ぱんのつぶやき~店長ブログ

来たよっ!おねいさん!

ちょいと「ドゥルルン」と、『たこ焼き屋』の冒険に行ってきた。

 

 

もうおなじみのたこ焼き屋。

ココに載せてないだけで、何度も来てる。

 

とにかくココのたこ焼き屋は3人とも(大将、女将さん、パートさん)超気さく!

まず行くと、「お兄ちゃん! 久しぶりだね、待っとったよ!」(女将さん)

コレが第一声。

次に、「相変わらず、カッコイイ車だねぇー!」

コレが第二声。

 

そこからは、しばらく車談義

と言っても、車に詳しいわけではないので(おいちゃん含め全員が)、「色がキレイでピカピカ」とか「デザインが変わってていい」とかそんな他愛もないこと。

 

「あれっ? 大将いないな~」と思ってたら、隣のコンビニから出てきたオッチャンが、おいちゃんの愛車をしげしげと。

よく見ると大将だった。

大将、この間、おいちゃんの愛車に匹敵する車が来たことを教えてくれた。

金ピカの装飾を施したワゴン車が来たらしい。

いや、おいちゃんの愛車はソコまで・・・。(;^_^A

 

 

かれこれ30分ほど。

よく考えたら、話が止まらず(主に女将さんの)、まだ注文をしていない

とりあえず、注文をさせてもらう。

たこ焼きは当然注文するが、『五平餅』も美味そうだ。

おやつに買ってゆこう。

 

注文をしても女将さんたちの話は止まらない。

「今からどっか行くの?」「どの辺まで遠出した?」「天気がいいと気持ちいいよねー?」・・・

いやはや、おいちゃん、ノドが乾いてきたよ。(^▽^;)

 

その間、もちろん手を止めずに、せっせとたこ焼き作り。

当然5人とも話しに絶賛参加中

う~ん、プロだねぇ。。。。φ”( ̄¬ ̄*)タコヤキクルクル

 

たこ焼き屋の話を聞くと、8時頃に大将が来て、仕込みを始めるらしい。

9時ぐらいには開店してるらしいが、たこ焼き屋としてはずいぶん早いな。

おいちゃんが知ってる他のたこ焼き屋は、大体11時頃開店

でも、早い時間にも客は、ちゃんと来るらしい。

さすがだ、だが納得。(゚▽゚)(。_。)ウンウン

 

 

名残おしいが(女将さんたちの方が?)、客が増えてきたので、そろそろ帰るとするか。

おねいさん「また来てねー! 待っとるからねー!」

おいちゃん「OKー! また来るよー!」

女将さんたちの、威勢のいい声を後に店を出る。

楽しかったー。

あー、たこ焼き、待ち遠しい!ε=ε=┌( ≧▽)┘イソゲー!

 

 

たこ焼きは、『醤油』『辛醤油』、そして『五平餅』。

たこ焼きの大きさは、小さくも大きくもない普通サイズ。

一口で、ちょうどいい大きさ。

そして、今風の中トロットロじゃない、昔ながらのたこ焼き

食う、美味い!食う、美味い!!食う、美味い!!!

そこそこ量あるんだが、ペロリと食える。

なんなら、たらんぐらい。

五平餅も、甘辛いタレと、もっちもちの食感がグッド。

 

 

 

今回も安定の楽しさと美味さでした。

おねいさんたち面白い。

営業トークじゃないのがイイ(他の客に対してもそう)。

まるで、親戚のおばちゃんみたいだ(お小遣いはくれんけど、たまにオマケしてくれる)。

やっぱ店は、味(品質)だけじゃないねぇ。

いや、当然味もいいよ?(゚д゚)メチャウマー

 

 

 

 

帰り際、愛車で店の前を通ると、どんなにいそがしくても、3人して手を振って見送ってくれる。

そしてそこにいる客が全員コッチを向く。

うれしいけど、なんか恥ずかしいなぁ・・・。(´~`ヾ) ポリポリ・・・

 

▲ このページの先頭にもどる