ぱんのつぶやき~店長ブログ

芸術エクスプロージョン

『ぱんだふる』の周りは、とてものどか。

田んぼや畑が多い。

聞いたことのない野鳥の声なんかも、よく聞こえる(近くにラムサール条約に登録された『藤前干潟』がある)。

最近なんか、体の割に足の長い鳥が、その辺をよく走ってる(足なげーって!)。

1つその鳥に言いたい、「車が来たら走らず飛べ!」。\(*`∧´)/

 

・・・・・話が脱線してしまった。

そう田畑が多いのである。

そこで、ソレを利用した『田んぼアート』が2011年から毎年行われている。

『ぱんだふる』もお世話になってて、田植えの日にパンを販売させてもらってるのだ(アリガトー)。

 

その場所がホントに近くて、行き帰りに車の中から見える(逆さまだが)。

だがしかーし! 実はちゃんと見たことが1度もない。(⌒▽⌒;)

『ぱんだふる』からも見える場所に、こーんな櫓【やぐら】が立ってるんだが、ソレに上ったことがない(見学無料)。

  

こりゃイカン!っつーことで、初めて行ってみた。

(左写真は『ぱんだふる(2F)』の窓から。緑色と茶色は全部田畑。左奥のデカい建物は茶屋イオン、真ん中ちょい右ぐらいにそのが。ど真ん中遠くには名古屋駅のビル群も見える。冬の晴れた日にはビル群の向こうに長野県の御嶽山も)

 

 

野を越え山越え谷越えて、かかった時間、車で30秒(目の前ですから)。

ではさっそく上ってみよう。

最初は緩やかなスロープだが、その次は急な階段。

しかも、おいちゃんが上るとギーコギーコ音がする。

副隊長がソレを聞いて「怖い怖い」と。

「大丈夫だって、ちゃんと作ってあるから」・・・・・多分。d(゚∇^;)

 

1番上に上ると見晴らしは・・・・・少しイイ。

まぁ、ビル3階ぐらいだからね。

しかし、見事に田んぼだらけだ(畑も)。

そして、その中にひときわ目立つ、色とりどりの稲

ソレがコレ。

今年は『名古屋おもてなし武将隊』がモチーフのようだ。

スゴいねぇ、細かいところまでよく出来てる。

とても稲だけで出来てるとは思えない。w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

よく知らんけど、古代米?とかで作るんだよね?

でも、こんなに色の種類があるんだ。

・・・・・ソレって美味いのかな?(^¬^)ジュル…

 

手すりに完成図がある。

完成図と見比べても、うん、イイできだ。

その隣には、真上から見た図が。

  

「ホントに!?」っていうぐらいイビツだ。Σ(゚д゚;)

遠近法で、こうなってるわけだが、コレがアレになってるとは正直信じがたい。

どういう計算方法で、ちゃんと見えるように設計図が作られてるかは分からないが、たいしたもんだ。

 

 

 

見に来て良かった。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

今まで来なかったのが、とても残念なぐらい素晴らしい。

芸術的だ。

まさしく田んぼ『アート』だ。

これからちゃんと毎年見に来よう。

 

 

 

 

上りよりも下りが実は怖い急な階段。

鉄棒に頭をぶつけないよう、気をつけて下りる。

でもダメージを受けたのは、以外と下りの緩やかなスロープ

おいちゃんは無事だったが、副隊長が軽い筋肉痛に。

変に足に体重がかかるみたいだ。

 

普段やらないことをやると、そうなってしまうお年頃♡

ヤメィ!! (;^◇^)ノ~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ イテッ

 

▲ このページの先頭にもどる