ぱんのつぶやき~店長ブログ2016年12月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

デービ~~~ル!

%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3等身大?(人と同じ大きさ)

売り物?(値札は付いてない)

欲しい!(安ければ)

(ある中古ショップにて)

 

 

 

 

買えても、どこにも置け~~~ん!

ありがとうございました

今年の『ぱんだふる』の営業は、終了しました。

 

今年も1年間、『ぱんだふる』のご利用(ホームページの閲覧も含め)、誠にありがとうございました。

 

 

どうですか? 今年1年間は? よかったですか?(何かが)

良かった人は、おめでとう。

そうでない人は・・・来年があるさ!(+思考でね)

 

 

それでは、ちょっと早いですが、良いお年を。

 

 

ああ、『ぱんだふる』は、1月4日(水)から、営業開始です。

ではでは。

月見で一杯

ちょっくら「ドゥルルン」と、道の駅『月見の里 南濃』の冒険に行ってきた。

 

最近、寒いが天気のいい日が多くなった。

「これはチャンス!」とばかりに、ちょっと遠出。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e5%9c%b0%e5%9b%b3月見の里は南濃、つまり『岐阜県の南側』にある。

とは言っても、愛知県に切れ込んだ場所にあるので、そんなに遠くない。

以前行った、『道の駅 立田ふれあいの里』や『木曽三川公園』を通り過ぎた、さらに向こうにある。

副隊長にカメラを託し、いざ出発。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%a0最初のうちは、とても順調。

途中、道路工事で気持ち混んだが、それ以外は問題なし。

田園風景の中、快適に飛ばす(交通ルールは守りましょう)。

いや~、気持ちいい。

(不思議な建造物発見。なんだろこれ)→

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e7%ab%8b%e7%94%b0そして、立田ふれあいの里までやってきた。

立田の里は、相変わらずの人気ぶり

駐車場待ちをしてる車が何台も(ちょっと前にTVで紹介してた)。

おいちゃんたちも、美味くて、やっすいレンコン買っていきたいが、今回はガマン(駐車場、止めれんしね)。

 

後ろ髪をひかれながらも、通り過ぎた次の瞬間、突然の『渋滞』。

そういえば、この先には木曽三川(東から順に木曽川、長良川、揖斐川【いびがわ】)がある。

長い橋を渡るため、平日でもほぼ渋滞が起きる場所(渋滞キライ)。

『渋滞キライ』と言っても、ここを渡らないと行けないため、ガマンガマン。

風景を楽しむとしよう。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%9c%a8%e6%9b%bd%e5%b7%9d%e5%8c%97  %e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%9c%a8%e6%9b%bd%e5%b7%9d%e5%8d%97

木曽川(北)。デカい。反対車線はすいてる(ちくしょー)。

木曽川(南)。日の光が水面に反射してキラキラ

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e9%95%b7%e8%89%af%e5%b7%9d  %e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e4%b8%89%e5%b7%9d%e5%85%ac%e5%9c%92

手前木曽川、向こう長良川。長良川付近は、対向車が多く、ちゃんとした写真が撮れなかったらしい。

木曽三川公園の展望台。展望台からの景色は壮観。また登りたい。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e4%b8%89%e5%b7%9d%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3

 

 

木曽三川公園のレストラン。以前入った時、『ナマズの魚フライ定食を食べた。ふわっふわの身で、とても美味かった。また食いたい。

 

 

 

木曽三川公園を過ぎると、渋滞はなくなり(いろんな方向へ散って行った)、また快適に。

今度は揖斐川沿いに、北に向かって走る。

しばらくは信号もないので、風景を楽しみながら走る

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%8f%96%e6%96%90%e5%b7%9d1  %e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%8f%96%e6%96%90%e5%b7%9d2

揖斐川。河口付近で長良川と合流する。ところであの船、どうやって乗り込むんだ?(川の真ん中にある)

水面はとても穏やか。写真では見づらい(見えない?)が、カモの群れが泳いでる。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%8f%96%e6%96%90%e5%b7%9d%e6%a9%8b揖斐川を渡る橋。きれいな風景は、一旦ここでおしまい。なかなかに美しい橋じゃない?

 

 

しばらく道なりに走る。

この道も、ほぼ信号がないので快適だ。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%b3「もう少しで着くかな?」というところで、『ドライブイン』を発見。

『道の駅』ではなく『ドライブイン』。

すごく懐かしい響き。

昔は、そこかしこにあったのに、今はほとんどない?(代わりに道の駅があるが)

子供のころ、長距離移動の休憩に、よく使ってた。

そのドライブインはまだあるが、今は『高速』があるから・・・。

寄りたい気持ちがふつふつとわいてきたが、ぐっとこらえて、またの機会に。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%81%ae%e9%87%8c1そしてほどなく到着。

ココが『月見の里 南濃』。

結構デカい道の駅だ。

駐車場に車は多いが、デカいため空はあるので余裕で駐車。

所用時間、1時間ちょっとの背中のコリを伸ばしつつ、周りを見渡す。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e8%b6%b3%e6%b9%afすると、『足湯』を発見。

最近多いよね。

色んな施設に、コレがある。

でも、利用してる人も結構いる。

「疲れ、取れるんだろうか?」と思ったが、めんどくさいのでなし。

 

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e5%9c%9f%e7%94%a3中に入る。

ココは、物産でも『土産物』を売るスペースのようだ。

その土地のもの、それ以外のもの、多種多様ある(衣料品も売ってた)。

そこで、懐かしいものを見つけた。

オリエン○ル グァバ』(岐阜、かんけーねー)。

子供のころ、CMで見てた。

歌もおぼろげながら覚えてる。

ただおいちゃん、飲んだことない(近くに売ってなかったし、売ってたとしても、お小遣いじゃ買えなかった)。

子供のころの、憧れ?の飲み物が今ここに!

「これは買いでしょ」ということで、これといくつか購入。

 

そして、面白いもの発見。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e3%83%a2%e3%82%af%e3%82%ba%e3%82%ac%e3%83%8bそれはコレ。

写真だと見づらいかもだけど、これは『モクズガニ』。

中国では『上海ガニ』と呼ばれる、淡水ガニ。

ミカンの網に、4匹ぐらい入って800円。

安っ! 普通、4~5倍の値段するよ!?(たしか・・・)

これは買・・・・・わなかった(食いづらそうだし、料理の仕方分からんて、副隊長が)。

 

次に向かったのは・・・・・トイレ(スンマセン。冷えるんで)。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80その横に、休憩スペースがあった。

自販機に、テーブル、イス、座敷にテレビまである。

ここで買った土産物や、外の売り場の食べ物をここで食べたり、休憩したりできるようだ。

写真では、人のいない時を狙ったが、実際、何組かが食事などをしていた。

寒さや暑さがしのげていい場所だ。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e7%89%a9%e7%94%a3その隣に、物産でも『産直』を売るスペースがある。

人気があるのか、おいちゃんたちが行った頃(昼ごろ)は、品数が少なくなっていた

今は『ミカン』や『』がメインのようだ。

そういえば、ここに来る途中、ミカンや柿がなってたような・・・。

とりあえず買っておこう。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e5%93%81そしてこの奥に、この施設で加工された物品を売る場所が。

「キュピーン!」、副隊長の目が光る

「テレレレッテレ~、よもぎもち~」(副)。

その手には、よもぎ餅草餅)が握られていた。

「こんなのもあるけど?」(おいちゃん)。

「はっ!? よもぎの『おはぎ』!?」(副)

よもぎのおはぎは珍しい

始めて見た。

悩む副隊長。

そこに、店員のおねいさんがやってきて、「今、作りたてのがあるよ」と商品を補充にやってきた。

副隊長の手には、光の速さで、作りたてのよもぎのおはぎが。

話しを聞くと、このおねいさんが作っているらしい。

気のいいおねいさんで、他の商品の説明もしてくれた。

ここでも、いくつか購入。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e5%87%a6そろそろ、腹の減りが限界に来たので、昼飯を食う。

食べる場所はいくつかあったが、この店へ。

なぜかと言うと、デカいポップの鶏ちゃん(けいちゃん)』に惹かれて(腹減ってる時に、あのビジュアルはズルいよな~)。

 

店内は、いたってシンプル。

ファミレスのような造りだ。

メニューを見ると、『奥美濃古地鶏』と『名古屋コーチン』の鶏ちゃんがあるが、岐阜に来てるので当然『奥美濃古地鶏』で。

副隊長は、お得な『月見の里弁当』を注文。

注文を待ってる間、メニューを詳しく見ると、ちょっと変わったものが。

それがコレ。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3ラーメンにミカン』が乗ってる、『南濃みかんラーメン定食』。

説明を見ると、『あっさり塩味スープに、ほんのりミカンの香り』と書いてある。

別の所には、麺にもミカン果汁』が入っていることが書かれている。

ラーメンにミカン? おいちゃんは勘弁。

そしたら副隊長、「これにすれば良かった」と言い出す。

「まぁまぁ、次来た時な?」と、なだめておいたが・・・・・う~む。

 

そしてやってきた注文の品。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e9%b6%8f%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93  %e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%ae%9a%e9%a3%9f

「おー、いい匂い!」。

鶏ちゃんは、食欲をそそる匂いと、甘辛い味付けで、ご飯泥棒。

特に、歯応えが変わってて、弾力があってとてもいいんだけど、硬いわけじゃなく歯切れがよい。

うまく説明できんけど、普段食ってる鶏肉とは全然違う。

副隊長に「コレ『鶏肉』だよな?」と思わず確認したくらい。

まぁ、とにかく美味い。

月見の里弁当は、「色々入っててお得だね」って感じ。

おいちゃん、『からあげ』もらったが、結構美味かったよ。

ただ副隊長、「『エビフライ』に『タルタルソース』が付いてない!」と吠えてた(鶏ちゃんに付いてるマヨつけてたよ)。

「やっぱり、アレ頼めばよかった」(副)。

「ハイハイ、今度ね今度」(おいちゃん)。

 

腹ごなしに、周りを散策。

『ちびっこ広場』なるものがあったが、ちょいショボかったので割愛。

だがその脇に、山(丘?)に上る階段が。

少し長いが、おいちゃん、景色のためにガンバル(副隊長辞退)。

誰も登ってないのか、草ぼうぼうで上りづらい。

何とか平らなとこに来た(まだ上があるが、もうそこは密林)。

「うっ・・・」、やべっ、キラキラが出そうに・・・。

・・・ふぅ、息を整えて顔を上げると、そこは、なかなかいいロケーション

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e9%ab%98%e5%8f%b0

手前の施設は『月見の里』、木々の向こうは『濃尾平野』。

写真では見えないが、右手には、うっすら『名古屋駅のビル群』も見える。

おおっ、上ってきた甲斐があった。

しばらく景色を楽しんでると、下に、ちっさい副隊長がいた。

おおぅ・・・これを下りるのか・・・。

 

 

十分堪能したので、帰路につく。

行きには、よく見なかった『ミカンの木も見つけた(結構いっぱいあった)。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%82%93  %e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%9f%bf

 

この写真は、揖斐川沿いを南に。

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e5%b8%b0%e3%82%8a%e9%81%93

おいちゃんたち以外、前も後ろも車1台もいないサイコー!! ずっとこの道を走っていたい)。

帰りは渋滞もなく、超快適だった。

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%82%84さて、今回のおみやはこちら。

あれっ?、『よもぎのおはぎ』だけじゃなく『よもぎ餅』も入ってる。

副隊長、いつの間に・・・(って、知ってたけどね)。

おはぎの方は、食感が面白い

餅の方は、よもぎ感がたっぷり(ミントみたい)。

どちらも甘さ控えめで、とても美味かった。

グァバは、ちょっとクセのあるパイナップル(マンゴー?よく分からん)みたいな、まさに『トロピカル』な味。

副隊長が「子供のころ飲めなかった」と言ったわけが分かる気がする(今は「おいしい」って言ってたけどね)。

不思議な味だが美味い(缶の絵が昔と変わってる気がする)。

右上の、丸い容器の茶色いものは『梅みそ』。

これは、店員のおねいさんが作った、おすすめの1つ。

あまからすっぱい』その味は、とても独創的。

『納豆』や『カツ』に付けて食べたら、非常に美味かった。

後のものは、ご想像にお任せします・・・・・なんて、まだ食べてないんだよ(月見でいっぱい買いすぎた)。

 

 

 

 

%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%80%80%e6%9c%88%e8%a6%8b%e3%81%ae%e9%87%8c2久々のプチ遠出は、とても楽しかった。

日差しがあり、風もなかったので快適に遊べた。

人は多かったが、混雑はしてなかったし、いい買い物もできた。

ただやっぱり、道の駅は『平均年齢』が上だね。

おいちゃんたちが、下げてたんじゃないかってくらい(他にも若い人はいたが、片手で収まるほど)。

ある年配のご夫婦は、『山芋』だけを手にぶら下げて、帰るところだった。

近所?の人たちからは、『スーパー』のような使い方をされてるのかもしれない。

なんか、いいねぇ。

あの後姿を見ていると、心があったかくなるよ。

いいなぁ、こういうところが近くにあったらいいなぁ。

 

 

 

 

 

そうそう、帰ってから副隊長、「やっぱりミカンラーメン食べときゃ良かった」って。

まだ言うか。

 

ちょっと前だけど・・・

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%81%ae%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad行きつけの『ケーキ屋』で買ったケーキ。

大型量販店だが、安くて美味い。

リンゴのケーキ』が、あまりにもきれいだったので。

とーぜん、味もバッチリだったよ(食べるの、もったいねー)。

気さくなオバ・・・おねいさん

ちょいと「ドゥルルン」と、『パン屋』の冒険に行こうと思ったが・・・。

 

寒くなって、ちょっと出るのが『おっくう』になってきた、今日この頃。

とりあえず、「パン屋にでも行くか」と思い、出かける。

ただ1つ、不安材料があったのだが。

 

着くと不安的中。

ウワォ! 閉店ガラガラ」状態。

事前に調べた時、『不定休』って書いてあったんだよね。

おいちゃんたち、『は良くない方。

なので、こんなことは日常ちゃめしごと

気分を切り替えて、愛車を転がすことに。

 

どうせなので、全然知らない道を走る(副隊長もノリノリだ。でもちゃんと帰れっかな?)。

適当に走らせたので、東西南北、どこを向いて走ってるのか全然分からない(町中なので写真なし)。

途中、いろんな店を見つけた(主に食事処や喫茶店が多い)。

その中に、面白い店が1つ。

洋菓子』とデカデカと看板が掲げてあるのに、どこからどう見ても『喫茶店』。

不思議だ。

おいちゃんたちの冒険心がムクムクと。

だがしかーし! ついさっき、朝飯食ったばっか

残念だが、次の機会にしよう(たどり着ければ)。

 

やたらめったら走った(結構な時間たってる)。

信号で止まる。

横を見ると『コンビニ』。

よく見ると、その陰に隠れるように、『たこ焼き屋』を発見。

これは是非、寄らんと(コンビニに駐車できるし)。

 

%e6%b0%97%e3%81%95%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%8d%e5%b1%8b%e3%80%80%e5%ba%97この店、ちょっと変わってる。

コンビニの敷地に建ってる

敷地を間借りしてるのか、元からあるところにコンビニが建ったのか。

なんにしろ、駐車場のあるたこ焼き屋は珍しいので助かる。

 

愛車を止めると、たこ焼き屋のおねいさんが「カッコいい車だね」と声をかけてきた。

実は、おいちゃんの愛車、気持ち『カスタム』してある。

おねいさん、それに気づいたようで、店から出てきて質問攻め。

すると、コンビニに来た客まで集まりだして、なんか品評会みたいに。

 

しばらく話をした後、皆、目的の場所へ。

そして、たこ焼き屋のおねいさんが、「今日は、どっか行くのかい?」と聞いてきたので、「ぶらぶらっと走ってたら、たこ焼き屋を見つけたんで」と答えたら、「まぁ!そうかい!ありがと」と商売人の顔に戻って行った。

で、おいちゃんたちも目的の『たこ焼き』へ(最初の目的と違うが)。

%e6%b0%97%e3%81%95%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%8d%e5%b1%8b%e3%80%80%e3%81%9f%e3%81%93%e7%84%bc%e3%81%8d%e6%a9%9f「『ソース』、『醤油』、『辛いタレ』とあるけど、どうする?」とおねいさん。

「じゃぁ、3つとも」とおいちゃん。

「いやいや、それは多いよ!」とおねいさん。

「1つ、いくつ入ってんの?」とおいちゃん。

「15個だよ」とおねいさん。

「そりゃー、多いな」とおいちゃん。

と言うことで、『ソース醤油の2個を購入。

ただ、どうにも目の端に飛び込んでくる『みたらし団子』も、気づいたら買っていた。

 

おねいさん、たこ焼き焼く間も包む間も、おいちゃんの愛車の話しでもちきり。

そんでもっておねいさん、たこ焼きを少しサービスしてくれた(アリガトー)。

帰り際、手を振るおねいさんに手を振り返し、帰路についた。

 

ただ、「ここはどこだ?」って話。

とりあえず走らせる。

すると、なんとなく見覚えがある場所に出たため、無事、家に到着(意外と、あっさり)。

%e6%b0%97%e3%81%95%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%8d%e5%b1%8b%e3%80%80%e3%81%9f%e3%81%93%e7%84%bc%e3%81%8dいつの間にか、昼になってたので、帰るなり、たこ焼きをほおばる(まだあったかい)。

美味い! 実に美味い!

今どきじゃない、懐かしい味と食感のたこ焼きだ(写真左のたこ焼きの『ぶちゅ』ってつぶれてるのが、サービス品)。

みたらし団子も、程よい焼き加減ともっちもちのやわらかさ、そして甘辛いタレが絶妙。

あっちゅう間に、平らげてしまった。

 

 

 

 

あったかい

たこ焼きもそうだが、おねいさんや町の人も。

知らない人と、あんなにも和気あいあいと話ししたの、ホントに久しぶりだよ。

時間が過ぎるのも忘れてた。

こういうとこが、近くにも、まだあるんだね~。

 

 

 

 

 

そういえば、おいちゃんが好きな『タレなし』、たのむの忘れてた。

今度は『タレなし』と、『辛いタレ』たのまんと。

また、行かなイカンとこが出来た(道、おぼえたし)。

 

すっごい元気で、気さくなおねいさん。

次行った時も、『弾丸』のように店から飛び出してくるんだろうか?

楽しみだ。

▲ このページの先頭にもどる