ぱんのつぶやき~店長ブログ

ウーヤーター!

ちょいと「ドゥルルン」と、『うなぎ屋』の冒険に行ってきた。

 

 

おいちゃん、名古屋の右半分は、あまり行かない。

なぜなら、道が混むから。

なぜなら、信号が多いから。

全然快適に走れない。

止まってばかりで気持ちよくない。

と言う理由なんだが、SNSでココを知り、どうしても行きたくなった。

 

だが、道はそれほど混まず、信号もあまり止まらず、以外と快適に着いた(たまたま?)。

う~む、デカい(カメラに収まらん。当然駐車場もデカい)。

  

それに、立派なたたずまい。

なんだか気持ち入りづらい・・・。

とりあえず写真を撮って、もう1度入り口を観察(看板あったから)。

そして中に入ると・・・「いらっしゃいませ」、男性の店員さんがおいちゃんたちを出迎えてくれた。

おいちゃんたちが外をウロウロしてるのを待ってて出迎えてくれたらしい。

うぉぉ、申し訳ない・・・。m(*- -*)mス・スイマセーン

 

その後は店員のおねいさんが席に案内してくれたんだが、先ほどの男性といい、とても丁寧な接客

言葉づかいとか、2人席に通されたんだが、「狭くありませんか?」とか、2人に1つずつメニューを渡してくれたりとか、気づかいにあふれてる。w(゚o゚*)wスゲー

まるで高級な料亭に来たみたいだ(ちなみに高級な料亭には行ったことがない)。

 

実際、席は狭くない。

荷物を置いてもあまりあるスペース。

しかも、荷物置きも、ちゃんと用意してある。

  

部屋?は『すだれ』で仕切られていて、個室感はあるのに開放感がある。

今のところ完璧だ。

後は料理だけだが、どうだろうか。

 

 

「接客スゲーな!」「ねー! 1,2位を争うかも」なんて話をしていたら、料理がやってきた。

まず来たのは『う巻き』。

うなぎを卵で巻いた代物。

箸で持つと崩れそうなほどふわっふわの『だし巻き卵』は、口の中でほどける。

うなぎもしっかり味が付いているのだが、卵も負けない風味で、争うことなく一体となっている。

まさに『WIN、WIN』の関係だ。( ^_^)/\(^_^ )

 

次は『うなぎの寿司』。

とりあえず一口。

・・・・・・・・・・はっ! ヤベー、あまりの美味さに『失神』するとこだった!

ナンダコレ!!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

でら美味い! でら爽やか!・・・・・爽やか?

酢飯がとても爽やかだ。

酢か?まぶしてある葉っぱか?

酢が柑橘酢なんだろうか? 葉っぱが・・・シソ?なのか?

とにかく美味い。

副隊長なんか「買って帰りたい!」とか言い出してる(お持ち帰りもやってる)。

後でおねいさんに聞いたところ、おねいさん分からなかったらしく、わざわざ厨房まで聞きに行ってくれた(おねいさん39ー)。

そしたらシソだと思ってた葉っぱは『木の芽(山椒の若芽)』だったらしく、爽やかさに納得(おいちゃんのバカ舌発動)。

なるほどうなぎに合うわけだ。

 

ひつまぶし』がやってきた。

おいちゃん(名古屋人)は、ひつまぶしをあまり食べたことない(うな丼が多い)。

なので、副隊長(福井人)にお任せ(食べ方は知ってるが)。

まずは普通に。

おー、外パリパリで中ふわふわの美味いヤツやん。

しかもタレが濃すぎないので、おいちゃん的には非常に食べやすい(濃い味が好きな人用にテーブルにタレが置いてある)。

次に薬味。

爽やかでイイねー。

おいちゃん、この食べ方が一番好き。

ツーーーーン! わ、わさびの塊が・・・。(T△T)

3つめは出汁。

出汁の風味がとても良い。

うなぎも出汁も薬味もご飯も1つになる。

サラサラっと入っていくので、ずっと飲める感じ。

最後は薬味だけで。

は~、やっぱコレが1番美味い!

 

 

おなかはいっぱいになったが、なんだかこのまま帰るのはもったいない。

まだこの雰囲気を楽しみたい。

つーことで、頼んだ『わらび餅』。

おいちゃん『抹茶』、副隊長『ゆず』。

抹茶は付けてあり、ゆずは餅自体に入ってる。

面白いのが2つ食感が違うこと。

抹茶はゆずよりも柔らかい(ゆずは練り込んであるから?)。

うん、美味かった。

 

 

さて、帰るか。

レジに向かう途中、何人かの店員さんに出会うと、皆立ち止まり「ありがとうございました」と頭を下げる。

なんか、こっちが申し訳ないほど丁寧な接客。

 

レジに着くと先ほどの男性店員さん。

副隊長がお金を払ってる間、ヒマなので周りを見ると、お菓子がたくさん

主に和系だが、いろんな菓子が並んでる。

1つずつ見ていると、副隊長もやってきた。

「あれイイな」「これ美味そう」なんてやってる間に、いつの間にか、おいちゃんの手には菓子が。

「お預かり致します」と男性店員さんが、お菓子を持って行ってくれる。

どこまで丁寧なんだ。

 

帰り際も、出口直前まで来て「ありがとうございました」と頭を下げる。

素晴らしい!

帰りは信号によく捕まったが、おかげで気持ちよく帰れた。ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

 

 

お土産はコレ。

美味そうじゃね?

黒糖かりんとうは黒糖の風味とコクがよく、普通のかりんとうと違って、しっとりやわらかい。

食べやすいので手が進んでしまう。

さくらおこしは歯応えしっかり。おいちゃんには少し甘いが、桜の風味がとても良い。

どちらも美味かった。

 

 

 

いやー、実にいい店だった!

料理も美味いし、なりより他ではあまり見ないほどの、極上な接客

こんなに気持ちよく食事ができる店は珍しい。∑d(≧▽≦*)グッジョブ

 

しかし、レジ横のお菓子はずるいね~。

お金を払ってない方は、つい見てしまう。

しかも、ファミレスとかと違って、ちゃんと大人用のお菓子が用意してある。

まんまと罠にはまってしまったおいちゃんだった。σ(^_^;)

 

 

 

あぁ、ちなみに『少年ジェット』は、まだおいちゃん生まれてないので、「ウーヤーター!」で敵が失神(気絶?)することぐらいしか知らないッス。

間違ってたらスンマセン。

 

▲ このページの先頭にもどる