ぱんのつぶやき~店長ブログ

ベイクドオクトパス

ちょいと「ドゥルルン」と、『たこ焼き屋』の冒険に行ってきた。

 

 

もうおなじみの、いつものたこ焼き屋。

大将とおねいさん方の接客がサイコーな店(もちろん味も)。(o^-‘)b

 

サクッと到着。

おねいさん「久しぶりー! 相変わらずカッコイイ車だねぇ!」

行くと、いつも愛車を褒めてくれる。(^ω^)ゞ テヘ

しかも他の客にも「ほら、カッコイイでしょう」と。

おねいさんたち3人も相変わらずのようだ。

 

ん? 3人? 4人見えるのは気のせいだろうか?

愛車から降りて近づくと、やはり4人いる。Σ(゚0゚;)

大将、おねいさん2人、それともう1人、かわいらしいお嬢さんが増えてる。

よし、いっちょ聞いてみるか。

だがしかーし!

そのことを聞こうにも、おねいさんの矢継ぎ早の話でなかなか聞けない。( ̄▽ ̄;)

おねいさん、相変わらずパワフル~。

 

 

で、暑いという話になり、「クーラーないで大変だね」というと、「あるよ」と。

「へ?ドコに!?」「ほら」と指さすのでのぞくと確かにある。Σ(゚д゚;)

「でも目の前にこんと涼しくないけどね」

確かにたこ焼き屋は窓もなくパーパーである。

あまり意味がなく、もったいない気もするが、あるとないとでは全然違うのだろう。

冬でも「暑い」って言って半袖だったし、おいちゃんも昔別の仕事でスポットクーラーなるモノを使ってたし。

 

したら大将が、「壊れたら部品、大変でしょぉ?」と突然愛車の話

「えぇまぁ、専門のトコに行かんとダメですね~」「だよね~、だって前お客さんが・・・」

と古い車を修理したさいに、名古屋高速都心環状を慣らし運転でグルグル回った客の話をしてくれた。

う~ん、1区間(初乗り?)の料金で永遠に走れるのか?

便利だけど利用することはないなぁ。(⌒▽⌒;)

 

すると、1人の客がやって来た。

このオッチャンも常連らしい。

しかもちょっと急いでいるようだ。

おいちゃんたち、この後、特に予定もないのでオッチャンに順番を譲る。

すると気をよくしたオッチャン、身の上話をし始めた。

仕事の話がメインだが、オッチャンのプライバシーに関わるので、ココでは割愛しておこう(忘れたわけじゃないよ。ホントダヨ)。

最後にオッチャン「ありがとねー」といい、去って行った。

ついでに、おねいさんにも礼を言われた。

イイ店にはイイ客が集まるんだねぇ(おいちゃんたちも?)。(゚▽゚)(。_。)ウンウン

殺伐とした現代社会を生きる人、ココに来るとイイよ。

 

 

おねいさんたちは働き者だ。

焼けた鉄板の熱気が渦巻く中、手を休ませず動かす(口も動かすが)。

それだけ客が絶えないんだが、ふと疑問に思ったので聞いてみた。

「休みは?」

すると「この間、台風の時は休んだけどね、それ以外は休んでないよー」と。∑(`□´/)/ ナニィィ!!

働くこと、客とのコミュニケーションが楽しいらしい。

そのバイタリティには脱帽するが、少しは体をいたわってほしいものだ(たこ焼き屋、続けて欲しいから)。

 

 

 

たこ焼きは、当然のごとく美味かった。

急いで帰ったので、まだアツアツ!。。。φ”( ̄¬ ̄*)タコヤキクルクル

醤油味もソース味も・・・・・ん?写真上の?・・・お好み焼きも買っちゃいました。

ふわっふわで美味かったー!

そうそう、手前のたこ焼きの上に乗ってるつぶれたたこ焼きはオマケ(39ー!)。

よく入れてくれるんだが、「オマケ入れとくねー!」って他の客の前で大丈夫?

 

 

 

 

帰り際、おねいさんたちに手を振る。

満面の笑みで手を振るおねいさんたち4人。

・・・・・4人!?

お嬢さんのこと聞くの忘れた・・・・・。σ(^_^;)

 

▲ このページの先頭にもどる