ぱんのつぶやき~店長ブログ

もっちもちの名古屋名物

ちょいと「ドゥルルン」と、『和菓子屋』の冒険に行ってきた。

 

 

今回は、大阪から知人がやってくるので、「土産でも買うか」と定番の『ういろう』を買いに。

ココは、何度もお世話になっている、ういろうの老舗。

その歴史は、約350年と言うから驚きだ。w(゚o゚)w オオー!

 

外観はキレイに建て替えてあるがココが本店。

朝10時頃だが、次々と客がやってくる(駐車場はデカいので安心)。

おいちゃんたちも中へ踊り込む。

「いらっしゃいませ~」の品のある声。

店内は結構な人だ(写真はこれでも人が引いたとき)。

 

すぐさま店員のお姉さんが『お茶と試食』を持ってやってくる。

そうなのだ。

ここは、どんなに忙しくても客がやってくると、まずお茶と試食を持って来てくれる。

その季節ごとに違う試食は今回、『とら焼き』と『桜のういろう』。

どちらもとても美味い・・・・・が、おいちゃんの和菓子の1日の許容量を超えてしまった気がする(結構な量。甘いものあまり得意じゃ・・・)。(;´Д`A “`

 

さて本題に戻って、お土産を選ぶとする。

基本ういろうがメインだが、普通の和菓子も売っている。

  

おいちゃんたちも、ういろうメインで買おうと思ったが・・・はて?ヤツはういろうがキライだったような気が・・・。

「えぇぃ!かまわん!名古屋名物だ食え!!」っつーことで『一口ういろう』をいくつか。

しょーがないので、普通の和菓子もいくつか(おいちゃんやさしー)。

 

お世話になった他の知人にも贈ろう。

一口ういろうを色とりどり選ぶ。

  

お姉さんに宅急で送ってもらった。

 

 

その間おいちゃん暇なんで、店内をぶ~らぶら。

う~、ドコを見ても甘いものだ。

許容量を超えてしまったかもしれないおいちゃんには、見るのも気持ち辛くなってきた。

と、そこで見つけた、この店舗のミニチュア

結構精巧にできている。

車もそうだが、店の中にはちゃんと和菓子も並んでる。

おぉ、何だろう、なぜだか気持ちが癒やされる。(⌒~⌒)

 

最後は、おいちゃんのとこまで商品を持ってきてくれて、玄関先まで来てあいさつをしてくれた。

う~ん、終始、ホテルのような接客だ、相変わらず素晴らしい!!(そんなホテル行ったことないけど)

 

駐車場でも、たまたま裏口から出てきた従業員が「ありがとうございましたー!」と。

一瞬、何事かと思ったよ。

餅文、ブラボー!!(>▽<)b

 

 

さて、その日の夜。

おいちゃん「ほれ、土産。お前ういろう苦手だったよな? ういろう買ってきたぞ」( ̄∀ ̄)ニヤリ

知人「いや? 別に苦手じゃないけど?」

おいちゃん「えっ!? だってお前学生時代「オレういろう苦手~」って言ってたじゃん!!」

知人「あぁ、あれはネタって言うか・・・」

おいちゃん「・・・・・」 ( ̄△ ̄) 

なんだよ~、一応気をつかってういろう少なめに買ってきたのに(奥さんが食べるからイイかな~と)。

お前アレか?『まんじゅう怖い』ってヤツか!?

嫌がる顔を見ようとしたおいちゃんの作戦は失敗した。

 

 

 

後日食べた、おいちゃん達用のお土産はどれも美味かった。

  

右上の『いちごのとら焼き』は、中にイチゴの餡と餅が入ってた。『とら焼き』は生地に黒糖入り。

下は『パイまんじゅう』。上左から『さくら』『ほうじ茶』『いちご』の一口ういろう。どれも風味がイイ。

 

やはり1番はういろう。

おいちゃんには少し甘いが、なによりもその食感。

普通のういろうとわらび餅の中間・・・というかちょっとわらび餅よりの、もっちもちの食感がサイコー!

 

 

 

『美味い店』はたくさんあるが、『心地いい店』はそうない。

この店は数少ない心地いい店。

こういう店がもっと増えるといいなぁ。

 

おっと、『ぱんだふる』を棚に上げてはイカンな。

もっとうちの販売員にもガンバってもらわんと!

 

 

 

 

あれっ? そう言えばアイツ「味噌カツも苦手」って言ってたけど、もしかしてアレもウソか!?

あんにゃろ~・・・ヽ(`⌒´)ノ ムキー

 

▲ このページの先頭にもどる