ぱんのつぶやき~店長ブログ2016年8月

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

ドゥルルン

ちょいと「ドゥルルン」と、『愛車を転がす』冒険に行ってきた(実はちょっと前)。

 

その週は、ちょいとおいちゃん調子が悪くて(年かな?)、目的地を決めずに愛車を走らせた。

天気はなかなか良好。

目的地がないので、自由気ままに右へ左へ。

 

途中、熱田区の有名『ひつまぶし』店の前で赤信号。

店の方を見るとそこには、まだ10時前だというのに長蛇の列が。

おそらく開店は、11時か11時半。

この人たち、2時間前後(それ以上?)この炎天下の中で待つのか!?

うなぎ食って、精を付ける前に『熱中症』になってまうんじゃないの?

おいちゃんには理解できん行動だが、倒れる前にうなぎ食えるといいね(なんかプラスマイナス0な気が)。

 

さらに愛車を走らせる。

なんだかだんだんと、気分が良くなってきた。

だが、名古屋の中心部が見えてきたあたりで、引き返すことにした(『無理は禁物』って副隊長が)。

 

お気に入りパン帰り道、例の『1番お気に入りのパン屋』で、パンを買って帰る。

今回は、いつもと違う雰囲気のパンを買ってみる。

でもやっぱ、どれも美味い。

甘いのも、からいのもサイコーだ。

 

 

 

目的地を決めずに、ぶらっとするのも悪くない。

でも、遊ぶのにも体力が必要だから、体調を整えんと(近頃、キツイ時がたまにね)。

おいちゃんは、『美味いパン』と『午後の休憩』で、体力回復を図りましたとさ。

 

皆さんも無理せんように。

身体が資本』ですぞ。

パン食い狂想曲 第1番7-6

ちょいと「ドゥルルン」と、『パン屋』の冒険に行ってきた。

 

昭和区パン屋ココは以前、着いたら『定休日』だった昭和区の店。

今回は、ちゃんと調べてから行った。

やはり評判の店らしく、駐車場(結構デカい)がどんどん埋まっていく。

歩いてやってくる客も多い。

しかーも! 駐車場に『警備員』が2人もいる!

そんなパン屋、初めて見た。

コレは期待できそうだ。

 

中に入ると、大量の人

店は、まぁまぁの大きさ(思ったほどではなかった)があるが、そこに、身動きがとりづらいほどの客がひしめいている(渋滞キライ)。

おいちゃんたち、パンを選ぶとき(パン以外も)、結構吟味してから買うので(予算があまり・・・)、人の流れに乗って店の中を4周ほどした(だって、人が多すぎて戻れないんだよ・・・)。

イートインスペースもあるのだが、規模が小さく、その日はやってなかった。

 

大量といえば、『レジの数』と、『店員+パン職人』。

レジが3台に、店員+パン職人が15人前後(もっといる?)。

うーん、すごいパン屋だ。

 

昭和区パン屋 パン買ったパンはコレ。

うん、生地のパンは、確かに美味い。

そして、「おっ!?」と思ったのが、左下の『ウインナーパン』のウインナー。

しまうたウインナー』と言うのだが、実はおいちゃんたちも以前、利用していたことがあるのだ。

超絶濃厚な旨味を持つウインナーなのだが、色々材料費が上がった時に(今も上がり続けてるが)、『ぱんだふる』のパンの価格帯から外れる金額になってしまい、泣く泣くあきらめたウインナー。

久しぶりに食べたそれは、相変わらず『超絶濃厚』な美味さだった。

ただ、ちょっと残念だったのは、菓子パンのいくつかが、極甘だったこと。

おいちゃんたちには、ちょいキツかった。

 

 

 

パン屋もいろんな店があって面白い。

味に特化した店、利便性に特化した店、サービスに特化した店等、売れてる店には何かしら特徴がある

努力の結果が、そこにあると思うが、必ずしもその努力が実を結ぶとは限らないことが、もどかしいとこだよね。

おいちゃんたちも、頑張らんとなぁ。

 

 

 

 

 

 

暗中模索の日々・・・。

ウォンチュー、もぉ策・・・・・・・・・・スンマセン。

♪北~の~~ 鯖江通りには~~♪ その3

この旅の最終目的地に向かう。

 

ピカピカーン「カ~ナビ~」。

四次○ポケットからカーナビを取り出し使用(おいちゃんの愛車と併用してるので、常についてない)。

行き方は大体分かるのだが(副隊長が)、あるのでせっかく。

すると、見たこともない道を指し示す。

「ホントに大丈夫か?」と思いつつ走って行くと、これが超快適

九頭竜川沿いの堤防を走って行くのだが、前後共に車、1台もなし(マジで)。

ほぼノンストップで目的地に着いた。

 

福井3 道の駅ここは、坂井市三国町にある『道の駅 みくに』。

ここから車で10分もかからないとこに、かの有名な景勝地『東尋坊』がある。

東尋坊には何回か行ったので、今回はココ(とは言っても、ここも1度来たことある)。

ここでもお土産をゲットしようと。

結構デカい道の駅なのだが、そこそこ混雑している(昼少し過ぎてたが、レストランはほぼ満席だった)。

お土産、生鮮食品、魚介類、ご当地食材・・・・・色々盛りだくさんだ。

福井3 道の駅中1

 

その中で見つけたコレ。

福井3 道の駅菓子福井名物の『ソースかつ丼』と、福井県越前市のご当地グルメ『ボルガライス(オムライスの上にカツをのせ、ソース(デミグラス、中華風等)をかけたもの)』を模したお菓子

2つとも買って食べたが、おいちゃんは『ソース菓ツ丼』の方が好み(どっちも美味かったよ)。

ただ、この味『うま○棒 とんかつソース味』に似てる気が・・・・・。

きっと、おいちゃんの気のせいだな、うん。

 

福井3 道の駅中2他にも『羽二重わらび餅』、『味付たら(コレ美味い!)』等、色々買った(残念ながら、副隊長ご所望の『酒まんじゅう』は売切れ)。

その中でも特に美味かったのが、『ゴマ豆腐(福井で有名らしい)』。

その『とろけるような食感と風味がたまらない!

白よりも黒の方が風味が強いので、おいちゃん黒の方が好き。

しまったー! もっと買っとくんだった!(ご飯のおかずには、ならんけどね)

 

福井3 道の駅中3小腹がすいたので、何か『即戦力』を。

だがしかーし! ご当地物が何もない!

あるのはどこにでもある『たこ焼き屋』と『ソフトクリーム屋』だけ。

レストランは満員だし・・・・・仕方なく、たこ焼きを食った(美味かったけどね)。

残念だね、せっかく『三国港』が近くにあるのに。

まさか、冬場だと『カニ』の屋台とか出てんのかな!?(いや、『カニの形をした屋台』じゃなく、『カニのボイルを売る屋台』ね)

 

帰り際、『越前海岸』を通ったので、その写真をいくつか。

福井3 越前海岸1 福井3 越前海岸2

福井3 越前海岸3

いやー、『』はいいね!

血沸き肉躍る』よね!

まー、通り過ぎただけなのが残念なとこだが・・・(いまいち車を止める場所が・・・・・写真は車窓から)。

 

福井3 料理で、その後食った、しっかりしたメシ。

越前おろしそば』と『地物カレイの唐揚げ』。

カレイは新鮮で臭みなし(骨まで食える。頭は残したけど)、そばは風味とのど越しサイコーな料理でした。

 

 

帰宅途中、行きで食べた『サバエドッグ(ソースかつ丼棒)』が食べたかったので、福井から高速に乗ってすぐの『北鯖江PA(上り)』で下車。

が、ない。

車を降りた時、下りより小さいPAだったので、ちょいと不安だったのだが・・・・・的中。

超ガッカリで帰路に。

 

福井3 養老途中、いつもの『養老SA』で休憩。

ここも大きなSAなので、人が多い。

お土産もたくさん売っている。

岐阜のものだけでなく、近場の滋賀や北陸、三重や京都のまである。

まーでも、SAって、そんなもんだよね。

 

福井3 牛めしここでは帰ってからのメシ用に、『飛騨牛 黄金の牛めし』を購入(副隊長、運転で疲れてるからね。あっ、ちなみに、『ドゥルルン』って書いてあるときは、おいちゃんが愛車を運転)。

以前も食べたが、結構美味い。

牛肉不得意の副隊長もペロリ。

値段は『飛騨牛!!』って感じだけど(たまの旅行ぐらいはね)。

 

 

 

いやー、楽しかった!

時間さえあれば(金もだけど)、もっと頻繁に行きたいとこだけど、1番持ち合わせのないものだから・・・(2番はもちろん金)。

まー、また、1年後の楽しみに取っとくか。

 

 

 

 

家に帰って調べたら、『北鯖江PA(上り)』にも、『サバエドッグあったって・・・。

おかしいなー、ちゃんと?見たんだけどなー・・・(だって、下りと違って『ポップ(宣伝)』も何もなかったんだよ)

しかも、冷凍で『お取り寄せ』可能だって。

う~ん、なんかな~、ちょいと興ざめ(知らなきゃよかった)。

でも、次行ったら、また食う!!(大丈夫! おいちゃん忘れっぽいから)

 

 

 

 

 

 

♪長~い~~ サバエドッグが似合う~~♪

 

                            おしまい

♪北~の~~ 鯖江通りには~~♪ その2

次の日。

 

もう1つの目的地に向かう。

前回も行った駅前のある店なんだが、歩いて見えてきたのは、駅横に出来たデカいビル

なので、とりあえず、そこに行ってみようと。

着いたそこは、やっぱりデカい。

しかもオシャレ(左写真の左に見えるのは福井駅)。

福井2 ハピリン2 福井2 ハピリン1

 

中に入ると1Fは『商業施設』になっていた。福井2 ハピリン1F

ぶらぶらっと見て回る。

その時、「兄ちゃん、カッコいいねぇ」と、おいちゃんに声をかけるオッチャンが。

見るとそこには、朝から『出来上がった』酔っ払いAが現れた!

酔っ払いAの攻撃。

酔っ払いは『酒臭い息』をはいた。

おいちゃんの攻撃。

おいちゃんは戸惑っている・・・・・みたいな。

まぁ簡単に話すと、

酔「一緒に飲まない?」、お「いやいや結構です」、

酔「うちのお母ちゃんがさ・・・」、お「はぁ、そうですか・・・」、

酔「この腕見てよ・・・」、お「大変ですね・・・」、

な感じ(約10分)。

でも、楽しかったよ。

全然知らない人と旅先で、こんなに話すことないからね(オッチャンも、そこまで酔ってなかったし)。

ただ、おいちゃんが『パン屋』だって話すと、見た目とのギャップ?に、えらく驚いていた(そんなにか?)。

そして・・・・・おいちゃんは逃げ出した。

 

福井2 ハピリン2F2Fも『商業施設』

そこに、福井の土産物屋があったので、お土産を買うことに。

いくつか買って、世話になった人に贈るため、配送してもらう。

副隊長が配送の手続きをしてる間、暇だったおいちゃんは店員さんとお話し。

すると、ここ(ハピリンと言うらしい)が今年の4月の終わりごろ出来たこと、1,2Fが『商業施設』で、3,4Fが『多目的ホール』他5Fが『プラネタリウム(1番上右写真の丸いトコ)』になってるらしい(福井弁のかわいらしい、御嬢さんでした)。

驚いたのが、6階以上(最上階が何階か分からない)は『マンション』になってるということ。

福井駅の真横(駅の一部?)にあるビルが、「会社でなくてマンション!?」と聞き直したくらいだ。

変わってる。

たしかに超便利だが、いったい、いくらするんだろう? どんな人が住むんだ?・・・

 

福井2 商店街気を取り直して、外の『商店街』へ。

表通り(大通り)と、メイン通り?(路面電車が通るとこ)は、まだ活気があるが、1本横道に入ると閑散としてる。

シャッターが閉まってる店もちらほら。

すると隊員Rが突然、「あっ、リュック欲しい!」と言い出した。

見るとそこには『かばん屋』。

そういえば、ちょっと前に「リュックが破けた」と言っていた気が。

「4ヶ月でダメにしやがって、コノヤロ~」と思ったが、放置しておくと、完全に使い物にならなくなりそうだったので、しぶしぶ買うことに。

気さくな『おばあちゃん(店員?)』2人に促されて中に入ると、結構な種類のカバンが。

すると店主のオッチャンが出てきて、色々説明してくれた。

値段もかなり良心的(さらに割引の商品まで)。

しかし、隊員Rが選んだものは、値段はそんなに高くないが割引なしの(しかも入荷したてらしい)。

「よりによって、それ選ぶか~」と思ったら、店主のオッチャン、「いいよいいよ、これも割引してあげるよ(福井弁)」と。

丁重に礼を言いつつ購入(オッチャン、39)。

おばあちゃんたちと雑談をしたのち、店を後にした。

いや~、商店街はどこも、あったかいね~。

 

福井2 商店街路地しばらく歩くと、細い路地を発見。

だがしかし、そこはさらに閑散としていて、ほとんど店が閉まってる(ひとけもない)。

ここは場所が分かりづらい。

おいちゃんたちのように、あてもなく(あてはあるが)ぶらぶらしないと見つからないと思う。

そこに、気持ちおいちゃん好みの服(Tシャツ)を売る店があった。

小さい店で、おばあちゃんが1人、店番をしていた。

少し見させてもらったが、サイズが小さかったので、残念だがあきらめた(おばあちゃんゴメン)。

 

福井2 西勘堂さて、本来の目的地。

以前も来たお菓子の店西勘堂(にしかんどう)』。

ここに副隊長の思い出の味、『量り売りクッキー』を買いに来た。

15種類ほどあるクッキーを、1種類につき2,3個ずつ取り、量りにかける(写真右のヤツ)。

まぁまぁいい金額になったが、個包装してあるし、何より絶品(甘いもの苦手なおいちゃんでも)。

福井2 西勘堂クレープ支払いの最中、ショーウィンドウを見ると、個包装された『クレープ』を発見。

「コレは是非食っとかんと」と言う副隊長の号令のもと購入。

買ったのは『バナナ(副隊長)』、『チョコバナナ(隊員R)』、『ブルーベリー(おいちゃん)』(写真にチョコバナナが入ってないのは、隊員Rがすでにかぶりついてたから)。

中にスポンジケーキが入ってて、見た目よりボリューミーだったが、甘さ控えめで非常に美味かった。

 

メイン通りには、所々にベンチが設けてある(路地裏まで含めると、結構巨大な商店街だからね、人にやさしい作りだ)。

福井2 パン屋そこでクレープを食したのだが、食べてるとき目の前の店をよく見てみると、どうもそこは『パン屋』らしい。

前面のガラスが鏡(ガラスに映ってるのは、おいちゃんと隊員R)のようになっていて中が見づらく、パンの文字がほとんどない(しかも『のぼり』に『プリン』って)。

中に入ると、確かにパン屋。

福井2 パン屋店内しかも見た感じ、美味そうだ。

さっそく、いくつか購入。

後で調べたら、去年行った時も、一昨年行った時も、すでにあったようだ(ずっと見逃してた)。

福井を拠点に持つチェーン店のようだが、種類も豊富で、味もバッチシだった。

しかーも、いくらかの購入で(500円以上だったかな?)、『コーヒー』や『ソフトクリーム』等のサービスが!

1も2もなくソフトクリームをいただきました(あっ! 隊員R食いすぎ! おいちゃんの分なくなる!)。

 

外に出ると『路面電車』が。

追っかけて写真を・・・・・と思ったら、信号で止まってる

信号で止まんだ・・・・・おもろいな。

福井2 路面電車1 福井2 路面電車2

でも、路面電車って風情があっていいね。

実物を見たのは、福井が初めてだけど(たぶん。おいちゃんの記憶は、あてにならない)。

 

 

さて、福井の町中を後にして向かうは・・・。

 

                             ・・・つづく

♪北~の~~ 鯖江通りには~~♪ その1

1年ぶりに『福井』に行ってきた。

 

車を走らせて、いつもの休憩場所『賤ヶ岳【しずがたけ】SA』へ。

福井 賤ヶ岳すると何か微妙に違う。

前来たのが1年前なので、はっきりしないが、どうも店内が改装されているようだ。

えらくすっきりと見やすく、オシャレになっている。

店内をぐるっと見渡していると、あるものを発見。

それはコレ。

福井 賤ヶ岳パン滋賀名物(?)、つるやの『サラダパン』。

上りの賤ヶ岳SAで1度見て(買って)以来、下りの賤ヶ岳SAで見たのは初めて。

「これは速攻買わんと」と思い、写真を撮っていると、周りにいたオッチャン達が「なにこれ? 有名なの?」と、一斉に買いだした

やばいよやばいよ、おいちゃんたちの分、確保しないと(ちゃんと買えた。そんでもって美味かった)。

 

さらに車を走らせて、普段は止まらない『北鯖江【きたさばえ】PA』へ(もう次が福井市だからね)。

実はここが1つ目の目的地

写真の『B級グルメストリート』の右端、『サバエドッグ』が食べたかったから(たまたまネットで見つけた)。

福井 北鯖江 福井 北鯖江B級グルメ

ちなみに『サバエドッグ』とは、福井名物の『ソースかつ丼(福井では単に『かつ丼』と言う)』を串カツのように棒状にしたもの

注文してから作るということで、7分程度かかるということ。

店内をぐるっとしてる間に、出来上がった。

福井 北鯖江サバエドッグ出来立てのサバエドッグは、ソースのいい匂い

アツアツのサバエドッグにかぶりつくと、中にはちゃんと肉に巻かれた『ご飯』が。

美味い!!

甘辛酸っぱい独特のソースが、いい味出してる。

しかも『』で食べやすい。

いやこれ、もっと宣伝しないと

もったいないよ、こんなに美味いのに。

「次も必ず買う!」と誓う、おいちゃんたちであった。

 

到着した福井で、妙な建物発見。

グリフィス記念館』(写真左)と、その隣にあるなんか『蜂の巣もしくは箱がいっぱいくっついた家』(写真右)みたいな建物。

どちらも前来た時はなかった。

福井 グリフィス記念館 福井 蜂の巣

『グリフィス記念館』は、どうも『グリフィス』という人が、福井にゆかりのある人らしい(興味のある人は調べてね)。

入館無料で、グリフィス氏に関する資料や映像が見れるということだ。

もう1つの『蜂の巣?』の方は、なにかの店(食材?)らしい。

どちらも気持ち入りづらかったので、外から眺めるだけにしといた(即戦力なさそうだし)。

 

福井 秋吉お待ちかねのメシは、以前も行った『やきとりの名門 秋吉』。

さて、あの美味さは健在だろうか? いささか不安だ。

久しぶりに行くと、味が変わってる店とかあるからね(今だと、物価高+消費税upで値段を上げずに、質を落とす場合があるから)。

開店直後なので、比較的すいてる(それでも3分の1くらいはうまってる)。

とりあえず、焼き鳥(豚&牛も)を一通り注文

ホルモン系は除く(隊員Rが好きじゃない)。

福井 秋吉焼き鳥あっという間に、この写真の倍くらいがやってきた(置くとこねー)。

前にも書いたが、焼き鳥の乗る『銀色のプレート』があったかいので冷めない。

3人で(おいちゃんだけ?)、むさぼるように食う。

うむ、美味さ健在で何より!

タレもそうなのだが、『』が美味い。

臭みなど全くなし(鶏、豚、牛それぞれに特有の臭みがあるのだが、それが適切に処理されてない店は多々ある)。

牛肉があまり好きでない副隊長もバクバク。

腹いっぱい堪能した。

 

帰り際(店ほぼ満席)レジで、美味かったこと、久しぶりに名古屋から来たことを伝えると、気さくな兄さん(店長?もしくはちょっとえらいさん)は、礼と共に名古屋(調べたら3店舗)にも店があること、今池店に『おもろい店員』がいることなどを教えてくれた。

今度行ってみるか。

 

                             ・・・つづく

▲ このページの先頭にもどる