ぱんのつぶやき~店長ブログ2017年4月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

高品質、好感触

ちょいと「ドゥルルン」と、『ケーキ屋』の冒険に行ってきた。

 

よく通る道から、1本入ったところにある店。

ほとんど通らないので、今まで全然気が付かなかった。

 

オシャレな外観、そして休日とはいえ、昼前からひっきりなしに車が出入りしてる。

ケーキ屋で、昼前にこんなに人が入る店に、おいちゃんたちは来たことがない。

これは期待できそうだ。

 

当然、中もオシャレ。

そして、ショーケースに並ぶケーキも、大変美しい

ココのケーキは、『小さくして値段を抑える』タイプのようだ。

前に行った別の店もそうだったが、オシャレなケーキ屋は、そういう傾向なのだろうか?

 

おいちゃんがそんなことを考えてると、副隊長が、いつものように「うんうん」唸ってる。

またしても、選びかねてるようだ。

きっと、どれも食べてみたいんだろうが、財布と胃袋の中身を考えて買おうね?

 

おいちゃんは、めぼしいもの見つけたので、店内観察。

すると、こんな部屋を発見。

どうも、『バウムクーヘン』だけを作る部屋らしい。

おいちゃん、ケーキは特段スキと言うわけではないが、バウムクーヘンは結構スキ。

あんまり甘くないのと、身がギュッとした感じが特にいい。

だが最近のは、周りに砂糖がコーティングされていたり、ふわふわ食感だったりで、あまり好みではない。

しかも、ちょっと高いし。

昔ながらの、ギュッとしてて、口の中の水分全部持ってかれるくらいのものが食べたいなー。

もちろんお安く。

 

すると副隊長が、店員のおねいさんと何やらやら話をしてる。

聞いてみると、ケーキの写真の下から2つ目の段の空いた2つのスペースに、新たなケーキが運ばれてきたと。

1つ来たが、もう1つはなに・・・と言うことらしい。

どうやらそこには『ミルフィーユ』が来るらしいが、もう少し時間がかかるとのこと。

副隊長、それがいいらしく、待つことに。

 

この店には喫茶スペースもあり、「じゃぁ、そこでコーヒーでも・・・」と思ったのだが、その日は天気がかんばしくない。

コーヒーでくつろいでると、降ってきそうだ(雨キライ)。

なので、普通に待つことにしたら、店員のおねいさん、それを含めた会計を先に済ませてくれた(ナイス配慮!)。

後は、所定の位置に『ミルフィーユ』が収まるだけ。

 

そんなに待たずに出てきたミルフィーユを詰め、おねいさん、わざわざおいちゃんたちの所まで、持ってきてくれた(笑顔が素敵な、おねいさんだった)。

さーて、雨が降る前に帰るぞっと、愛車をかっ飛ばす(交通ルールは守りましょう)。

そして家に着いた瞬間・・・雨が降ってきた(パラパラとだけど)。

おおっ! ラッキー!

 

はてさて、そのラッキーはケーキにも続くのか。

ちょっと数が多めなのは、いつものように昼をセーブして。

なんかね、右下のケーキは『ガーゼ』みたいなものが、かかってます。

クレメダンジュと言って、ガーゼ取っても、似たような容姿。

食べると、生クリームを混ぜた、クリームチーズがホイップしてある感じ。

食感がふわっふわでほとんどないが、とても美味い。

ミルフィーユもサックサクで、フランボワーズ(右上)も甘酸っぱくさわやかで美味い。

どうやらここのケーキはどれも(買ったものだけ)、甘さ控えめで、おいちゃんたちの好みにジャストミート!

ケーキもラッキーだったようだ。

 

 

 

いいケーキ屋を見つけた(と副隊長が言っている)。

店も良かった接客も良かった味も良かった

今度はコーヒー、飲んでみるか(副隊長から「次いつ行くか?」と矢の催促)。

そういや、『テラス席』もあったけど、冬寒いし夏暑い(春花粉で秋落ち葉?)のに、使うんだろうか?(しかも目の前道路)

心地いい、わずかな瞬間(季節)は、いいかもしれんが(そん時は満席かも?)。

 

 

 

 

ただ、今のご時世考える。

甘さ控えめなのは、店の味なのか、コストカットなのか。

まぁ、好みにあってりゃいいか。

 

大成功!

『ハッピース』とのコラボパン、売れてます。

 

イチゴの方も、ちゃんとした形になったでしょ?(ウツージンぢゃなくなった)

 

移動販売先で、絶賛販売中!!

 

『ハッピース』のみんな、アリガトーゥ!!

 

久しぶり~元気だった? その元気を分けてくれ

ちょいと「ドゥルルン」と、『うなぎ屋』の冒険に行ってきた。

 

うなぎは、なんと去年、1度も食べてない!

「今度行こうか? 今度行こうか?」と言いながら、結局行けずじまいだった。

「これはイカン! おいちゃんたちの元気は、からっけつだ!」と言うことで、以前、別の用事の時に見つけた、うなぎ屋に行くことに。

 

ここ、看板やのれんには『うなぎ』と書いてあるのに、店名は『なまず』。

「どっちだ!?」と思ったが、面白そうなのでOK♪

駐車場が広く、利用しやすい。

開店ピッタリに着いたので、おいちゃんたちが1番乗り(ホントは、もうちょっと早く着く予定だったが渋滞で。いいのか悪いのか・・・)。

 

店に入ると、ふくよかで笑顔のやわらかいおねいさんが「いらっしゃいませ」と、お出迎え(たぶん女将さん)。

店内は、風情があっていい感じ。

「あぁ、『うなぎ屋』に来た」という思いを、しみじみと感じる。

 

注文表をめくると、1番最初に『なまず』の文字。

なるほど。

しかし、なまずは予約を入れておかないと、食べれないらしい。

ちょっと残念(1つはうなぎで、1つはなまずにしようと思ってた)。

仕方がないので他を見ると、うなぎ以外も結構な品数がある。

まぁでも、なまずが食えないなら、うなぎにしよっと。

 

注文してから焼くので、しばらく時間がかかる。

その間、店内を見学。

純和風の店内には、お座敷もあるのだが(おいちゃんたちはテーブル席で。靴脱ぐのメンドイ)、その所々に飾ってある小物が、またいい感じ。

そして、入口にあったコレ。

入ってきたときは、近すぎて分からなかったが、巨大な花瓶?)』。

スゲー!、こんなの飾ってある店、初めてだ。

実用性がないから、ガラスケースに入ってんだろうけど、使うとしたら、どんな『』飾るんだよ・・・(何年かに1度咲く、世界最大の花とか?)。

 

そうこうしてる間に、注文の品がやってきた。

おいちゃんたちが、たのんだのはコレ。

  

うなぎの定食』と『うな丼の定食』。

これ、ランチになっていて、結構お得(ご飯増量無料。ナイス!)。

お得な分、うなぎは少ないが、小鉢など色々付いている。

うな丼やうな重も捨てがたかったが、こっちの方が珍しかったので。

味の方は・・・・・(もう、なんて言うのか分かってると思うけど)美味い(な)。

小鉢も茶碗蒸しも(刺身は普通)。

肝心のうなぎは、『外パリッ、中ふわっ』の美味いヤツ。

しかも、全然生臭くない。

ちょい、タレが濃いめだが、問題ないレベル。

しまったー、1つ普通のうな丼、たのむんだったー(うなぎ成分たらーん)。

 

ランチには、ドリンクが無料で着いてくる。

おいちゃんたちは『コーヒー』を注文(おいちゃん、コーヒーもう飲めるんだよ~ほっほ~♪)。

コーヒーは・・・・・うん、普通だった。

コーヒーの味と香りが、口の中をスッキリとさせてくれる・・・・・って、ああっー! うなぎの味がー、き、消えてしまったーーーー!!

もうちょっと、余韻に浸ってたかったのに・・・・・しょぼ~ん・・・。

 

 

帰り際、女将さん?に、美味かった旨を伝えると、「おいしかったでしょ。ありがとね」と言われた。

なるほど、『味に自信あり』だったわけだ。

でも全然嫌味な言い方じゃなかったので、ほほえましい感じがした。

 

 

 

いい店だった(元気、復活!)。

うなぎだけに、そうしょっちゅうはいけないが(金額)、今度は普通のうな丼を食ってみたい(他のメニューも)。

ただ1つ、開店時間が11:30なのは、おいちゃんたちにはちょっと遅いのなー(せめて11時が)。

なんせ仕事柄、朝飯は5時ごろだもんで。

渋滞中、腹がぐ~ぐ~鳴って、たどり着く前に倒れるかと思ったよ(ウソです。倒れるほどではないです)。

 

 

 

 

今年は、これで終わりかな~?

もう1回ぐらい、行きたいな~? と神様に『宝くじの当選』を祈るおいちゃんだった。

 

『わーくす昭和橋ふれあいまつり』ありがとうございました

『わーくす昭和橋ふれあいまつり』でのパン販売、終了しました。

パンを買いに来てくださいました皆様、誠にありがとうございました。

『ライトハウス福祉まつり』ありがとうございました

ライトハウスさんの福祉まつりでのパン販売、終了しました。

パンを買いに来てくださいました皆様、誠にありがとうございました。

 

明日は、『わーくす昭和橋ふれあいまつり』で販売があるので、よろしくお願い致します。

▲ このページの先頭にもどる