ぱんのつぶやき~店長ブログ

合うは別れの初め

ちょいと「ドゥルルン」と、『名古屋港』の冒険に行ってきた。

 

今日は、とても大事な用事があってきたのだが、とりあえずは置いといて。

 

港 ポートハウス駐車場に愛車を止めて、まず見えてきたのが、この建物。

ポートハウス』と言う無料休憩所で、弁当持ち込んで食ったり、無料コンサートが開かれたりする場所。

夜は、パーティー会場としても使えるらしい(有料)。

おいちゃんたちは、入ったことない(いまいち興味が・・・)。

カモメが翼を広げた形だそうだが・・・さて。

 

港 ふじ次に見えてきたのは、『南極観測船ふじ』。

1965年から18年間活躍した砕氷船(さいひょうせん。氷を砕きながら航行できる船)で、1985年から名古屋港に永久係留してる・・・だそうだ。

船内が観覧できる(有料)ので、少し興味があるが、今日は用事があるので、外から眺めるだけ。

港 雪上車ふじと同化して少し見づらいが、船の手前に実際に使われた『雪上車』も展示してある。

実はおいちゃん、雪上車には乗ったことがある

学生の頃、長野県に旅をしたとき、宿が雪深い所にあり、雪上車で迎えが来た。

面食らったが、映画やTVでしか見たことがない雪上車に乗れて、テンションが上がったのを覚えている。

その時、初『スキー』をしたが、スキーはそれっきり(ちょっと、スキーとは相性が・・・)。

 

これも実際に使われた『イカリ』と『プロペラ』。

デカい、迫力ある。

港 いかり  港 プロペラ

昔、『イカリ』とか『舵輪(だりん。船のハンドル)』とかのオブジェが欲しくてね~。

でも、置くとこないから、あきらめた。

 

港 タロジロそして、その向こうには『タロ、ジロ』の像。

映画『南極物語』で有名な樺太犬。

南極に置き去りにされ、1年後、見事に生き残って救出された、犬ぞり用の犬(詳しい話は『ウィキ』でどうぞ)。

ただ、『ふじ』とは関係ないような・・・(ウィキにも『宗谷』って書いてあるし)。

まぁ、いいか。

 

 

港 ポートビルさて、目的地の『ポートビル』。

ここで、ある人と会う約束をしてる。

その人(Yさん)は、色々と手助けをしてくれた、おいちゃんたちにとってとても大事な人。

そしてこのたび、転職をする。

東京』に。

なので最後に『食事会』をすることに。

 

ここの2階には、レストランがある。

港 料理海鮮』を中心とした料理がメイン。

事前に連絡し、特別な料理を作ってもらっていた。

それが、この料理。

揚げ物、蒸し物、焼き物、生もの(『いきもの』ではない)、いろんな料理が詰まってる。

どれもとても美味かった・・・・・美味かったはずなのだが、あまり覚えてない。

 

YさんはMさん(Yさんの同僚。おいちゃんたちとも知り合い)と共にやってきた。

共に食事をし、共に語り合った。

今までのこと、これからのこと、そして他愛もない話を、取り留めもなく。

 

展望台から眺める景色はサイコーだった。

港 海  港 結婚式場

南側。向こうに見える橋は伊勢湾岸自動車道の『名港トリトン』。

東側。旧イタリア村跡地。現在は結婚式場が建つ。

港 ヘリ  港 水族館

西側。南極観測船ふじの甲板のヘリコプターとカップル。

同じく西側。『名古屋港水族館』と『シートレインランド』の観覧車。どちらも久しく行ってない。

港 イルカ1  港 イルカ2

水族館をのぞくと、『イルカショー』がやっていた(おいちゃんのコンパクトカメラ、結構、望遠がきく)。

カマイルカ』2頭のジャンプ(望遠はきくが、画像が荒い)。

港 イルカ3  港 イルカ4

バンドウイルカ』3頭のジャンプ。一糸乱れぬ演技(ちょい、ずれてたが)。

みんな並んで『こんにちは』。トレ-ナーと息ピッタリ。

港 イルカ5  港 イルカ6

カマイルカ2頭の垂直ジャンプ。

バンドウイルカの大ジャンプ。なんか、輪っかが首に引っかかって見えるけど、ちゃんとくぐった。

 

しばし時間を忘れ、我々は外の景色に見入った。

 

 

しかし、やがて別れの時は訪れる。

最後に、今までのお礼と、今後の活躍を期待する旨をYさんに伝える。

副隊長は半泣き笑いで、おいちゃんは笑顔で見送った。

 

 

 

 

この記事が出ている今頃、Yさんは違う空の下。

そんなに頻繁に会ってたわけではないが、そう考えると、なんだかとてもさみしい。

でも、いつまでもさみしがっていてはイカンから、Yさんとの思い出は胸にしまって、どっか『楽しい冒険』をして、頭、切り替えんと。

 

 

 

 

 

新たな仕事の話をしたときの、目を輝かせながら微笑むYさんが、いつまでもその笑顔のままでいられるといいなと思う、おいちゃんたちだった。

 

▲ このページの先頭にもどる