ぱんのつぶやき

新作パンや店休日のお知らせから、店長のゆかいな日常まで…
ぱんだふるにかかわるあんなこと、こんなことをつぶやきます。

おいちゃんはちょこをつかった。HP100かいふくした。

ちょいと「ドゥルルン」と、『チョコ屋』の冒険に行ってきた。

 

ここは以前行った、パン屋の向かいにある店。

見た感じ、とても高級そうなので(止まってる車も高級車が多い)、今まで入るのをためらっていた。

ただちょっと前に、TVで紹介されていたのを見て、どうしても行きたくなってきた。

なぜなら、ケーキ屋だと思っていたが(ケーキも売ってるが)、そこは『チョコ専門店』だったこと。

そしておいちゃんは、無類のチョコ好き

今では他の甘いものも食べれるようになったが、昔から甘いものが苦手だったおいちゃんが、唯一?好きな甘いものがチョコ(とアイス)

なので、「これは行かなイカン」と、意を決して潜入。

(写真、『ダビデ像』の大事な部分は、ちゃんと葉っぱで隠れてます。安心してください!)

 

外観もそうだが、店内もとてもオシャレ。

なんだがいろんなものが、キラキラしていて、とてもまぶしい。

ちょっと時間が早いせいか、お客さんはほとんどいない。

奥と2階が、カフェスペースになってるようだ。

 

お客さんがいないうちに、店内を探索。

ケーキやクッキー、そして『チョコ』が所狭しと並んでいる。

この色鮮やかな物体がチョコ。

いろんな形や色、フレーバーが、たっくさん。

「おぉぉ・・・」

TVで見て知っていたが・・・・・結構なお値段

1個で、おいちゃんが好きな板チョコ(メーカーは、ひ・み・つ)、2個半買えますよ。

う~む、どおしよお・・・。

 

 

ちょっと落ち着くために、カフェを利用する。

1階席も空いていたが、ここはやっぱ2階へ。

2階には4席?しかないが、なんか秘密基地みたいでいい感じ。

席の配置も、1階席より落ち着く造りだ。

わざわざ、1階から上がってくる店員さんには申し訳ないが。

 

モーニング?(カフェがあるとは知らなかったので、あまり覚えてない)2種を注文。

注文を待つ間、1階を覗いてみる。

見えるところにお客さんはいない(話し声は聞こえる)。

ログハウス風?の店内が、よく見える。

ステンドグラスもきれいだ(ん? 何風?)。

 

 

1階から、店員さんが注文の品を運んでくる(落とすなー)。

チョコバナナのクレープ』と『チョコフレンチトースト』(正式名称知らん)。

   

クレープは、結構ボリュームある(アイスやクッキーまで)。

だが、甘さが控えめなので食べやすい。

副隊長が「ペロリ」と平らげた。

フレンチトーストは、クレープと打って変わって超濃厚

超絶甘いんだが、なぜか食べれるおいちゃん。

きっと、チョコソースがビターなのが、うまくバランスがとれているのだろう(きっとそうに違いない)。

どちらもとても美味かった。

コーヒーは、苦みとコクが強いタイプ。

甘いものと相性が良く、いい感じ。

 

 

ここで、お土産のことを考える。

せっかく来たのだから何か買って帰りたいが、金額がおいちゃんたちの生活レベルと、ずいぶん差がある。

さて、どうしたものか・・・・・などと話し合ってるうちに、あっという間にランチタイム

ホントは食べる予定ではなかったのだが、ついでっつーことで注文。

追加注文のため、店員の御嬢さんが「レシートを・・・」と言ったので、おいちゃんとっさに近くにあった紙をとる。

するとなぜか、副隊長の手にも謎の紙が。

副隊長「隊長、それは『アンケート用紙』」。

うむ、ナイスツッコミだ、副隊長。

「クスッ」

おぉぅ、御嬢さんに笑われてしまった。

 

ランチはパスタonlyで、『ボロネーゼ』を注文。

他のは魚介系だったので、おいちゃんNG(おいちゃん、魚介系は新鮮じゃないと・・・)。

やってきたボロネーゼには、フランスパンが一緒に(パンは以前行った隣の姉妹店?のもの。さっきのフレンチトーストのフランスパンも同様)。

ボロネーゼは・・・普通に美味い。

パンは・・・これも普通に美味い。

 

食後のデザートは『ソフトクリーム』。

+の料金で、『ケーキセット』が付く(下で見たケーキの金額を考えると、このセットは、かなりお得)。

チョコケーキ、ティラミス、抹茶チョコケーキ、チョコチーズケーキ、どれも濃厚な味付けだが、甘くどくないので、おいしくいただける(量のせいもあるかもだが)。

副隊長、大満足のセットだったようだ。

 

 

そうそう、そう言えば、ランチ食べてる時に、コックさんが階段を上ってきた。

その手には『ライトセーバー』を携えて。

!?

この写真の扉の向こうは、物置になってるようだが、その中に1人入っていくコックさん。

何か物音がした後、出てきたコックさんの手には、『2本のライトセーバー』。

!!!

どうやら物置で、帝国軍と戦って敵のライトセーバーを奪ったらしい。

颯爽【さっそう】と下に降りていくコックさん。

こんなところで、地球の存亡をかけた戦いが行われていようとは・・・・・おいちゃんたちビックリ。

しまった! 動画撮影すんの忘れた!

しまった! おいちゃんたち『ガラケー』だった・・・。

・・・・・まぁ、すぐ分かっただろうけど、『蛍光灯』が切れたらしい。

1本が2本に増えていた理由は謎だが。

 

 

さて、お土産だが、おいちゃんたちガンバって、いくつか買うことにした。

たくさんある中の、いくつかのチョコを選ぶ。

さっきの写真のチョコケースの中からだが、密閉性がいいのか、片方の扉を閉めると、もう片方が引っ付いてきて開いてしまう。

おいちゃん「しょうがねーな」

もう片方を閉めると、片方が開く。

おいちゃん「・・・しょうがねーな」

仕方ないので、両手を精いっぱい伸ばし閉めようとするが、微妙に届かない。

おいちゃん「うおぉぉぉー、おいちゃんにはこれが限界・・・」

副隊長「はいはい。こっち閉めるから」

うむ、ナイス機転だ、副隊長。

「クスクスッ」

おぉぅ、先ほどの御嬢さん。

また、笑われてしまった。

 

 

これがお土産。

チョコは、『コーヒー』、『柚子』、『ラズベリー』、『ピスタチオ』。

う~む、さすがの美味さだ。

どれもそれぞれの風味が生きていてる。

濃厚だが、しつこくない。

これなら、何個でもイケそう・・・・・な気がするのは気のせいだ(主に金銭面)。

ロールケーキ(抹茶、チョコ、紅茶)は、その中ではお安い方。

味もバッチリなのだが、チョコ(ココア)生地が強すぎて、いまいちそれぞれの味が・・・。

美味いからいいけどね。

 

 

 

なかなか良かった。

結構、財布にキッツイが、それ相応の美味さがあった。

時間帯もあっただろうが、オシャレな割に静かで落ち着く。

ただな~、そうしょっちゅう行ける所じゃないな~。

ずいぶんと、財布が軽くなってしまった。

節約せんと。

 

 

 

 

チョコ美味かった。

でもやっぱおいちゃんは、1枚100円前後の板チョコが1番好きだ~。

 

近日発表?

パンの『食品展示会』の冒険に行ってきた。

 

場所は『吹上ホール』。

   

『ぱんだふる』からは、ちょっとある。

しかも、仕事を終えてからなので少々キツイが、新商品の素材を求めてレッツラゴーだ。

 

今年もいろんな食材が目白押し・・・・・あれ? ちょっと小規模になったような気が・・・。

気のせいだな、うん。

 

いろんなブースを巡り、商品の説明を受ける。

うちに使えそうな商品をサンプルとして、いくつか送ってもらうことにした。

 

   

味噌のように見えるが実は『あんこ   おもちゃの観覧車に『マフィン』が

』。おいちゃんも最初「ん?」って   乗ってる。観覧車は『アマゾン』で

なった。               買ったそうだ。

 

 

サンプルが届いたら、新商品の開発だ。

ぃよーし! ガンバルゾっと!

 

 

 

でも・・・・・疲れた~、今日は休ませて~・・・。

 

はじめてのおつかい

ちょいと「ドゥルルン」と、『コーヒー屋』の冒険に行ってきた。

 

ココは以前にも訪れた、名古屋でも老舗のコーヒー屋

この本社は、自社の喫茶店に出すコーヒーや、パンを製造している所。

ちょっと前に、「コーヒーが切れそう」と副隊長が言っていたので、買いに来た(おいちゃんがコーヒー飲めるようになって、消費が早くなったのだ)。

 

平日は(飲んだり飲まなかったり)、スーパーの安いヤツ(インスタント)なのだが、休日だけは、コーヒー屋のちょっといいコーヒーが飲みたい。

いくつか飲んだが(と言っても、たかが知れてるが)、ココのコーヒーは美味いうえに、そんなにお高くない(家からも、そんなに遠くないし)。

そして、接客もサイコーだった。

 

だ・だ・だ・だがしかーし! 今回は、おいちゃん1人。

大概出かけるときは、副隊長と2人(+α)なのだが、副隊長、用事があってお出かけ中。

なので、副隊長には内緒で買いに来たのだ。

だがおいちゃん、買い物を1人でするなんて、数年ぶり

財布に金がいくら入ってるかもさっぱり(確認したら、ちゃんと入ってた)。

そして、コーヒー買うのは初めてだ。

 

 

店内に入る。

まず目に飛び込んでくるのはパン。

すると後ろから店員のお姉さんが「いらっしゃいませ。今日はパンがよく売れて少ないんですよ」と。

実は、『食パン』と『食事パン』も欲しかったのだが・・・とりあえず食パンはあるようだ。

『角食』と『山型』があるが、どちらにしよう?

少し悩んでるとお姉さん、「角食はギュッとしてて、山型はふんわりですよ」と教えてくれた。

おいちゃんがパン屋だなんて知らないだろうから説明してくれたのだが、その親切さ(接客)がココの素晴らしいとこ。

「ほぅほぅなるほど」と聞きながら、山型を選ばせてもらった。

 

次に『食事パン』を買おうとしたのだが、買う予定の『バゲット』がない。

『コッペパン』ならあるのだが・・・。

ふと後ろを見ると、『ばんじゅう(パンを運ぶ入れ物→。この写真は『ぱんだふる』の。パンが20個前後入る)』の中に1袋ある。

おいちゃん「コレ、売り物?」

お姉さん「ええ、そうなんですけど・・・売れ残りのを冷凍していたものなんです。今日はバゲット売れてしまって・・・」

おいちゃん「そうなんだ。じゃぁコレ」

お姉さん「いいんですか!? ありがとうございます!」

冷凍したパンが特に問題ないのは、おいちゃんもパン屋なので知っている(パンを保存するなら、冷蔵よりも冷凍の方がいいよ。あまり長い期間はダメだが)。

でも、正直だよね、言わなきゃ分かんないことなのに(おいちゃんたちには、分かる物もある)。

 

 

さて、問題はコーヒーだ。

前買った記憶を頼りに、レッツチャレンジ。

今回は、おいちゃんの好きな『マイルド系』と、副隊長が好きな『苦み系』の2種類を買おうと思う。

豆の名前を見ても、聞いたことある名前はあるが、味がさっぱり分からない。

こういう時は、お姉さん頼りだ。

おいちゃん「マイルドだけどマイルド過ぎないヤツと、苦いけど苦すぎないヤツってどれかな?」

お姉さん「え~と、ちょっと待ってくださいね」

と、横の壁に貼ってある『豆の味、早見表』みたいなのを見てる。

どうやら、コーヒーはあまり得意ではないようだ。

ちょっと見てあきらめたお姉さん、「すいません、奥から分かる人、連れてきていいですか?」と店の奥に入って行った。

 

すぐに出てきたお姉さんの横に、年配の男性店員(職人?)さんが。

オッチャン「コーヒーをお探しですか?」

おいちゃん「えぇ、マイルドだけど・・・」

と、先ほどと同じことをオッチャンに伝えると、オッチャン「この豆はね・・・この豆は・・・こっちは・・・」と丁寧に教えてくれる

4つ(マイルド2つ、苦2つ)に絞ってくれた中から、2つ(マイルド系、苦系)を選び買うことにした。

 

オッチャン「コーヒー、好きなんですか?」

おいちゃん「えぇ、でも実は、コーヒー飲めるようになって、まだ1年足らずなんです」

オッチャン「ほう! そうなんですか」

おいちゃん「しかも、初めてコーヒー屋さんで買ったコーヒーは、ココのコーヒーなんですよ」

オッチャン「それはどうもありがとうございます! また是非ごひいきに」

おいちゃん「しかし、あれですね、さすがに詳しいですね」

オッチャン「毎日飲んでますからね、仕事で」

おっちゃん「そ、そっかー、仕事でか~、微妙ですね」

オッチャン「そんなことないですよ。役得ですよ、役得」

てな感じで話をした。

 

豆を挽いてもらう時に、お姉さんが「普通でいいですか?」と聞いてきた。

??? お、おかしいな? 前回の記憶をたどっても、そんな言葉出てこない

普通!? 普通じゃないのは何!? ハイオク? 大盛り? お、落ち着け、え~と、左手は・・・茶碗持つ方、右手に・・・ピストル? 心に・・・花束?? おいちゃんはこんらんしている

おいちゃん「ふ、普通? こーゆービンの上にこーゆーの乗せて、紙ひいて淹れるんだけど?」 おいちゃんはこんらんしている

察してくれたオッチャンが「それなら、普通でいいよ」と、お姉さんに指示してくれた。

結局よく分からなかったが、首尾よく進んだようだ。

あー、あせった。

 

豆を挽くいい匂いが店内に広がる。

おいちゃん「いい匂いだね~」

お姉さん「『アロマ』ですよね~、この瞬間、いつも癒されます」

おいちゃん「おー! 確かに! いいね~」

おいちゃんはせいじょうにもどった

お姉さん「あの~、『ぐっ○ん』に似てますね」

おいちゃん「『ぐっさ○』? あー、何回か言われたことある。前、『おちょぼさん(千代保稲荷)』でも、後ろから「ぐ○さーん!」って呼ばれたことあったよ」

お姉さん「やっぱり。ちょっと似てますよ」

おいちゃん「まぁ、『○っさん』ほど、いい男じゃないけどね」

お姉さん「あははははー」

え~? そこは、否定してくんないの~? 事実だけども・・・。

 

 

お姉さんと、オッチャンに礼を言い、店を出る。

オッチャン、店の外まで出てきて見送ってくれる

そしておいちゃんの愛車を発見。

「すごい車だねー!」とオッチャン。

ひとしきり、おいちゃんの愛車の話題で盛り上がる。

「ありがとね~、またよろしくね~」、「また来まーす」。

おいちゃんは、店を後にした。

 

 

 

・・・で、なぜかおいちゃん、こんなところに。

ココは『戸田川緑地』。

さっきのコーヒー屋からは、ちょっと離れている。

この近くにいる副隊長を迎えに来たのだが、ちょっと着いた時間が早かったので、「そう言えば、久しぶりに」と、やってきた。

とはいえ、まともに回ったのは1~2回ぐらいだが。

中を見に行こうと思ったが、そこまで時間がないのと、ファミリー連れが多い中、おいちゃん1人は、かなり目立のでやめた。

なので、駐車場で愛車と共に一休み(駐車場もファミリーカー(ワンボックス等)ばかりなので、カスタムカーのおいちゃんは目立ってたが・・・)。

しかしココは、心地いい

時たま聞こえる子供たちの笑い声、そして何よりは、「さわさわーさわさわー」と木々の葉擦れの音

心地よさとミッション疲れで、なん・だ・か・・ねむ・・・く・・・・・

・・・イカーン! 副隊長迎えにイカンと!

 

迎えに行った副隊長に、ことの顛末【てんまつ】を話す。

コーヒーとパンを見た副隊長は、「おー! すごーい!」。

驚いたかい? おいちゃんに驚いたのかい? おいちゃんも1人でちゃんと、買い物できるのだよ・・・ふぉふぉふぉ。

 

 

買った食パンは翌日の朝食に、バゲットはその日の夜、副隊長に作ってもらった『カレー』に『つけパン』した(でらうまー)。

コーヒーたちは、オッチャンに選んでもらったとおりの味

マイルドな味、苦みな味、しかもどちらも強すぎない。

オッチャン、完璧(39)。

どれも、とても美味かった。

 

 

 

久しぶりの1人旅で、初めての買い物(コーヒー)。

ちょっと緊張したよ。

だが、副隊長も喜んでくれたし、オールOKだ。

ただ、1人旅は、ちょっとサビシイな・・・。

 

 

 

 

もう、1人でコーヒー、買いに行けるぞ。

店員「普通でいいですか?」

おいちゃん「えぇ、普通で(キラーン☆)」

バッチシ!

 

でも、『普通』ってなんだ?

 

新商品できました! その5

ほうれん草とベーコンのキッシュ 220円

サックリとした生地に、生クリーム、牛乳入りの塩味卵液を入れ、ほうれん草ベーコンポテトダイスをトッピングしました。

 

小さいです。

でも、質量があるので、結構、腹ふくれます(さっきのコロッケパンと同じぐらいの重さ)。

 

たまには、ちょっとオシャレなものも。

女性の方、いかがです?

新商品できました! その4

グラタンコロッケパン 220円

ふんわりとした菓子パン生地で、ブラウンシチューフィリングと、グラタンコロッケを包みました。

 

デカいです。

結構、腹ふくれます。

味は、ソースはバッチリコロッケはクリーミー

 

惣菜好きの人、ヨロシク。

▲ このページの先頭にもどる