ぱんのつぶやき~店長ブログ

負けるもんか!

ちょいと「ドゥルルン」と、『喫茶店』の冒険に行ってきた。

 

前回、駐車場がなくて困った(跳ね上げ式はある)『尾頭橋商店街』に、性懲りもなく行った(負けねー!)。

きっとどこかに、「駐車場のある店があるはず!」と、愛車のスピードを落とし、副隊長に確認してもらう。

 

やはり、駐車場のある店は、ほとんどないようだ(見つけれないだけかも)。

そもそも、店自体が少ない

『商店街』って言うより、『住宅街』になりつつある(商店街の末路)。

なんてこった。

 

しばらく走らせ、ある店を通り過ぎた時、「あっ、『P有り』って書いてある!」と副隊長の叫び声。

Uターンをし、確認してみると、どうも少し離れたところに駐車場があるようだ。

3台中、1台が空いていたのでそこに止め、店に向かう(勝った!)。

 

外観は、オシャレと言うよりは、『カッコいい』感じのお店。

ただ、民家(古いお店?)を改造したのか、所々に『いにしえ感』が。

中は薄暗く、外からは様子が分からないが(混んでるかどうか)、とりあえず入ってみる。

 

「いらっしゃいませ~」。

やはりカッコいい風の店内は、そんなに広くないが、席は空いてるようだ。

席に座り、いくつかある『ランチ』の中から2つ選び、店内を見渡す。

店に合った、やんちゃ風のお兄さんがいると思えば、女性や若いカップルもいる。

こういう雰囲気(客層)の店は、初めてだ。

 

おねーさん(店長?)が1人で回してるため少し時間がかかったが、ランチがやってきたようだ。

  

ハンバーグランチ(人気だと、おねーさんが)』と『鶏の柚子胡椒焼きランチ』。

ハンバーグは、パン粉が降ってあるので、気持ち『メンチカツ』みたいになっている。

食べると、美味いがアッツアツ

店内が少し暗いのと、おいちゃん、がっついて食べたので気が付かなかったが、美味さと熱さの原因は『肉汁』。

はしで切れるほどやわらかいハンバーグの断面から、しみだしてくる

この美味さで、千円以下とは恐れ入る。

 

柚子胡椒の方は、そんなに強く味は付いてない。

だが、程よい柚子の風味と、鶏肉のジューシーさで、ご飯がススム。

これまた千円以下で、ビックリだ。

 

面白いのは、その両方についている『サラダ』。

写真を見てもらえれば分かると思うが、7種類(+葉っぱ)の色とりどりのサラダが付いている。

がぼちゃやニンジン、アボカドなど、少しずつだが、いろんな味が楽しめるので、副隊長(女性)はご満悦。

さすが『女性店主』。

 

ランチを頼むと、+200円で付いてくるコーヒーは、1杯ずつ豆から挽いているようだ。

少し苦みがあり、コクがあるようだが、後味がスッキリしてる(副隊長談。まだまだ初心者のおいちゃんには、そこまで分からない)。

コーヒーは、豆の挽き方によって味が変わるそうだが、おいちゃんは美味ければ、どれでもいいや。

コーヒーも美味かったよ。

 

 

店の雰囲気は、ちょっと変わってるが、いい店だった(夜になると『バー』になるようだ)。

味はいいし、リーズナブル

おねーさんの接客もいい(しかも美人)。

駐車場が少ないので、『タイミングが命』なのが残念だが。

 

 

 

『商店街』・・・・・新しいものと古いものが渾然一体となった魅力的な場所。

よっしゃー! また今度、チャレンジだ。

問題は駐車場探しだが・・・・・負けるもんか!!

 

 

 

 

『路駐』は、しないよ~(極力)。

切符切られて、免許更新時、いちいち『平針』まで行くの、めんどいから(めんどいのキライ)。

 

▲ このページの先頭にもどる