちが好き

こっちも、サッパリとした甘みだが、コクはバッチリ。

昔風の味と、しっかりした堅さがいい。

この値段で、この味なら文句なし!

 

 

 

お気に入りなのは、割と近いとこにあるのもそうだが、味、値段、大きさ(結構大きい)が、おいちゃんたちの趣向、身の丈に合ってるから。

でも、客が途切れることなく来てるから(おいちゃんたちがいるときは)、皆さんの口とふところに合う、人気店なんだと思う。

「次は、いつ行く!?」と副隊長が。

 

 

 

 

生クリーム魔人は、副隊長に戻った。(*^o^*)

 

新商品できました! その5

れんこん鶏そぼろパン 220円

白ゴマを練り込んだふんわりとした食感の生地に、乱切りレンコン鶏そぼろフィリングをのせました。

 

シャキシャキとしたレンコンの歯応えが、とてもいいパン。

甘辛い鶏そぼろと相性バッチリ。

こちらも和風テイストです。

味が濃いので、ご飯のおかずになるかも。

レンコンの大きさにバラつきがあるのはご愛嬌で。

▲ このページの先頭にもどる