ぱんのつぶやき~店長ブログ2017年3月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

『さくらまつり』でパン販売!

名古屋港の『港橋広場公園』で、パンの販売をします。

他にも催し物がありますので、水族館ついでに、是非いらしてください。

 

日時・・・4月2日(日) 10:00~14:00

場所・・・港橋広場公園(港区入船一丁目6)

 

今年は2回行けるかも♪  伊勢志摩鳥羽 その5

芸はないが、いつもの二見プラ・・・『伊勢夫婦岩ショッピングプラザ』へ(そういやー名前変ったわ)。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b6%e6%96%b0ココで以前、工事中だったスペースに、店舗が出来てた。

すごく、オシャレな感じに仕上がってる。

新品の匂いがする店内を、ぐるっと回ってみる。

が、以前とほぼ同じ商品が売られている。

どうやら、マイナーチェンジしたようだ。

だが、新鮮味があってよいと思う。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b6%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%a6%e3%82%bdそこに、以前なかった店が1つ。

それがコレ(←)を売る店。

さすが、出来たばっかなので、機材が新品。

かわうそくん焼き』だそうだが、たぶん併設されている『伊勢シーパラダイス』に、人気者の『カワウソ』がいるんだろう。

1つ購入してみる。

あんこに、二見名産の岩戸の塩』を使用してるそうだが、さて・・・・・うん、皮が薄めの大判焼きだね。

岩戸の塩は・・・・・って、これクリームじゃん!

普通に美味いよ、普通に。

 

他は、変わりないので、経営に協力しがてら見て回る。

「そうだ、夫婦岩行こう」。

久々に『夫婦岩二見興玉神社)』に行ってみることにする。

 

この日は、風が強いがとてもいい天気。

きっと、いい景色が見られるだろう。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e5%b2%a9%e3%80%80%e9%b3%a5%e5%b1%85  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e5%b2%a9%e3%80%80%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%83%ab

鳥居越しの夫婦岩。いい感じ。人があまり多くないので、見やすい。

鳥居の陰に隠れてた『無事帰る』のカエル。猿田彦大神の使い。この辺は、風が強いと波しぶきがすごくて、気を付けないと大変なことに。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e5%b2%a9%e3%80%80%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e5%b2%a9%e3%80%80%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

夫婦岩。よく見ると、すごいことに気が付いた。夫婦岩のど真ん中、見づらいかな? 白く雪をかぶった山が見えるはず。これ『富士山』!(画面を下から見てみて)

富士山』のアップ。ここから富士山が見えるのは、とても珍しい。おいちゃん何度も来ているが、ここまではっきり見えるのは2度目。でもカメラだと、うまい具合ピントが合わない(人間の目ってスゲー)。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e5%b2%a9%e3%80%80%e7%a5%9e%e7%a4%be帰りに、『二見興玉神社【ふたみおきたまじんじゃ】』でお参り。

外宮から来たので、順番が逆になってしまったが(正式には二見興玉神社、外宮、内宮の順に回る)。

パンパン、ペコリペコリ・・・いつも守ってくれてありがとう、富士山見れてありがとう、あと宝くじ当たりますように・・・ペコリ・・・・・と。

 

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e6%ad%a3%e9%9d%a2まだまだ時間はあるので、次に向かう。

ここは、賓客専用の旅館だった『賓日館【ひんじつかん】』。

庭(無料)に入ったことはあるが、中(有料)に入ったことがない。

風情があるので、1度中まで入ってみたかった。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%ba%ad  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e7%8e%84%e9%96%a2

庭から望む館。庭はとてもきれいに手入れされている。

正面玄関。現在は利用されてない。今は横の事務室出入り口から。階段の手すりにカエルの彫刻が。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e9%9a%8e%e6%ae%b5  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%ab%e3%81%84%e9%83%a8%e5%b1%8b

階段登ったとこ。陰影がいい感じ。フラッシュつけ忘れただけ・・・。

2番目にデカい部屋。どんな団体さんが泊まったんだ?

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%a4%a7%e5%ba%83%e9%96%93  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%a4%a7%e5%ba%83%e9%96%93%e3%80%80%e8%88%9e%e5%8f%b0

2階の『大広間』。その広さはなんと、『120畳』! シャンデリアも豪華だ。

大広間の正面には『舞台』が。能舞台として使用されたらしい。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e9%9b%b0%e5%9b%b2%e6%b0%97%e3%81%84%e3%81%84%ef%bc%9f  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%ef%bc%92%e9%9a%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%ba%ad

雰囲気だけで撮った写真。なかなかいい感じじゃない?

2階から望む庭。きれいな庭だ。松の向こう側は、二見の海

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e8%b2%b4%e8%b3%93%e5%ae%a4  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e8%b2%b4%e8%b3%93%e5%ae%a4%e3%80%80%e5%af%9d%e5%ae%a4

この部屋は、天皇の親族が利用した部屋『御殿の間』。こちらは居間。

こちらは寝室。ほかの部屋と違い、豪華な造りになっている。ハッキリと分かるのは『天井』。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%a4%a9%e7%9a%87%e5%ae%b6%e3%80%80%e6%98%8e%e6%b2%bb  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%a4%a9%e7%9a%87%e5%ae%b6%e3%80%80%e8%bf%91%e4%bb%a3

歴代天皇家の宿泊された方々。古くは『明治20年』からある。

こちらは比較的新しい、昭和の閉館するまでの記載。知ってる名前は?

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%ef%bc%92%e9%9a%8e%e5%bb%8a%e4%b8%8b  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%ef%bc%91%e9%9a%8e%e5%bb%8a%e4%b8%8b

2階の、中庭に面する廊下。昔の旅館って感じ。

1階の、中庭に面する廊下。豪華な造り。2部屋ぐらい出来るよ。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e7%9d%80%e7%89%a9  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e7%90%b4

1階、『さくらの間』。ちっさい着物が飾ってある。なんだろ?

この部屋には『琴』が置いてあった。演奏会でもするのかな?

 

このほかにも、1階には『資料室』があり、二見や賓日館の歴史、屏風や掛け軸などが展示されている。

残念ながら、資料室は撮影禁止だったため、写真は撮れなかったが、貴重な資料は、この目に焼き付けた(ただおいちゃん、記憶力悪い)。

しかし、なかなか有意義な時間だった。

歴史のある建物、資料、そして天皇家の方々が泊まった部屋に、実際に入ることができるという、感慨深い、不思議な感覚。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%99%e3%81%be%e3%81%ae%e5%90%91%e3%81%93%e3%81%86是非皆さんも、来て体験してほしい(じゃないと資料室の中身、分からんよ?)。

そうそう、外国の方が結構いたよ(おいちゃん、日本語もままならんので、話しかけなかったが・・・)。

実は、この『ふすま』の向こうには、外国の方が『正座』して座ってる(女性。ロシア系?)。

 

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%81%8a%e5%9c%9f%e7%94%a3%e5%b1%8bさて、もう少し時間があるが、疲れたので休憩。

ココは、行きつけ?の『お土産屋』。

まぁ、『行きつけ』って言っても、ほぼ年に1回寄るだけだけど(ただ、行ったときは必ず)。

なので、店の親父さんとは、顔見知りだ。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%81%8a%e5%9c%9f%e7%94%a3%e5%b1%8b%e5%86%85%e9%83%a8店の外観と同様、店内も、とても風情がある

そしてここでは、『コーヒー』や『紅茶』がいただけるので、先に注文をしてから店内を回る。

ココに売ってる商品は、『飾り物』系で、『食べ物』系は売ってない、昔ながらのお土産屋。

特に欲しいものがあるわけではないが、なんとなく寄りたくなってしまう。

店の雰囲気と、親父さんの人柄がそうさせるんだろう。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%81%8a%e5%9c%9f%e7%94%a3%e5%b1%8b%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bcしばらく見てると、飲み物が出来たようなので、いただく。

おいちゃんたちはコーヒー、隊員Rはお子ちゃまなので紅茶(そこっ、ブーたれない!)。

おつまみをサービスしてくれた親父さんと、取り留めもなく雑談。

気が付くと、小1時間ほどたっていた。

あんまり仕事の邪魔をしてはイカンので(充分邪魔したが)、お土産を買い、店を出た。

 

 

これで、この旅も、ほぼおしまいだ(サミシー)。

あとは恒例の『蘇民』へ行って、いつものお土産を買う(餅等)。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%b9%b2%e7%89%a9%e5%b1%8bすると、たまにしか出会わない、答志島(前聞いた)の『干物屋』さんが来てた。

ココの干物は絶品!(おいちゃんの中では、1・2を争うぐらい)

ソッコーいくつか買う(早くしないと売切れるので)。

商品を包んでいるときに話しを聞くと、どうも週末に販売に来るらしい。

なるほど、それはタイミング合わせるの難しいな(大型連休は週末とは限らない)。

この偶然に感謝(お祈りしたからかな?)。

あ~~~、早く食いてーーー!

 

今回のお土産(抜粋)。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e9%a4%85  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e5%b9%b2%e7%89%a9

『蘇民』のお土産。ほぼ買うものはいつも一緒。とにかく、餅系が美味んだ。ホントは野菜も欲しいとこだが荷物になるので。

『干物』。フグ、サメ、太刀魚。いやラッキーだった。ホントはもっと欲しいとこだが、悪くなるので。

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%81%86%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%86  %e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e3%81%90%e3%82%8b%e3%81%90%e3%82%8b

いつもの『御在所SA』で買った『虎屋のういろう』。モチモチさが、ハンパない。

これも御在所で。いつもの『ぐるぐる』と、そこのウインナーで作った『ドッグ』とその他。右下のドッグ、ちょー美味かった。でもガブッといったら、卵の黄身がブリュって。

 

 

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8いやはや、今回の旅もサイコーだった。

水族館』、楽しかった。

1日中でも、居たいくらいだった。

あの青い光と、色とりどりの魚たちに包まれた世界・・・・・はぁ~、癒された。

 

貝めし』、美味かった。

おいちゃんたちを覚えててくれた店主夫妻、アリガトー、うれしかった。

また美味いご飯と、あったかハートをいただきに行くよ。

 

外宮』も楽しかった、美味かった。

風が強くて大変だったが、外宮と『二見』で祈ったおかげか、『富士山』見れたし、美味い『干物屋』にも出会えた。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e8%b3%93%e6%97%a5%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%ba%ad2賓日館』、良かった。

歴史の勉強キライだったけど、歴史に触れるのはスキかも。

 

お土産屋』の親父さん、いつも無駄話で時間取らせて悪いね(そんなに買わないのに)。

また行くから、楽しい話聞かせてよ。

 

 

 

 

%e4%b8%89%e9%87%8d5%e3%80%80%e7%84%a1%e4%ba%8b%e5%b8%b0%e3%82%8bこんなにも早い時期に、来ることが出来た伊勢志摩鳥羽。

こりゃー今年は、ほぼ確実に2回行けるよ(金ためとかんと)。

まだまだ先の話しだが。

でも楽しみー、待ち遠しー!

「オラ、わくわくすっぞっ!」

 

 

 

 

 

 

あっ、『みえ食旅パスポート』使うの忘れてた・・・・・。

 

・・・おしまい

 

今年は2回行けるかも♪  伊勢志摩鳥羽 その4

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae1快晴の中(風が強いが)、やってきたのはここ『伊勢神宮 外宮』。

前にも来たが、前回は、外宮の中に入らなかったので、今回はお参りをしようと。

 

門前町に寄りたいところだが、まずはお参りをしてから(ガマンガマン)。

 

この外宮は、内宮に祀られている『天照大御神食事をつかさどる神、『豊受大御神【とようけおおみかみ】』が鎮座する社。

時期が外れてるためか、それほど人は多くない。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e6%a9%8b  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e9%b3%a5%e5%b1%85

この『火除橋【ひよけばし】』を渡り、神域へと向かう。

『手水舎【てみずしゃ】』で心身を清め、最初の『鳥居』をくぐる。くぐる前に一礼を(ぺこり)。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e7%8e%89%e7%a0%82%e5%88%a9  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e7%a5%9e%e6%a5%bd%e6%ae%bf

玉砂利の敷かれた参道を歩く。「お?おおっ?」靴裏に石が挟まる。

『神楽殿【かぐらでん】』、『お守り販売所』。結構な人が並んでる。どんなお守りがあるのか、見ようにも見れない。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e5%be%a1%e6%ad%a3%e5%ae%ae  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e5%be%a1%e6%ad%a3%e5%ae%ae%e6%a8%aa

内宮よりも、ずいぶん早く着いた、外宮の『御正宮【ごしょうぐう】』。『二拝二拍手一拝【にはいにはくしゅいっぱい】』で参拝。ちなみに二拝の『拝』とは、最敬礼のこと。

御正宮を横から。樹齢の長い、立派な杉の木が並ぶ(花粉が~)。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e5%9c%9f%e5%ae%ae  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e9%9a%8e%e6%ae%b5

他にも、いくつか社がある。ここは、『土宮【つちのみや】』。

この100段近い階段を上ると多賀宮。・・・やっぱやめようかな?

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e5%a4%9a%e8%b3%80%e5%ae%ae  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a4%96%e5%ae%ae%e3%80%80%e5%a5%89%e7%b4%8d%e8%88%9e%e5%8f%b0

ゼェゼェ・・・『多賀宮【たかのみや】』に到着。息が切れて、うまい具合、お参りできなかったよ。

外宮内にある『せんぐう館』にて、休憩中。池に浮かぶ、『奉納舞台』と水鳥たちが目の前に。癒される

 

 

疲れも癒えたので、外宮を後にする。

ここからは、門前町を楽しむことにする。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%81%bf%e3%81%88%e9%a3%9f%e6%97%85%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88まずは、外宮出入り口そばにある、『伊勢市観光案内所』へ。

なぜ観光案内所かと言うと、ココには『みえ食旅パスポート』なる物がある(写真下の副隊長が持ってるヤツ。光って見づらい)。

コレがあると、割引や特典があるそうだ。

TVで、さんざんやっていたので、もらいに行った。

でもコレ、どうやって使うんだ?(もらうことに気を取られて、使い方聞くの忘れた。・・・提示すればいいのか?)

 

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e9%96%80%e5%89%8d%e7%94%ba昼に近くなり、腹も減ってきた。

でも、ガッツリは食べたくない。

だって、ガッツリ食べたら、それ1品で終わってしまう。

せっかく来たんだから、色々味わいたいんだよ。

なので、『食べ歩き』をしようと思うんだが・・・。

実は外宮へ行く途中、めぼしい店を見つけようと探したんだが、2年前来た時と、ほとんど変わりない

変わらないことは、とてもいいんだが、新しいものも欲しい(わがまま)。

そうは言っても、どうにもならんので、食べ歩きを開始する。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e6%9d%be%e5%9d%82%e7%89%9b%e5%85%a5%e3%82%8aこの店は、前来た店。

前食べた『松坂牛 肉味噌まん』と、こっちは食べてない『松坂牛入りソーセージ』を購入。

肉味噌まんは、甘辛い肉味噌が、さらなる食欲をそそる美味さ(これでご飯食える)。

ソーセージの方は、ゆでであるので、牛のわりには淡白な味。

しかし、ほとばしる肉汁と、歯応えがとても良い。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b1先ほどの店の、すぐ近くにある有名店。

内宮の『おかげ横丁』にある店は、長蛇の列ができるが、ココはゼロ(同じ味のはずだけど)。

ソッコーで買えた(揚げ時間はあるが)。

コロッケはホックホク、串カツは脂身などなくいい歯応え、メンチカツは肉汁でとってもジューシー。

どれも美味い。

もっと食いたいがガマン。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%a9この店も以前訪れた店。

とても雰囲気のいい店内は、出汁の匂いとご飯の炊けるすごくいい匂いが。

ここでは、『姫にぎり』と言う小さめのおにぎりと、『巾着伊勢うどん』、『さめのたれ』を注文。

おにぎりは、外宮に奉納される米を店内の『かまど』で炊いたもの。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e5%a7%ab%e3%81%ab%e3%81%8e%e3%82%8a『塩むすび』、『鯛の混ぜご飯』、『おぼろ昆布』の3種類が乗っている。

どれもそれぞれに美味いが、ご飯を味わうなら塩むすびがいいのか(おいちゃんは鯛のが好き)。

巾着伊勢うどんは、その名の通り、伊勢うどんが巾着に包まれている

アワビから取った出汁入りの、甘辛いタレが巾着に染み込んで、とても美味い。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%81%95%e3%82%81%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%8cさめのたれに関しては、常々言ってるが、とにかく美味い。

ココのは、『みりん味』と『塩味』が交互に串に刺してある。

ナイス!

どれも、以前食べた時のまま、変わらぬ美味さだった。

 

さて、ここで1つ、面白いものを。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%81%97%e3%82%81%e7%b8%84同じ店に売っていたものだが、『しめ縄』。

知ってる人もいると思うが、伊勢志摩(鳥羽や他も?)では『しめ縄は、年中飾るもの

正月に飾るものと、意味は一緒(のはず)。

なので、時期が外れても、しめ縄が売っているのである。

『ところ変われば品変わる』と言ったところか。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%81%b1%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86さて、次の食い物は、この辺の名物『ぱんじゅう』。

簡単に言うと、小さめな『ドーム型の大判焼き』という感じ。

中身が、餡以外にも色々あり、おいちゃんたちは『クリーム』、『焼き芋』、『伊勢茶』を購入。

どれも、それぞれの風味があり、美味かったが、値段の割に小さいので、満足・・・とまではいかなかった(観光地だしね)。

 

ここで、写真を少し。

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e7%99%be%e8%b2%a8%e5%ba%97%e3%80%80%e5%a4%96  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e7%99%be%e8%b2%a8%e5%ba%97%e3%80%80%e5%ba%97%e5%86%85

『伊勢百貨店』と言う名のお土産屋。名前がちょっと・・・。

その中で、お土産を買う。ほぼ自分たち用。でも、さすがに『百貨店』。いろんなお土産がある

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e3%81%8a%e5%9c%9f%e7%94%a3%e5%b1%8b  %e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e9%a2%a8%e6%83%85%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%8c%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb

風情のあるお土産屋だが・・・。

中と言うか全体が、この中庭で区切られていて、ちっさい別々の店になっている。正直、利用しづらい。風情はいいんだけどね、風情は・・。

 

 

 

%e4%b8%89%e9%87%8d4%e3%80%80%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e5%b8%82%e9%a7%85ここも、1周した。

内宮に比べて、少々物足りないが、これはこれで。

美味いものもあるし、人は少ないし(コレはイカンことか?)。

また時が経てば、新鮮な気持ちで楽しめるよ。

 

さぁ、まだ日は高い。

次はどこだ。

 

・・・つづく

 

今年は2回行けるかも♪  伊勢志摩鳥羽 その3

先に進む(さすがにデカいな)。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc

ここは、『淡水魚』のエリアらしい。ジャングルっぽい雰囲気だ。蒸し暑い。

おなじみ『ウーパールーパー』。本名『メキシコサラマンダー』。本来黒色だが、アルビノで白色に。彼も有名人だすな。本名カッコいい。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%af  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%82%ae

世界最大の淡水魚ピラルク』と、『なんたらキャットフィッシュ』(名前忘れた)。スゲー迫力。こんな魚がいる川で泳ぎたくねー。

『デンキウナギ』。800ボルトもの電気を発生させる。で、800Vって、どんくらい? 乾電池、何個分?

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%a2%e4%ba%ba%e8%a5%b2%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e6%96%b9  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%a2%e4%ba%ba%e8%a5%b2%e3%81%86%e6%96%b9

デカい『ピラニア』。50㎝ぐらいある。人は襲わないタイプらしい。

小さい『ピラニア』。20㎝ぐらい。こっちは、人を襲うタイプ。その水槽の中を、飼育員が掃除してた! 大丈夫なのか!?

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e8%87%86%e7%97%85%ef%bc%9f  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%9f%e3%82%a6%e3%82%aa

名前忘れた。砂の中から、頭だけ出して、獲物を狙ってる? 臆病?もしくは狡猾?

鋭い牙を持った『オオカミウオ』。その牙で、硬い貝もガリガリ食う。基本、おとなしい魚らしい。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%96%e3%82%b7%e3%83%a1  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

『コブシメ』。みんな同じポーズで動かない。何してんの?

『イカちゃん』。名前なんだっけな? 半透明で、とてもきれいだ。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%a7%bd%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%a7%bd%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84

水槽がブルーにきらめいて、とてもきれい。いろんな角度から、見えるように作ってある。人が多くて、じっくり見れないのが残念だ。

しかし、これだけの魚を、管理するのって大変だろうな。うちは数匹の金魚でも無理だった。今は、作り物のクラゲが(ゲーセンで取った)。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%82%ab%e3%82%b5%e3%82%b4  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%aa

『ミノカサゴ』。美しいものにはトゲがある毒も)。

㊨伊勢湾にも、時々姿を現す『スナメリ』。ビニール袋をクラゲと間違え、食べて死んでしまうので、ゴミのポイ捨ては、やめよう。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%ac%e3%83%8b  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%a4%e3%82%ac%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%8b

㊧世界最大のカニ『タカアシガニ』。美味いらしい。が、おいちゃん、カニ見るのは好きだが、食べるのは、あんまり・・・。

『イガグリガニ』。カニと言ってもヤドカリの仲間。おいちゃん子供のころ、このカニが欲しくてねー(もちろん観賞用に)。手に入らんかったけど。だって深海生物だからね。左上の赤いうちわは、『アカグツ』と言うアンコウの仲間。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e8%bf%91%e6%b5%b7%e9%ad%9a  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e3%82%a8%e3%83%93%e7%aa%ae%e5%b1%88

伊勢湾近海に住む、魚たち。住宅事情がヤバいね。

エビ団子』再び。こっちも住宅事情がヤバいことに。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%a3%b2%e5%ba%97  %e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%a4%a7%e5%ba%83%e9%96%93

売店には、おいちゃん憧れの『舵輪(船のハンドル)』が。考えても、やっぱ飾る場所がないので、あきらめた。はぁぁぁ~・・・。

出入りすぐの、大水槽がある場所。1周して戻ってきた。この時間にもなると、さすがに人は、まばら。館内には、まだいっぱいいるけどね。

 

結構時間経った。

時計を見ると、約3時間以上、見て回ってた。

そう思うと、どっと疲れが出てきたが、面白かったのでOKだ。

前来た時から、10年以上経っているので、どの場所も新鮮(おいちゃんの記憶力が悪いだけか)。

だが、記憶が新しいうちでも、また来たいと思う、そんなところだ。

人が多くて、じっくり見れないのは残念だが。

出来ればもう1周、回ってみたいとこだが、時間と、おいちゃんと副隊長のHPが・・・。

名残惜しいが、次へ行こう。

 

『次へ行こう』と言ったはいいが、水族館で予想より時間がかかり、日も傾き始めたので、予定はキャンセル(よく行くとこなので、また今度)。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3水族館周りを、ぶらつくことに。

たしか、『お土産屋』が何軒もあったはず(昔、『ガラスの置物(魚介類の)』とかよく買ったよ)。

行ってみると・・・・・閉店してる店数件、やってる店は見る限り、『真珠』の店ばかり。

たしかに『パールタウン』と書いてはあるが、もうちょっと、いろんな店があったはず・・・。

時の流れは無常だ。

しかし、真珠の店がこんなにあって、真珠を買う人は、どの店に入ればいいんだ? 迷わんのか? 1軒1軒、全部の店に入るのか?

謎だ。

おいちゃんたち、真珠に用はないので、素通りで戻る(冷やかしもなし)。

 

 

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e5%a4%96日もとっぷりと暮れたので、晩飯を食うことに。

水族館のおかげで、腹もすっかりこなれた。

さぁ、食うぞっ!」とやってきたこの店は、以前もお世話になった、美味い貝めし』が食べれる店。

実は去年も寄ったのだが、『臨時休業』で食事することができなかったのだ(とほー・・・)。

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e5%ba%97%e5%86%851今回は事前に予約したので、対応もスムーズ。

予約席に着席(すいてたので、どの席でもいいと言われたが)。

周りを見ると、以前来たままの、素朴で懐かしい雰囲気満載

しばし『まったり』。

ん? 「メニューは決めなくていいのか」って?

ふっふ~ん♪ じ・つ・は・・・・・事前に、金額を決めておまかせ』にしてあるのだ!

なので、待ってれば、自動的に出てくる。

お~いちゃん、か~しこ~い。

ほらね、来た来た。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e5%88%ba%e8%ba%abまず来たのは、『タコの酢の物』(写真左)。

これが、写真でもわかると思うが、柚子(レモンではない)が入っているので、とてもサッパリしてる。

今まで食べたことない味だ。

タコのコリコリッとした食感もたまらない。

次来た『刺身』も超新鮮。

イカは、甘みと歯応えがサイコー。

ビンナガマグロ(こちらの方言で『トンボシビ』と言う)も、今朝採れたてだという。

とろけるような美味さだった(海苔巻きの方は、風味もバッチリ)。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e7%85%ae%e7%89%a9次に来たのは『焼き貝』、そして『アジの煮つけ』。

貝は、どちらも歯応えがいい。

新鮮な証拠に、『キモが甘い(ちょっと、ほろ苦だが)。

サザエ苦手な隊員Rも「美味い」って食ってた。

煮つけは、身がホロホロで、塩梅完璧

『白メシ』が欲しくて、たまらんくなった(胃の許容量には限度があります)。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e3%82%ab%e3%82%ad%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4カキフライ』には、先ほどの柚子と、オーロラソース。

まずは、何もなしで新鮮さを味わってみる。

アツアツ、トロトロ、濃厚な、まさに『海のミルク』。

美味い!

柚子やソースを付けて食べると、また違った味わいでgood!

あっという間になくなってしまった・・・。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e8%b2%9d%e3%82%81%e3%81%97最後は、この店名物『貝めし』。

「待ってました」とばかりに、かっ食らう。

さっき食ったサザエとは、また違う味と食感

あおさ』のみそ汁も、いい感じ。

美味い・・・・・「この店に帰ってきた」って感じ(まだ2回目だけどね)。

 

大満足だ。

結構、腹キッツイが。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d3%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%80%80%e5%ba%97%e5%86%852その後、店主夫妻と少し話をする。

「今日どこ行ってきたの~」とか「明日は~?」とか。

そして、この店に久しぶりに来たことを話すと、なんと!おいちゃんたちのことを覚えていると!

だって前来たの、2年前だよ?

しかも、その時が初めて

2人で厨房の中で、「あのお客さんたち、前来たよね?」、「そうだっけ?」、「うん、確かに来た」、「そういえば・・・」なんてことを話していたそうだ。

そこから話はヒートアップ

その日の仕入れの話しや、今採れる魚介の話し、『おまかせ』にしてくれて助かった(日ごとに採れる魚介が違うらしい。天気が悪い、特に『が強いと漁に出れない日もあるそうだ)など、気づいたら30分以上話し込んでた(すいてる時間でよかった)。

ただその後、お客さんが入り始めたので、話はおしまいに。

また、必ず来ることを約束し、店を出た(名古屋に行った時に買ったという『あめちゃん』もらった。アリガトー)。

 

 

いやー、とても充実した1日だった。

水族館は、きれいだった、楽しかった。

料理は、美味かった、楽しかった。

 

さて、明日はどこ行こー。

 

・・・つづく

 

今年は2回行けるかも♪  伊勢志摩鳥羽 その2

はたして、間に合うか!?・・・・・

・・・・・残念ながら間に合わなかった(はぁはぁ・・・疲れた)。

が、始まって間もないようだ。

人をかき分け、何とか見える場所にたどりついた。

 

ショーをするのは、セイウチの『ポウ』君と『クウ』ちゃん(名前うろ覚え)。

飼育員のお兄さんとの連携バツグン

ハーモニカを吹いたり、エサを食べたり。

お兄さんがボケたのをツッコんだり、エサを食べたり。

客の投げた輪投げを受けたり、エサを食べたり(輪投げは、お客さんが100%ガンバル演目だそうだ)。

演目自体は、以前TVで見たものと同じだったが、やはり、迫力が違う

なにせ、1トン近い巨体が目の前で動いてる。

だが、進行が面白く、動きがかわいいため『怖い』より『愛らしい』。

要所要所で笑いが起きる

見に来て正解だった(な? だからおいちゃん見に行こうって・・・)。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%82%a6%e3%83%811  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%82%a6%e3%83%812

ハーモニカを吹いてるところだが、お客さんの頭で見えない・・・。

腹筋中。起き上がるとき、「ブォォォォ」と、力を入れるような声を出すが、ホントかフリか分からない。

 

さて、ショーが終わってからが少し大変だった。

一斉にお客さんが動き出すので、そこらじゅうが大渋滞

動くに動けない。

あぁ、人の波にのまれるぅ~・・・・・ってほど、おいちゃんの身体は小さくないので、なんとか脱出(2人も続いて)。

 

こっからはまた、写真の連続で。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%ab%e6%98%bc%e5%af%9d

皆さんおなじみの『ゴマちゃん』こと『ゴマフアザラシ』。元気良すぎて、写真ブレるブレる。

休憩中の『アシカ』たち。おいちゃんたちも休憩して~。赤いボヤっとしたのは、おいちゃんのカメラ。心霊写真じゃないよ。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b0%e3%82%bd%e3%82%af%e3%83%a0%e3%82%b7%e6%9c%ac%e7%89%a9  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b0%e3%82%bd%e3%82%af%e3%83%a0%e3%82%b7%e5%81%bd%e7%89%a9

これまた有名な『ダイオウグソクムシ』。真っ暗(深海生物のため)で、しかもケツ向けてる。でもって然動かねー。生きてんの?

こっちは『ダイオウグソクムシ』の巨大レプリカ。頭だけ見ると、エイリアンとかプレデターみたいだ。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%bf%e3%82%b3%e8%b6%b3%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%b4%e3%83%b3

足が80本前後ある『タコ』の標本。ちょい、グロテスクだ。これも、地球外生命体みたい

鳥羽水族館の代名詞『ジュゴン』。。人気者らしく、人でいっぱい。これが『人魚』のモデル・・・・・・う~む。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b2%e3%81%ae%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%8d

クラゲの赤ちゃん(名前忘れた)。薄暗く青白い光の中、ふわふわ漂うクラゲは、とても幻想的

流氷の天使『クリオネ』。和名ハダカカメガイと言う、巻貝の一種。実はこの写真、何度も取り直した。両面から見える水槽なので、人の顔がバッチリ写る。目合った。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%b4

この枯れ枝みたいのは『ウィーディーシードラゴン』。一瞬、見落とすとこだった。

かわいらしい姿の『チンアナゴ』。動きが面白い。ゆらゆらしてたと思ったら、ひゅっと出たり入ったり。しばらく見入ったよ。

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b3  %e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ab

鳥羽水族館は『ラッコ』も有名。これまた、動作が愛らしい。見てて飽きないが、意外とデカい。

『イロワケイルカ』。通称『パンダイルカ』。子供と一緒に泳ぐ姿に、親子の愛を感じる・・・気がする。

 

 

アカーン!

つ、疲れた。

ちょい休憩させてくれい(副隊長もヘロヘロ)。

水族館の中、人間のためか、魚たちのためか、結構暑い

味の濃い外食と、館内をまぁまぁ歩いたので、のども乾いた。

と言うことで、海の見える場所で、休憩&水分補給

ココは一部、外になっているので、景色もいいし、風が心地よい

ちょっと高めの自販機でお茶を買い、のどを潤す。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc外を見ると、ちょうどフェリーが出航する所だった(水族館横に、フェリー乗り場がある)。

そういえば昔、師崎(愛知県知多半島)からフェリーで、鳥羽に来たことがある。

おいちゃんはスゲー楽しかったが、おいちゃんのおかんが船酔いして、大変だった記憶が・・・・・懐かしい。

残念ながら今は、師崎~鳥羽間のフェリーは、航路廃止になってしまった。

ホントに残念だ(また船旅したかった)。

 

%e4%b8%89%e9%87%8d2%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%be%a1%e6%9c%a8%e6%9c%acふと横を見ると、そこには『御木本真珠島』。

前回行った、『スカイライン』のてっぺんに、記念碑を建てた人の本業が『真珠養殖』。

真珠養殖の創始者で、『真珠王』とも呼ばれる『御木本幸吉』の、記念館や真珠博物館がある島。

そういえばおいちゃん、鳥羽には数えきれないほど来たが、御木本真珠島には1度も行ったことがない。

どうやら、今度行くとこが見つかったようだ(次回以降ね)。

 

 

さて、HPも回復したし、のども潤った。

隊員Rがうるさいから、次行くか。

 

・・・と言っても、まだまだ続くよ水族館

 

▲ このページの先頭にもどる