ぱんのつぶやき~店長ブログ2017年5月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

白の宮殿

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

以前、別の用(つっても遊びだが)で通った時に見つけた。

ただココは、喫茶店と言うよりは『カフェ』だろう(名前もそうだし)。

外観は、とてもきれいだ。

宮殿? 外国の豪邸? みたいな造りの、超オサレな感じ(苦手なタイプ)。

 

意を決して、中に入る(そこまでじゃないが)。

おおぅ、中もオッシャレー。

キラキラしてて、闇に生きるおいちゃんたちには、まぶしくてしょうがない(いや、パン屋は朝が早いから・・・)。

同じ側の手と足を同時に動かさないように、注意して歩く(そこまでじゃない)。

まぁまぁ混んではいるが、席は空いているので、1番奥の闇深い場所へ

隣の席には、『スキンヘッド』のオッチャン。

隣においちゃん。

そして始まる、闇取引・・・・・いやいや、そういう集まりじゃないよ?(たまたま)

 

妙に緊張した店員の御嬢さんが、注文を取りに来る(だから違うって)。

まだ、11時前なので『モーニング』がたのめそうだ。

ただ、結構選択肢がある。

1度、御嬢さんには帰ってもらって、じっくりと選ぶ。

 

まず、大きく2つ。

ドリンク代』だけのタイプと、『ドリンク代+100~300円』タイプ。

そしてそれぞれに、数種類のセットが選べる。

「せっかく来たのだからと」、+タイプの中から2つをチョイス。

緊張した面持ちの御嬢さんに注文を伝えるが・・・・・なぜにそんなに?

怖いのかい? おいちゃんが・・・怖いのかい?(まぁ、バイト初めて間もないって感じか)

 

品が来るまで、店内をぶらり。

入口の方に、『コーヒー豆』や『スイーツ』などのお持ち帰りが売っている。

おいしかったら買って帰りたいとこだが、ちょっとお高めなのと、コーヒーはこないだ買ったばかり。

残念だが、また今度にしよう。

しかし、カフェの店内をぶらつく人があまりいないのか、店員にも客にも恐る恐る見られたよ(怖いのかい? おいちゃ・・・)。

 

そうこうしてる間にやってきた、注文の品。

おおっ! これは美味そうだ。

  

左は『B・L・T・Eサンド(Eはエッグ)』、右は『黒糖パンに生クリームやアイスが乗ったヤツ(正式名忘れた)』。

もちろん右は副隊長の(そう思ったっしょ?)。

BLTEサンドは、パンが『カンパーニュ』で、素朴な風味がとても良い。

具がたっぷり入ってて、落とさないように食べるのが大変だった(左上に「ちょこん」と乗ってるのは『ブルーベリーソースのヨーグルト』)。

黒糖パンに生ク・・・の方は、甘い。

甘いが、ちゃんと黒糖パンの味が分かるので、甘すぎるということはない。

これなら、おいちゃんでもOK。

どちらも、とても美味かった。

 

コーヒーも、別のものを頼んだ。

おいちゃんのは、苦みと酸味のバランスがよくコクが深い、この店の『オリジナルブレンド』。

副隊長は、苦みとコクの強い、『ストロングブレンド』。

オリジナルは、飲みやすく美味い。

ストロングは美味いが、まだ初心者のおいちゃんには、ちょい苦い。

ただどちらも、かなり美味いコーヒーであることには、間違いない(あ~、買って帰りてー)。

 

 

この店、オシャレ系のわりに、意外と落ち着く

雰囲気(客を含めた)のせいか、BGMのせいか、席の配置のせいか、よく分からんが。

気づいたら11時過ぎ。

メニュー表を見ているときに、数量限定のオムライス』があることを発見していたおいちゃんたち。

カフェなのでランチはないみたいだが、昼の時間だけ、このオムライスを作っているらしい。

『限定』と言われて食べないのは失礼にあたる?ので、注文をすることに(1人前を半分コ)。

 

やってきたオムライスには、『あんかけ』のようなソースがかかってる。

食べてみると、まさしく『あんかけ(胡椒を効かせたトマトベースのタレ)』。

しかも、食べ進めていくと、なんか「ポリポリ」とするものが。

見ると、『ゴボウ』が入ってる。

このゴボウは、クリーミーな味付け(何かよく分からん)がしてあって、ピリ辛のあんかけと意外に良く合う。

オムライスにゴボウなんて初めてだが、食感も味もとても良い。

斬新だ。

 

『セット』にしたので、デザートとコーヒー付き(コーヒーは別料金だが、セットだとお安く)。

デザートは『クリームブリュレ』。

上はパリッと香ばしく、中はトロトロ。

程よい甘さで、食べやすい(副隊長が、買って帰るか悩みだしたよ)。

コーヒーは『ガテマラ』。

香りがとても『フルーティー』で驚いた。

香りのよさに、おいちゃん、試しに『ブラック』で飲んでみることに。

そしたら、苦っ!・・・・・くない!

むしろ、砂糖を入れてないのに、甘く感じるほど。

こんなコーヒーは初めてだ。

例えるなら・・・例えるなら・・・・・『紅茶』みたいだ(うまく例えれない~・・・)。

 

 

 

うっ、結構、腹いっぱいだ。

立て続けに食ったからな~。

夜を少し控えんと(じゃないと、肥えてまう)。

しかし、いい店だった。

美味いし、オシャレなのに落ち着くし。

トイレが女性だけ別になってるところや(もう1つは男女兼用)、3種類のコーヒーのカップが全部違うなどの、ちょっとした配慮もあるし。

ココには、また来てみたい。

そして、違う『サンドイッチ』食べたい。

違う『コーヒー』飲みたい(でも、同じのもいいな~)。

 

 

 

しかし、コーヒーとは、なんとも奥が深い(パンもだよ?)。

今回、連続で3種類飲んだからかもしれんが、どれも風味が違う

特に3つ目の『ガテマラ』が衝撃的だった(おいちゃん的には)。

副隊長に言わせると、「少し、頼りない」らしいが。

いや、おいちゃんは『頼ろう』。

次も頼むぞガテマラ。

 

 

 

 

他にも色々飲んでみたいが、いったいどれだけの種類と、それにともなう風味があるんだろう。

コーヒー・・・・・恐ろしい子っ!

 

選ぶのむつかしー

ちょいと「ドゥルルン」と、『買い物』の冒険に行ってきた。

 

買い物とは『タンプレ』。

おいちゃんのおかんが誕生日だったので。

 

場所は『イオン』(どこかはナイショ。べ、別に安く済まそうと思ったわけじゃないぞ。ホントだぞ)。

しかし、何を買うか決まってない(考えたんだが、決まらなかった)。

ぶらぶらしながら、決めようと思って。

 

ただ、目的は決まっているのに、目標が決まってないので、ほぼすべての店をチェックしながら回ることに。

その途中、面白い店を発見。

服屋?(雑貨も売ってる)なんだが、店の真ん中に結構デカい『休憩スペース』がある。

そしてその横に、『ボールプール』と、この展示物たちが。

  

『なんたらサウルス』と『蜘蛛男』。奥のブルーのテントの中に、左にある『3Dメガネ』で入ると・・・

中には、飛び出す『サメ』が。他にも、クジラやらエイなどがいた(飛び出すのは壁に貼ってある写真)。

  

こっちには『蝙蝠【コウモリ】男』が。いったい、どういう催し物だろう?

『エヴァ』のお二人と、左後ろに見切れてるのは『鉄腕』の人(人か?)。いまいち、コンセプトが・・。

 

等身大?で、なかなか迫力があった。

だが、なぜ服屋に、そんなものが置いてあるかは、分からずじまいだった(店員に聞けばよかったか? でも、何も買ってないしなー)。

 

~中略~

 

タンプレは見つけた(何を買ったかは、これまたナイショ。べ、別に安物買ったわけじゃないぞ。ホントだぞ)。

すっげー迷った。

「アレがいいか、コレがいいか、あ、アッチにもあるな、でもやっぱアレだろ、いやコッチか?」・・・てな感じで。

 

さて、いろいろ歩き回ったおいちゃんたちの腹減り度はMAX

レストラン街で店を探す。

そして見つけたこの店は、初めて入る店。

牛タン』を食わせる店らしいが、はたして・・・。

 

店内は『仙台』と『名古屋』を描いた、いいかんじの壁紙が。

ただ、時間帯のわりに、客が少ないのが気になる。

おいちゃんは『ゆで塩タン(焼きはなかった)&タンシチュー』、副隊長は『厚切り牛タン』を注文(どっちも正式名ではない)。

 

しばらくしてやってきたのがコレ。

  

見た目は美味そうだ。

味は・・・・・・・・・・・・・・・シチューは美味い。

 

 

 

なかなかいいタンプレを見つけた。

歩き回った甲斐があった。

後は、おかんが気に入ってくれるかどうかだが。

 

 

 

 

いや、ココで見つかってよかったよ。

なかったら、そこから『大須』に行くことになりそうだった。

・・・あれ? おいちゃん的には、そっちの方がよかったかも。

でもそれだと、おかんのタンプレのこと、忘れてた気がする・・・。

 

今月の限定商品!

今月の限定商品』のコーナーがやってまいりました(そんなのあったけな?)。

 

今月の限定商品はコレ(今月と言っても、材料がある限り来月も続きます)。

 

伊勢抹茶くろわっさん 190円

伊勢茶を練り込んだクロワッサン生地で、伊勢茶小豆入り抹茶チーズケーキフィリングを包みました。

 

5月といえばお茶。

しかも、今人気の『伊勢茶』を使用しました。

一口食べると、伊勢茶のさわやかな風味が、口いっぱいに広がります。

販売限定なので、見かけたら是非。

 

販売先は、HOME(トップページ)の『移動販売先』を、ご覧下さい。

 

 

ちなみに、『今月の限定商品』は、不定期に開催されます。

ご了承をば。

 

ナゾベリー

我が家の『空中菜園(ベランダ)』で、『ベリー』の花が咲いた。

 

なぜ、『ベリー』なのかと言うと、植えた本人(副隊長)が、忘れてしまったって。

3年ほど前に植えたらしいが、『ラズベリー』なのか『クランベリー』なのか分からんくなったらしい。

 

実が付くまでに、2~3年かかるそうなので、そろそろ実がついてもいい頃。

実が付けば、きっと分かるよね?

 

  

左が『ストロベリー』、右が『ナゾベリー』の花。

同じ『ベリー』でも、全然違う、花と見た目。

自然界がおもろいのか、名前を付けた人がおもろいのか。

 

 

ちなみに、ストロベリーは毎年ちゃんと、実を付けます。

おいしいよ。

 

高嶺の花か?

ちょいと「ドゥルルン」と、『ケーキ屋』の冒険に行ってきた。

 

前に行ったことのある店のそばに偶然。

最初、「やってないんじゃね?」と思うぐらいの店構えと、店内の暗さ(外から見た感じ)。

のぼり』も『営業中の札』も出ていないが、電気がついてて、ケーキも並んでいるようだから、やっているのだろう。

 

中に入ると、かなり小ぢんまりした店。

数人入ったら満パンだ。

工房の中から、女性の職人さんが出てきてレジに立つ。

どうやら、1人で店をやってるようだ。

そのせいなのかどうか、ケーキの種類が少ない

ざっと数えても、20種類は、ないようだ。

しかも、ケーキが小さい割には、結構値が張る。

まぁ、腕に自信があるんだろうが、おいちゃんたちには、ちょいとキビシイ。

ケーキを買うっつーことで喜んでた副隊長も、選びにくそうだ。

 

当初、少し多めに買う予定を変更して、いくつか選ぶ。

レジで精算してもらうと、そのレジ、えらく薄っぺらい。

そんでもって手で持ってる。

よく見るとそれ『タブレット』。

いやー、今どきは、こんななんだ。

時代に徐々に、取り残されつつある、おいちゃんたち(まだ『ガラケー』。だって壊れないんだよ)。

なんかな~・・・。

 

 

帰り道、ケーキを揺らさないよう、慎重に愛車を転がす(ケーキつぶすと、副隊長の頭に『縦じま模様』が入るから)。

無事到着して、ケーキを食べた。

うむ、腕に自信があるのが分かる美味さ

だが、おいちゃんたちには少し甘いようだ(小さいから、それほど苦にならんが)。

しかし、この値段で、この量かー、うーん・・・。

おいちゃんなら、2口か3口で食べれそうだ。

味を差し引いても微妙。

そうしょっちゅう食べれん感じだ。

 

 

 

値段と大きさは置いといて、味と見た目はバツグンだった、今回のケーキ。

パン屋もそうだが、いろんなケーキ屋があるもんだ。

しかし、ケーキは贅沢品(おいちゃんたちにとってはね)。

よく吟味して買わんと、副隊長が大変なことに・・・(テンション⤵)。

修行して、『心眼』を手に入れんと。

 

 

 

 

「『修行』だったら、いろんな店にいかなイカンね?」って副隊長がアイコンタクトしてるように見える・・・。

でもそう言えば、最近何気にケーキ屋によく行ってる気がする・・・(前は年に数回程度)。

 

▲ このページの先頭にもどる