ぱんのつぶやき~店長ブログ

灯台の大王? その3

鳥羽3 王将大王崎の帰り道、お土産屋による。

ここは、よく来るお土産屋。

デカい『漁船』が目印。

入口付近には、焼きたての『貝類』が食べれるスペースがあるが、さっき食べたので今回はパス(後ろ髪ひかれるが)。

 

鳥羽3 王将店内中に入ると、客はまばら。

ここにも不景気の波が!?

・・・と思いつつも、商品が選びやすいので、ラッキー(店の人、スマン)。

「ふっふふ~ん♪」。

鼻歌交じりに商品を選んでたら、いつの間にやら周りにはすごい人

「なぬっ!? いったいどうした!?」

どうやら『観光バス』の、ご到着らしい。

ああ~、おいちゃんのラッキータイム終了~・・・。

観光客で混雑する中、お土産を買い終えた。

 

鳥羽3 マルシェ鳥羽市内に戻り、もう1つ行きたい場所に向かう。

ここは最近できたばかりの『鳥羽マルシェ』。

以前からあった、デカい有料駐車場の一部にできた、産直市場(ビュッフェレストラン付き)

残念ながら、レストランはギリ終了(午後2時まで)。

鳥羽3 マルシェ店内野菜や魚を売る店内は、結構な人。

魚売り場には『いけす』があり、どうやら魚を直接さばいてくれるらしい。

ただ、持って帰るすべがないので、あきらめた。

見ると、テイクアウトのコーナーもある。

ちょいと小腹もすいたので、何か買おう。

鳥羽3 マルシェ食ここでは『加茂牛コロッケ(鳥羽市加茂地区の牛)』、『さめたれの春巻き』、『うめスカッシュ』を購入。

ぽかぽか陽気だったので、外のベンチでイート。

どれも美味かった(食レポ省略。気になる人は行ってみよう)。

 

 

鳥羽3 一番街その後、目の前にある、いつもの『鳥羽一番街』へ。

中は、さすがにすごい人(サミット効果?)。

何かめぼしいものがないか物色したが、最初のお土産屋と似たり寄ったりだったので、ウインドウで済ました。

そこに、いつできたのか『ジェラート屋』を発見(前来た時あったっけな?)。

おいちゃん、まぁまぁアイススキー。

だけど出先では、おなか壊すと嫌だから(おいちゃん、おなか弱い)、ほとんど食べないんだが・・・・・副隊長が、どうしてもって。

鳥羽3 ジェラートなので『岩戸の塩ジェラート』を半分コ。

いや、美味いよコレ。

すっきりとした甘みの中に、ほんのりと感じる塩味が、おいしさをさらにひきたてて・・・・・ポスターをまんま、読んでみました。

でも、そのとーりだよ。

たまに塩のかけらが「ポリッ」とする感じがまたいい。

良いものでした(ちょい高いけど)。

 

いつもの宿に戻り、いつもの店で、『塩ようかん』と『くうや餅』を購入。

おいちゃんたち、あんこ系は苦手なんだが、この2つだけは必ず買う。

美味いんだ~これが(家に帰ってから食べるので、懐かしさも美味さの要因)。

んでも、やっぱり得意ではないので、チビチビと食うけどね。

鳥羽3 塩ようかん 鳥羽3 くうや餅

塩ようかんの店。趣ある店構えと    くうや餅は、『おはぎ』の

店主(店主は来て確認してね)。     中と外が逆になった餅。

 

 

そして宿の夕食。

いつもながら、ここのメシは美味い。

鳥羽3 カキフライおいちゃんは『カキフライ御膳』、副隊長は『天ぷら御膳』を注文。

カキフライは、大ぶりな牡蠣が5個も。

食べると、サクッととろ~り。

ソースとタルタル、どっちも合う(両方つけてもバッチリ)。

ご飯たらーん、食いすぎてまう(ご飯のおかわりOK)。

鳥羽3 天ぷら天ぷらも、山盛り

サクサクプリプリ(エビ)。

サクサクほくほく(芋)。

サクサク・・・。

付け合せの煮物も美味い(ご飯たらーん)。

ぐっ! なんてこった! ・・・食いすぎて腹キツイ・・・。

 

 

 

というわけで、今回の大王崎を巡る旅(+α)は終了。

鳥羽3 灯台大王崎は美しかった。

食べ物は美味かった。

なるほど『美し国(うましくに) 伊勢志摩鳥羽』。

何度来てもいい。

そして次は、どこ行こうか。

安乗崎か賢島か御座か。

あ~、早く行きてー!

 

 

 

 

あっ、でも、大王崎も、また行くよ。

だって、買い物するって『犬』と約束したし。

                              おしまい

▲ このページの先頭にもどる