ぱんのつぶやき~店長ブログ

福井の天気はどうだ!? その1

約1年ぶりに、『福井』の冒険に行ってきた。

 

残念ながら、前日に調べた福井の天気は、1日目2日目ともに(ちょっと前まで雨じゃなかったのに・・・)。

当日、名古屋の天気は悪くない。

だが、高速に乗って、愛知を過ぎたあたりから、段々と雲行きが怪しくなってきて、岐阜の終わりごろから、パラパラと降り始めた。

なぜなら! 今回は『隊員R』も一緒だ!(雪も降らせたことがある能力者)

だがしかーし! おいちゃんたちの晴れパワー?でなんとか!・・・・・なるといいなぁ・・・。

 

状況は一進一退。

しかし、パラパラ降るだけで、強くはならない。

いつもの『賤ヶ岳SA』に着いた時も、傘はいらない程度(ちなみに後ろは、こんな田園が続いてる)。

  

トイレ休憩を済ませ、これまたいつもの『つるやのサラダパン』を購入。

中身はこんな感じ。

  

見えづらいが、ゴツゴツ、ツブツブってしたやつが『たくあん』。

それを、ただマヨネーズであえてあるだけ?だが、これがまた美味い。

酸味と甘みと歯応えが絶妙

皆さんも、滋賀に行ったら、是非ご賞味くだされ。

 

 

しばらく走ると、雨が降らなくなってきた。

しかも、所々晴れ間まで。

これは、「例の場所に寄らないと!」と言うことで、ここは『杉津PA』。

ここはとても見晴らしがいい、『ゆうひのアトリエ』なる場所が(夕日の時間帯に来たことはないが)。

残念ながら、完全に晴れたわけではないが(しかも少しガスってる)、なかなかの景色が堪能できた。

 

  

広場の方に、白髪の恋人同士が。なぜ恋人同士かと言うと・・・

ここは『恋人の聖地』だそうだ。『ハートロック』という鍵が売っていて、右の柵に鍵と共に短冊に願いを書くと、『恋愛成就』するらしい。

  

かなりガスって見えにくいが、ここにも広がる田園風景。「自分の知らない場所で、自分の知らない人たちが、どういう生活してるんだろう」って考えると、なんか不思議だ。

変わった建物が見えたので望遠で。後で調べたら、『保育園』だった。確かによく見ると、『遊具』が見える。

 

 

さてと、今日の目的地は越前市武生

越前市と合併するまでは武生市だったところ(現在、越前市に『武生』と言う地名はない?)。

この地に、『ボルガライス』なるご当地グルメがあると聞き、やってきた。

某有名食べ物サイトで検索したら、いい感じの店を発見。

武生ICから少し離れていたが、迷わず着いた(うちのナビは、たまに嘘をつく。『30m先、右折です』、「じゃぁ、この信号じゃなくて、次の信号だな」、『ルートを変更しました』、「この信号かーい! 直前だったぞっ!」、みたいな)。

それがココ(そうそう、天気は晴れに)。

  

のぼりにも、ちゃんと書いてある。

 

おいちゃんたち、昼をちょっと少なめにしたので、結構腹減り(現在、午後4時)。

脇目も振らずに店内に入ると、なかなかいい雰囲気の店(オシャレだが、いにしえ感もある)。

  

時間帯もあるが店内に客は少なく、現時点では、おねいさんが1人で切り盛りしてるようだ。

さっそく、『ボルガライスセット(コーヒー付き)』を注文する。

 

待つ間、隊員Rと店内を冒険。

すると、そこかしこに『イラスト』が飾ってある。

  

同じ人が書いたイラストのようだ。

・・・って、実はおいちゃん調べた時に知った。

この店、漫画家の『池上遼一』さんの『』さんが(さっきのおねいさん?)経営する店なんだそうだ。

そして、隊員Rと一緒にパシャパシャ撮った写真がコレ。

  

  

中には、のぼりに描いてあった絵もある(あののぼりは、他の場所(店)にも立っている)。

おねいさんに色々と聞きたかったが、1人でまわしてて忙しそうなので断念。

おとなしく、料理を待つことに(しかし、うまい絵だ)。

ちなみに、店内にあった漫画は・・・・・いろんな人の作品でした(ワ○ピースとか普通にあった)。

 

満を持してやってきたボルガライス。

ボルガライスとは、オムライスの上にカツが乗ってデミグラスソース等がかかった、武生のB級グルメ。

それぞれ、単体の味は知ってる味だが、それが1つになるとはたして・・・。

スプーンの上に3つを均等に乗せ、一口・・・・・美味い!!

なんだろう?

知ってる味のはずなのに、初めて食べる味のような、でもやっぱり知ってるような、初めてのような。

なんか、スッゲー不思議な感覚。

スプーンがススムススム。

飲むように食ってしまったよ(副隊長も隊員Rも「美味い」ゆってた)。

 

一緒に来たコーヒーはマイルドで、とても飲みやすいコーヒーだった。

 

だ・だ・だがしかーーーし!! あっという間に食ってしまったので、なんだか腹がふくれてない気が。

副隊長はそんなことないようだが、おいちゃんと隊員Rは、物足りない胃袋を『デザート』で埋めることに(副隊長も乗ってきた)。

副隊長は『フルーツパフェ』、隊員Rは『チョコパフェ』、おいちゃんはラズベリーパンケーキを頼もうと思ったが、ラズベリーが売切れと言うことで、『ブルーベリーパンケーキ』を注文。

 

最初にやってきたのは、パンケーキ。

生地自体はそんなに甘くなく、ブルーベリージャムも甘さ控えめ。

なので、メイプルシロップを結構かけても、甘すぎない。

こりゃ、うめーわ。

 

その後に来たパフェは、その高さに驚き。

フルーツが『親の仇』のように、突き刺さってる。

それに、結構『生クリーム成分多め』で、副隊長ご満悦。

満足な一品だったようだ(チョコパフェは割愛。ご・めーん、隊員R)。

 

 

その後もしばらく、雑談をしながら滞在させてもらった(居心地いい~)。

外を見ると、日が陰り始めてる。

そろそろおいとましよう。

最後に美味かった旨をおねいさんに伝えると、満面の笑みで返してくれた。

 

 

 

いや~、いい店だった。

近くにないのがとても残念だ。

ただ、池上遼一さん、おいちゃん作品を存じ上げない・・・。

すんませーん(絵はどこかで見たことあるんだが・・・)。

 

・・・つづく

 

▲ このページの先頭にもどる